top >
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 栂海新道 ~ ファストパッキング(2) 

2014年10月02日 ()
前エントリからの続き。
計画を立てたところで出発~。

まずは東京から栂池高原行の夜行バスに乗車。


目覚めると、栂池高原に着いているっていうのはナイス。

バスを降りたら、ロープウェイやらリフトやらに乗って約1,000m標高を稼ぐw


赤の矢印部分をワープ♪ (画像をクリックして拡大)

リフトを降りたら、後はひたすら歩くだけ。
わりと緩い傾斜なので、ラクチン。


なんだっけ、このケルンがあるとこ。


安定の白馬大池。


コバイケイソウだっけ。


剣のようなものがあるピーク。小蓮華?


気持ちがいい稜線が続く。


少しガスって来たよ。


雪倉避難小屋を通り過ぎる頃は一面ガス。


雪倉岳。ちょっとガスが晴れたかな。にしても立派な石だ。ヘリで運んだんだろうな。


至るところに雪解け水が流れているので、水には困らなかった。


朝日岳到着。道を間違えて、何十分かのロス。こっから栂海新道が始まるのかな。


19:00でもまだライトなしで歩ける明るさ。


しかしこの後急速に暗くなってきて、犬ヶ岳では真っ暗。

ほんとはもうちょっと早く犬ヶ岳に着く予定だったのだが、
朝日岳手前で道を間違えたため、余計に時間がかかってしまった。
道を間違えたのは、まだ雪が残っていて夏道でないところに道がついていて、
それで標識を見落としたのが原因かと。

鳥目なのと、ライトがショボいので、暗くなるとコースタイムでしか歩けない自分。
栂海山荘に着いたのは、21時半近かった。
遅く到着したので、ゴソゴソすると寝静まっている先客の皆さんに悪いと思って、
小屋には入らず外にツェルトを張った。

寒がりなので、いまいち眠れず。
寒さで何回か目覚め、腹筋して体を暖めた。
体を暖めるには、小さな筋肉を使う腹筋よりも
大きな筋肉を使うスクワットのほうが効果的なのだが、
小さいツェルトの中ではそんなこともできず。

長いのでまたここで一区切り。
続きはこちら。

関連エントリ
栂海新道 ~ ファストパッキング(1)
栂海新道 ~ ファストパッキング(3)

関連サイト
アクセス信州/特急バス長野-白馬線
白馬観光開発株式会社/栂池パノラマウェイ

関連商品


trackbacks(0) | comments(2)edit   
↑top 


COMMENT

おひさ~(*´∀`*) by 木曽駒
×旭岳
○朝日岳
だよ!
しっかし、一日で歩く距離じゃないよ!
私なら、3日はかかるな!

by てる
駒ちゃん

> ×旭岳
> ○朝日岳

ほんとだ!
ご指摘ありがとう。直しておきます。

> しっかし、一日で歩く距離じゃないよ!
> 私なら、3日はかかるな!

このコース楽しいから、時間かけてゆっくり歩くほうが楽しそう♪
私は休暇がせいぜい2-3日しか取れないので、駆け足になっちゃったけど。

コメントを閉じる▲

 栂海新道 ~ ファストパッキング(1) 

2014年09月28日 ()
久しぶりに山の記録をアップ。
前に 栂海新道 に行ったとき、書きかけてたものなんだけど。


栂海新道というのは何かというと、


「日本海の海抜0mから白鳥山(1,286.9m)、
犬ヶ岳(1,592m)を経て朝日岳(2,418m)を結ぶ
北アルプス最北部の縦走路である」


(by 糸魚川市webサイト)


らしい。


こんなとこにあったり。

これじゃわかんないと思うので、もうちょっと広範囲から見てみると。


四角が重なっているとこが栂海新道。これで日本のどこらへんかわかったかな。

なんでこのコースを行きたかったというと、
上の説明とは逆コースなんだけど、ゴールを日本海の親不知にして、
最後にジャッポンと海に飛び込むっていうのを皆よくやってて、
自分もそれがやりたかっただけ。
なんて単純な理由。


