top > CATEGORY > 書
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 シェルパ斉藤の世界10大トレイル紀行 

2012年08月24日 ()

シェルパ斉藤の世界10大トレイル紀行 The World's Best 10 Trails




読んだ。



ほぼ、オートルートのとこだけ…(爆)



オートルートは2010年に実際自分が歩いたところ
だから、ぱらぱらとページをめくっていくと懐かしい風景や記述があれもこれも…

ヤマケイの紹介ページには、
「実際に踏破するための情報も加えた」なんて書いてあるけど、
オートルートに関しては、この本をガイドブックとして現地に持って行っても
あまり役に立たないと思う(笑)

あと、ちょっと情報が古いかな。
ここに記すまでもないけど、情報は刻一刻と変わるので、
現地に行く人は直前にきちんと調べていったほうがいいでしょう。
キャンプ場がつぶれてた、なんてこともあるので。

なんて、否定的なコメントをしてしまったが、
静かな紀行文で、読んでるとそのルートの雰囲気を味わえていいかんじ。
ちょっと笑いもあって、シェルパ斉藤さんのした失敗を自分もしてて笑った。
やっぱり、日本人は間違うでしょ(笑)


オートルートのほかには、

アンナプルナ・サーキット(ネパール)
インカ・トレイル(ペルー)
ミルフォード・トラック(ニュージーランド)
トーレス・デル・パイネ・サーキット(チリ)
シミエントレイル(エチオピア)
アパラチアン・トレイル(アメリカ合衆国)
クングスレーデン(スウェーデン)
ウエスト・ハイランド・ウエイ(スコットランド)
グレート・オーシャン・ウォーク(オーストラリア)

の9つのトレイルが紹介されている。
これにオートルートを合わせて世界十大トレイルっていうらしい。

世界のロングトレイルに興味ある方はぜひご覧になってみてください。
ロングじゃないのもあるけど…


関連エントリ
オートルート (ツェルマット→シャモニ 180km)
カテゴリ [オートルート]

関連商品


trackbacks(0) | comments(2)edit   
↑top 


COMMENT

by MINMIN
先に越されて読まれてしまいました。
私はツールドモンブランの部分だけでも先に読もうかと思ったけど、ネパールの興味あるトレックもあり、結構、あちこち興味あるので、美味しいものは後に取っておく・・・みたいな感じ。

ちょっと、落ち着いたらじっくり旅気分を味わってみたいと思ってます。でも、恐らく実現可能性があるのは、ツールドモンブランぐらい? いや、それも語学が・・・・。英語もっとできたら、いろいろ行けるのに、情けない。さらっと外国にいけるてるさんが羨ましいです。 

by てる
v-5MINMINさん

ツールドモンブランは残念ながら載ってませんでしたよ。
オートルートより有名なのにね。
あれこそ世界10大トレイルだと思うんですけど。

海外に行くのに語学ができるかどうかは関係ないと思いますよ。
私の使っている英語なんて中学校のときに習ったようなもんだし、
私の知り合いなんて、全然しゃべれないのに行ってますから。
イタリアの飛行場でひたすら日本語をしゃべり続けたら、
とうとう日本語をしゃべれる人が電話で出てきた…とかいうエピソードがあります(笑)

あと、やっぱり別な人で、ガイドで岩登ったらしいんだけど、
すべて日本語でしゃべり続けたという話。
登るときも「いきまーす」とか「ひいてー」とか言ってたそうですよ。

ようは気持ちの問題。
どうしても不安なら、英会話を習うことをおすすめします。
あとラジオもいいですね。
私は中学~高校時代、まいにち欠かさずラジオ聴いてましたから。

コメントを閉じる▲

 マラソンの真髄 

2012年05月06日 ()
ラン仲間の○っしーが読んで、
たまにちょろちょろと内容を小出しに話してくれるので、
一度は読んでみたかった本。

ようやく図書館で借りて読んでみました。


瀬古利彦 マラソンの真髄―世界をつかんだ男の“走りの哲学”

読んでみて、一言で感想を言うと、





す ん げ ー ー ー ー !!!
(感動を表す語彙が乏しくてすみません)




続きを書く前に、瀬古さんって誰? って人のために。

瀬古利彦
1970年代後半から1980年代にかけて宗茂、宗猛、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。
(瀬古利彦 - Wikipediaより一部抜粋)

けっこう昔のマラソンランナーさんなんですが。
自分もこの人が活躍してた時代、まだ生まれていなかったので、
記憶全然ないんですけど(大嘘)
(これは嘘じゃないんだけど、中山さんって人はこの本を読んではじめて知った)

で、この瀬古さん、オリンピックでこそ成績を出してないけど、
フルマラソンを15レース走ってて、
そのうち10レースは優勝してるんですね。
それ聞いただけでもすんげーってかんじなのに。

