top >
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 無印良品 シリコーンジャムスプーン(2) 

2015年06月21日 ()
昔、下のようなタイトルのエントリをアップしたことがありました(遠い目)


無印良品 シリコーンジャムスプーン


ジャムスプーンとはこちらのことですね↓


無印良品 シリコーンジャムスプーン 400円

耐熱温度230度/長さ19cm/重さ15g

このジャムスプーン、先がゴムべらのように柔らかいので、
山で食べた後の食器をぬぐってきれいにすると便利っていう内容のエントリでした。
詳しくは上のリンクから見てください。

で、このエントリで使った画像が、
「NAVERまとめ」の「これ最高!無印良品の調理器具まとめ」に使われてるのでした。
びっくり。

この画像です。




自分がカレーを食べた後の皿が使われてるなんて…
非常に複雑な気分です。

さらに「無印 ジャムスプーン」で画像検索すると、もう1枚の画像もでてきます。


これです。

興味ある方、試しに検索してみてください。


こんなエントリを書いたのだから、さぞやこのスプーン、
山で大活躍しているんだろう、と思われがちですが、
今となっては、山ではカレーやシチューなどの高級な食品を食べなくなったため、
このスプーンは山には持って行ってません。

でも、家で大活躍です。
とくにヨーグルトを食べるときにはかかせないですね。
3本持っていますが、ローテンションで毎日フル回転で使っております。

だいぶ汚くなったから、そろそろ買い換えようかな。
そういえば、今、無印、会員限定10%OFFだし。
明日までだけど。

関連エントリ
無印良品 シリコーンジャムスプーン

関連サイト
無印良品ネットストア

trackbacks(0) | comments(2)edit   
↑top 


COMMENT

by 監督
>山ではカレーやシチューなどの高級な食品を食べなくなったため
じゃ、何を食べているんですか?

にしても、一本400円はちょっと高価ですね。

by てる
監督

またまた放置blogにコメントありがとうございます。

最近山は無雪期にしか行かないのでコールドミールですね。
前にこのblogのどっかで紹介したプロテイン+ミューズリーとか。


一本400円以上の価値ありますよw

コメントを閉じる▲

 沈黙の山嶺 

2015年05月27日 ()
2015年も半分終わろうとしてるのに、今年初めての投稿(笑)

blog放置の言い訳ではないんですが、
今年は厄年っぽくて、いろいろありました(笑)
っていうか過去形でなく、現在進行形です。
でも、めげずにがんばります。

そんな中ですごく面白そうな山本(やまぼん)を見つけたので紹介。


沈黙の山嶺(上) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェレスト


沈黙の山嶺(下) 第一次世界大戦とマロリーのエヴェレスト

5月25日に発売されたばかりのできたてホヤホヤのまだ湯気が立っている新刊。
エベレストに登頂したのかどうかわからないまま
遭難してお亡くなりになったマロリーさんのエベレスト登山隊のお話です。

なんだかアメリカ、カナダ、イギリスとかではベストセラーだとか。
本屋行けば山積み、キオスクとかでも売ってるそうですよ。
いろいろ賞も取ってるみたいです。
詳しくは著者のWADE DAVISさんのサイトのこちらを。

マロリーさんと言えば、こんな本もありましたよね。


そして謎は残った―伝説の登山家マロリー発見記


マロリーは二度死んだ


遥かなる未踏峰〈上〉 (新潮文庫)


遥かなる未踏峰〈下〉 (新潮文庫)

これらの本と『沈黙の山嶺』が違うのは、第一次大戦まで遡って
エベレスト登山隊員それぞれのバックグラウンドを詳しく書いていること。
筆者のDAVISさんはそれ調べるだけですごい時間がかかったとか。
10年かけた力作だそうです。

また、マロリーは山男としては素晴らしかったけど、
機械音痴で忘れ物や落し物が多い人だったなどの話も載ってます。
ほかの隊員はそんなマロリーをフォローするのが大変だったみたい。
自分だったら人間ができてないので、
そんな人と登山するのはまっぴらごめんですけど(笑)
エベレスト隊員たちは皆人間ができてた方達だったんですね。