で、準備。
まずはいつ行くかだけど、最後、海に飛び込める季節というと、やっぱ夏。
暑いから、水をたくさん持たなきゃいけないけど。

次に装備。
このコース、虫が多いとのこと。
とにかく刺されまくるらしい。
自分は虫にはすごくモテるので、防虫ネットをamazonでポチった。
これ↓



かなり昔に買ったんだけど、
今では軽くてコンパクトに収納できる防虫ネットがあるみたい。
値段は倍以上するけど。

そしてザックの選択。
腰が悪いので、重いものを担ぐのはNG。
ザックは小さくして余計なものを持たない作戦。
なので、こちらのトレイルランニング用パック、
マウンテンハードウェアFluid6を選んだ。


マウンテンハードウェア/Fluid6


容量は6Lということだけど、たぶんTNFなんかの6Lのパックよりも多く入ると思う。
貧乏なので山小屋に泊まれず、テント・寝具などを持たなければならないうえ、
寒がりなのでしっかりした防寒着を持たなければならなかったので、
一部入りきらず、外付けになったけど。


こんなかんじで防寒着とマットを外付け。

水など合わせて総重量は6kgちょいだったかな。
昔のことなんで正確には覚えてないんだけど。
体が小さく非力な自分にとってはちょっと重めの重量。

トレイルランニング用のバックパックは、
だいたい欧米人の男性用に作られてるので、
ぶかぶかで体に合わないものばかりなんだけど、
マウンテンハードウェアのトレイルパックは、
体の小さいアジア人の細い女性でもわりとOKなものが多いので気に入っている。

最後に行程。

1日目 栂池公園→白馬大池→小蓮華山→雪倉岳→朝日岳→栂海山荘
2日目 →白鳥小屋→ホテル親不知→親不知駅
3日目 予備日

ってかんじで。
トレイルランナーだと1日で駆け抜けられるんだろうけど、
自分にはそんなの無理なんで、ファストパッキングで1泊2日の計画。
でも、普通のファストパッカーより歩くの遅いんで、
2泊3日はかかるかなと思って、食料もその分持って行った。

長くなったので続きはまた次回~。


関連エントリ
栂海新道 ~ ファストパッキング(2)
栂海新道 ~ ファストパッキング(3)

trackbacks(0) | comments(2)edit   
↑top 


COMMENT

by kmd
ナイスエクストリームファストパッキング!

by てる
kmd

コメントはやっ!
どうもありがとうございます。
まだ旅は始まってないんですけどw

コメントを閉じる▲

 リバウンド。 

2014年09月18日 ()



便りがないのはよい便り。



ということわざがありますが、残念ながら自分にはあてはまりませんでした。
しばらく更新してなかったのはリバウンドしてたから。
正確には、あえて体重と体脂肪を増やしたってかんじですけど。

いつものことなんですが体重が41kg台になると、
免疫力が落ちちゃうんです。
なので、さっそく風邪をひいてしまいました。

これは「いかん!」ということで、栄養のことだけを考え、
体重・体脂肪のことは無視してバクバク食べてました。

そして気づけば、こんなデータに…

体重: 42.75kg
体脂肪率: 17.4%
体脂肪量: 7.4385 kg

あーあ。せっかく苦労して減らしたのに。

そしてまたせっせと減らし。
今こんなかんじまで戻しました。

体重: 42.6kg
体脂肪率: 15.8%
体脂肪量: 6.7308kg

体重はあまり減ってないですが、
自分の中の優先順位は、今は体脂肪量なのです。
だから、今のところはこの体重でもOK。


また経過をアップします。

trackbacks(0) | comments(0)edit   
↑top 


 いきなり目標達成。 

2014年08月29日 ()
今日、更新するつもりはなかったのですが、
今朝、体重計に乗ったら、いきなり8月の目標を達成してしまったので。

今朝の体重・体脂肪率・体脂肪量。

体重: 41.65kg
体脂肪率: 15.1%
体脂肪量: 6.29kg

昨日、体脂肪量を8月中に6.7416kgにしたいって言ってましたが、
今朝の体脂肪量は6.29kg。
いきなり達成しました。

早っ。

昨日は4km疲労抜きジョグペース、
10kmジョグペースで走って、
その後、筋肉トレーニングをやっただけなんですけどね。

食事はいつもと同じようなかんじで、野菜・肉・米・納豆など。
夜はちょっと手抜きだったけど。


さて、今までの経過をまとめてみると。

体重 43.7kg → 42.45k g→ 41.45kg→41.65kg (-2.05kg)
体脂肪率 17.5% → 16.6% → 16.4% → 15.1% (-2.4%)
体脂肪量 7.429kg → 7.0467kg → 6.7978kg → 6.29kg (-1.139kg)
(身長は157cm)

8月23日から測定してて、今日は29日。
6日で体脂肪量が1kg強減ったっていうのが、
我ながらすごいと思います。

ただ、体重が2.05kg減ってるんですよね。
これって筋肉も多少減ってるってこと。
やばいなあ。
今度から筋肉量も書いておこうかな。


さて、9月の目標ですが、
体脂肪量5kgちょいまで減らせないかと思ってます。
ちょっと高い目標ですが。
でも、がんばる。

trackbacks(0) | comments(4)edit   
↑top 


COMMENT

by 監督
目標達成おめでとうございます。でも、そんなに体を絞って、体調の感じはどうですか?自分の場合は今体重が76kg前後で調子いいですが、今年前半72~73kgに減った時はなんとなく体調悪くて疲れやすかったので、せっせと食べてやっと戻したところです。

by てる
監督

どうもありがとうございます。
たしかに体重落とし過ぎると体調崩しますね。
私もベストは42.4kgぐらいなので、さっそく今日しっかり食べました。
明日の朝には42kg台に戻ってると思います。

by 岳の介
目標達成おめでとうございます。急に涼しくなり食が進みヤバイです。私は夏に痩せて秋に太るパターンの繰り返しです。輝子さんを片腕で持ち上げられるにゃ〜。

by てる
げっ、なんで岳の介さんもこのblog見てるんですか?!
もう皆に忘れ去られてると思ったのに。

岳の介さんは幸せ太りじゃないですか~
これから暖炉の季節ですねw
夏に痩せた以上に太らないでくださいねw

コメントを閉じる▲

 順調に減ってます 

2014年08月28日 ()
今朝の体重・体脂肪率。

体重: 41.45kg
体脂肪率: 16.4%

推移を見ると、


体重 43.7kg → 42.45k g→ 41.45kg (-2.25kg)
体脂肪率 17.5% → 16.6% → 16.4% (-1.1%)


5日でこれだけ減りました。
えっ、それっぽっち?って思われる方もいるかもしれませんが、
身長157cm、体重60kg、体脂肪率30%の人だったら
これくらい減らすのは簡単だろうけど、
身長157cm、体重43.7kg、体脂肪率17.5%の自分が、
これだけ減らすのってけっこう大変なんです。

でも、体重は41kg台だと自分的には減り過ぎで免疫力が落ちるんで、
42kg 台に戻したいと思います。
まあ、ベスト体重は 42.4kg ぐらいでしょうか。


体脂肪率ですが、パーセントだとわかりにくいので、
今度から体脂肪量で見て行きたいと思います。

上の体脂肪率の推移を体脂肪量に直すと、下のようになります。


7.429kg → 7.0467kg → 6.7978kg (-0.6312kg)


5日で体脂肪量 0.6312kg を減らしたわけですね。

で、パーセントじゃなくて、体脂肪量で見て行くってことにしたから、
目標は8月中に42.5kg以下、体脂肪率15%台にするってことだから、

42.4 x 0.159 = 6.7416

体脂肪量を8月中に6.7416kgにするのを目標にします。
ってことは、今体脂肪量が 6.7978kg だから、あと 0.0562kg 減。


8月は今日入れてあと4日しかないけど…
減らせるかな?

がんばります。

trackbacks(0) | comments(0)edit   
↑top 


← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。