ほかにもマロリーはかなりのイケメンだったので男子校ではモテモテだったとか。
などなど、腐女子にはたまらない話も載っているそうです。

白水社のwebサイトで、訳者の秋元由紀さんが
「沈黙の山嶺・小話集」を連載しているので、
それも合わせて読むとさらに楽しめるかも。

あとはこの『沈黙の山嶺』のfacebookの特設ページがあって、
この登山隊の行動を日付に合わせてほぼ毎日紹介しています。
マロリーさんは6月8日でお亡くなりになってしまう(?)けど、
登山隊はその後も行動を続けるのでまだまだ楽しめそうですよ。

お値段は一冊約3500円とかなり高額ですが、
2回飲みに行かないでこの本を購入されてみてはどうでしょうか。
飲みに行ったらせいぜい2~3時間しか楽しめないし、
翌日具合悪くなったり、アルコールの摂取は認知症の原因になったりするけど、
この本は二冊で1ヶ月ぐらい楽しめますよ。
読書は認知症予防にもいいし。
そう考えるとかなりのお買い得商品だと思います。
さらにamazonで購入すると、1%のポイントがつきますよ。

白水社のtwitter情報によると、
大型書店に無料のお試し版冊子を置いてあるそうです。
立ち読みで中身を確認するのもなんなので、
それをゲットして読んでみて一晩購入するかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

自分のところにもそろそろ届くはずw
読むのが楽しみ~♪

Wade Davis/INTO THE SILENCE
白水社/秋元由紀「沈黙の山嶺・小話集」
白水社twitter、無料お試し版冊子情報



trackbacks(0) | comments(2)edit   
↑top 


COMMENT

山本(やまぼん) by 青空山岳会
毎度ご無沙汰しております(時々訪問していますが・・・)
面白そうな山本のご紹介ありがとうございました。
ワクワク感が伝わってきました。

ここ数年は山本を買っても積読(つんどく)だけで、どれも読み終えるに至ってません(笑)
自分の撮った山の写真を使って貰った本もまたしかりです(汗)
読書に時間を割けるということは、本当に幸せなことですね。

読み終えられた後の感想もお待ちしています!


by -
青空山岳会さん

放置blogにご訪問ありがとうございます。

積読だけなんてもったいない!
通勤時間などを利用してぜひぜひ読んでください。

ほかにも並行して読んでる本もあるので、
感想はもう少しお待ちをw

コメントを閉じる▲

 2014年を振り返って 

2014年12月31日 ()
またまた広告に占領されてたけど、復活。
今年最後の締めくくりってことで。

今年もいろいろありましたが、
自分にとっての重大ニュースをいくつかあげてみたいと思います。

まずは、なんと言っても横浜国際女子マラソンが終了してしまったことです。
このレースの参加資格を取るためにがんばって来たのに、
スタートラインにさえ立てなかったとは。

主催者の財政難により終了せざるを得なかったみたいなので、
景気が回復したらまた復活しないかなー、なんて。
復活した頃にはきっとかなりの高齢で寝たきりになってて、
走るどころでないかもしれないけど。

非常に残念です。


あとは御嶽山噴火。
御嶽山、2009年に登ったことあるんですが、そのときも噴煙が出てました。
↓これが当時の画像。



煙が出てますよね。
まさかその5年後の今年に噴火するなんて。

煙が出ててやばいなと思った山は、ほかには焼岳。
それから室堂近辺ですね。
今度もし行くことになったら地震が頻発してないかどうか調べてから行くことにします。

ちなみに下が御嶽山に行ったときの記録:

踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ アプローチ編
踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ アタック編
山飯: 踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ 食事編


あとは、個人的なことなんですが、持病が2つ治ったこと。

1つは、アレルギーのため体が痒くなるんで
もう10年以上も毎日薬を飲み続けてたんですが、
12月末になって、薬を飲まなくても痒くない日が続いてます。
まったく痒くないってことはないんですが、薬を飲まなくても我慢できるぐらい。

これ、自分的にはすごいこと。
今まで食事療法やらいろいろやってみたけど、全然治らなくて諦めてたから。

でも、なんで治ったのかはわからないんです。
思い当たることと言ったら、最近市販の増血剤を飲み始めたことぐらい。
ビタミンCが大量に入っているのがいいのかな?なんて思ったりもします。


もう1つの持病は、薬で強引に治したんですが、
治ったと言っても経過観察が必要で、2か月おきに病院に行かなければなりません。
それでも一時的に治ったことは本当にありがたい。
症状がバリバリ出てたんで。


まあ、こんなかんじで2014年は自分にとってプラマイゼロってかんじの年でした。
2015年はどんな年になるのかな。
一番重い持病が治ってくれるといいな。
(上のではありません。じつは複数の持病があるんです)


それでは皆様、よいお年を。


年越しそば。そしてフライングでだてまきw



trackbacks(0) | comments(0)edit   
↑top 


 ダイエットやめます 

2014年11月12日 ()
また1ヶ月blogを更新してなかったので、
広告に占領されてしまいました。

さて、8~9月にやっていたダイエットですが。


やめました(笑)


なんでかっていうと、こちらにも書いたように、
体重・体脂肪を落として行ったら免疫力が落ちて風邪をひいてしまったり。

血液検査をしたら、総蛋白が基準値以下になってしまったり。
総蛋白の基準値は6.7-8.3なんだけど、自分は6.1。
この値が低いと、「過度のダイエット、低栄養状態」みたいです。


だからやめました(笑)


「じゃあ、今は体重も体脂肪率も増えちゃってデブなの?」ってわけでもなく、
今朝計った値は、

体重 42.15kg
体脂肪率 15.8%
体脂肪量 6.6597kg

でした。
自分的にはいい値を保っていると思います。

たぶん自分の健康体重は42.3kg以上なのかなって思います。
今朝はちょっと低めで42.15kgでしたが、
9月~10月はだいたい42.3kg以上だったので、
10月に入ってから喉が痛くなって「風邪ひいたかも?!」ということもありましたが、
3日ほどで治りました。

まあ、数字にとらわれず、自分の体の声を聞いて、
今後、体重・体脂肪をキープして行きたいと思います。


trackbacks(0) | comments(8)edit   
↑top 


COMMENT

by 監督
>まあ、数字にとらわれず、自分の体の声を聞いて
とっても宜しいんじゃないでしょうか?

監督 by てる
すごい。
どうして更新したのわかったんですか?
テレパシーがあるのかな。

by 監督
なんとなく、ふっと気になるので・・・、テレあるのかもね。

監督 by てる
きゃー。
やっぱり心と心が繋がっているのかもー!
○○さん、ごめんー。

管理人のみ閲覧できます by -

by てる
鍵コメさん

なぜ、皆、こんな放置blogをチェックしてるんですか?
物好きだなぁ(笑)

by hiro
ふと、、、、立ち寄ってみました。なんかのお告げかな。。

低栄養はまずい~。アルブミン値も確認してみて。
いつまでもスポーツを楽しむことができる身体でいたいよね。

by てる
おお、hiroさん、久し振り!
お告げでここに来る人多いみたいです。

アルブミンは大丈夫。
アルブミンは基準値下回ったことないんだよね。

コメントを閉じる▲

 栂海新道 ~ ファストパッキング(3) 

2014年10月10日 ()
前エントリからの続き。

そんなこんなで朝を迎えた。


ツェルトを出ると、今日も晴れそう。

朝食を食べて、出発。
歩いていると、前情報どおり虫が多くなって来たので、
刺されないように防虫ネットをかぶり、雨具を着た。

白鳥小屋まではアップダウンの連続…
雨具を着た体には辛かった。
たまに現れる水場に癒された。



黄連の水場。

往復10分と地図には書いてあったけど、そんなにかからなかった。
この年は水量も豊富だったし、水も冷たくて美味しかった。


白鳥小屋到着。

屋根の上にある見晴らし台に登ったけど、高所恐怖症なのでめちゃ恐かった。
最近クライミングは全然やってないし。
酒と一緒で訓練してないとやっぱどんどん衰える。

ここまでで、細かいアップダウン、
ネットをかぶっているとは言え顔によってくるたくさんの虫、
雨具を着ているので蒸れて汗だく。
などなど、けっこうダメージ要素が多かった。


また水場。この年は水が豊富だったみたい。


標高が低くなってくるとこういう石像があってなごむ。

途中、自分より10歳以上は年上と見られる人達と何度かすれ違ったけど、
そのたびに「雨具は持っているんですか?」など、荷物が小さいことを指摘された。
その都度、「雨具もツェルトもシュラフカバーも食料も入ってます」とお答えしてた。

てか、皆、避難小屋泊まりなのに、自分の5倍は大きいザックを担いでた。
いったい何が入ってるんだろう。枕? 布団? 鍋? 七輪?
まだまだ栂海新道も序盤だというのに、バテてる人もけっこういた。
あんなに大きい荷を背負ってちゃ、そりゃバテもするでしょうに。
我々年寄りこそ荷物を軽くして、体をいたわってあげないとねぇ。

標高を下げて行くと、どんどん気温が高くなって来た。
しかし、まだ虫がいるので、雨具は脱げず。
そんなにまで我慢してたのに、
一瞬だけ首のところの虫除けネットがずれてしまったたようで、
その隙をついて、アブだかブヨだかに一か所刺されてた。
ぐ、ぐやじぃ…


この日はダレてしまい、けっこうゆっくり歩いてしまったので、
時間がかかってしまったけど、なんとか午前中のうちに栂海新道登山口へ到着。


階段を降りて日本海に向かう。


ザッポーン。着の身着のまま海に飛び込んだ。

海水浴シーンはあまりにも見苦しいのでカットさせていただきます。


ドロドロになった靴、ズボンの裾もついでに洗った。

この浜には自分のほかカップルしかいなかった。
彼らはプライベートビーチを楽しんでいちゃついてたみたいだけど、
突然泥だらけの汚いBBAが現れて、服のまま海に入って行ったから、
「もしや、自殺?!」と思ったのではないかと。

日本海で汗と泥を洗い流したので、
登山口にある親不知観光ホテルの風呂は省略。
ここの風呂に入ると、親不知駅まで車で送ってくれるということだけど。
でも、貧乏なんでそんな贅沢はできなくて、
服を乾燥させるついでに4.3km離れた親不知駅までジョグって行った。


途中で道の駅によって昼食。これでワンコイン、500円w

駅に着く頃はすっかり服も乾いてたw
夏、ばんざい。

で、あとは鈍行に乗って東京まで。
貧乏なんで、青春18きっぷで。
2日目に山を歩いた時間よりも、電車に乗っていた時間のほうが長かったような…

ああ、お尻、痛い。


メモ
1日目 栂池自然園→栂海山荘
出発時刻/高度: 08:00 / 1837m
到着時刻/高度: 21:25 / 1547m
合計時間: 13時間25分
合計距離: 29.64km
最高点の標高: 2727m
最低点の標高: 1477m
累積標高(上り): 2102m
累積標高(下り): 2394m
コースタイム
8:00 栂池自然園 8:40 天狗原分岐 9:45 白馬大池 10:55 小蓮華山 11:30 稜線 12:40 雪倉岳避難小屋 13:08 雪倉岳  分岐  水谷コル 16:21 朝日岳 18:57 黒岩山 20:00 サワガニ山 21:18 犬ヶ岳 21:25? 栂海山荘 
30kmしか歩いてないのに13時間半もかかってるとは。

2日目 栂海山荘→親不知
出発時刻/高度: 05:00 / 1548m
到着時刻/高度: 11:24 / 26m
合計時間: 6時間24分
合計距離: 13.35km
最高点の標高: 1548m
最低点の標高: 26m
累積標高(上り): 477m
累積標高(下り): 1999m
コースタイム
5:00 栂海山荘発 7:40 白鳥小屋 9:20 坂田峠 9:53 尻高山 11:24 ホテル親不知
こっちも13kmで6時間半もかかっている。
 
関連エントリ
栂海新道 ~ ファストパッキング(1)
栂海新道 ~ ファストパッキング(2)

関連商品



trackbacks(0) | comments(0)edit   
↑top 


← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。