この本に当時の練習内容が載ってて、
それを見るとほぼ365日間走ってるんですよ。
や、休まなくていいのか?!
も、ものすごい回復力の持ち主…

でも、冷静に考えてみたら、こういう人って、
走ることが仕事だから、走ってないときは寝てていいのか?なんて思いました。

遠いけど安いスーパーに野菜を買いに行ったり、毎週実家に通って親の介護をしたり、ポイント練習でレースペースで30km走ってクタクタなのに、貧乏だから電車に乗る金も外食する金もなくて2.3kmの道をトボトボ歩いて帰り、帰宅したらその足でスーパーに水を汲みに行って、帰ってきたら晩飯と翌日の弁当を作ったり、洗濯したりしなくていいんだなー、って思いました。

てか、走ることを仕事にできるから、
そういう日常の作業を代わりにやってくれる人がいるワケで。
すみません、アホな考えでした。

で、行きつく考えは、やっぱり才能ある人は違うのか…
だったけど、瀬古さん曰く、




「マラソンは素質2割、練習8割」 
(もしくは「素質3割、練習7割」)



なんだそうです。
中距離は「素質7割・練習3割」、長距離(トラック)「素質6割・練習4割り」だけど。
なので、

やったぁ!!!
じゃあ、がんばる!!!

と、バカなので、単純に喜んだのでした(笑)

まあ、それはおいといて。
この本の最後に「瀬古利彦の百ヵ条」なんていうのが載っているんですよ。
一部抜粋しますと、

一 マラソン練習とは、42.195kmを、長い距離だと感じないようにしていくこと
一 マラソン練習とは、42.195kmを、速いペースで押していけるようにすること
一 マラソン練習とは、35kmを中間点だと思えるようにすること
一 自分の今の力に見合った練習をする
一 練習は強制されてやるものではない
一 練習は、レースで勝つために行うもの

とか、マラソンランナーが普通に思っていること(たぶん)がけっこう書かれてます。
でも、

一 一年間365日、練習を続ける。マラソン練習に完全休養日はない
一 一度、決めた練習ならば、絶対に逃げてはいけない

とかは、もう全然お手上げです。
自分は週に2日レストしているし、
15km走るはずが挫折して8kmしか走らなかった、なんてこともよくあります。

いやぁ、まぁ、とにかくこういうトップランナーは
すごい固い意志の持ち主なんだな、と思います。
Qちゃんとか、野口みずき選手のすごい話もたまに聞きますよね。

調べてみたら、Qちゃんも11レース中7レース優勝、
みずきちゃんも8レース中5レース優勝してました。
ってことは、瀬古さんってとくにすごくない?
というか、この人達、皆がすごいんですね。

自分に当てはめてみると、ちょっとずるしてハーフとフル合わせちゃって、
優勝っていうのを自己ベスト更新にしますが、
7レース中、自己ベストを更新できなかったのは1回だけ。
6勝1敗か?

ああ、でもはじめてのレースは走っただけで自己ベストになるから、
のぞかなきゃならないかな。
ってことは、フルとハーフの2レース引いて、
5レース中、4レースは自分に勝ってるってことですね。
4勝1敗。

うむ、がんばる。
瀬古さんの 「マラソンは素質2割、練習8割」 という言葉を信じて。


関連商品
trackbacks(0) | comments(4)edit   
↑top 


COMMENT

by MINMIN
てるさんと私では少し?私が年上なだけ、若干の記憶のずれがあるのですね。
瀬古と中山のデッドヒートは面白かったですよ。私は当時からテレビでマラソン中継があると、割とよく見ていたのです。宋兄弟のファンでした。瀬古、中山、宋兄弟はすごかったです。
瀬古さんは悲劇のヒーローみたいな部分があって、今の解説のキャラとは全く違っていて、そのギャップが当時を知るものとしては面白いです。
とにかく、すごく強くてストイック。まさにストイックとはこの方のことを言うのだというほどでした。

全盛の時期がオリンピック不参加のモスクワだったのが本当にお気の毒。この本、やっぱり読みたいモードになってきました。練習8割は納得の方です。

by てる
v-5MINMINさん

> てるさんと私では少し?私が年上なだけ

いえいえ、とんでもないですよ。
私はもう還暦なんで、MINMINさんとは一回り以上違うと思いますよ。

> 瀬古、中山、宋兄弟はすごかったです。

うーん、全然知らない。
貧乏なんで家にTVがなかったんで。
あ、違った。
実家は金持ちで、執事にセバスチャンがいて、
毎夕食にドンペリをついでくれたんだった。

> 瀬古さんは悲劇のヒーローみたいな部分があって、
> 今の解説のキャラとは全く違っていて、
> そのギャップが当時を知るものとしては面白いです。

悲劇のヒーロー?
この本読む限りそんな風には思いませんでしたが…
今のキャラは長嶋茂雄氏と似たものがありますよね。笑

> 全盛の時期がオリンピック不参加のモスクワだったのが本当にお気の毒。

モスクワ五輪の金メダリストをその後のレースで打ち負かしたそうです。

> この本、やっぱり読みたいモードになってきました。

ぜひぜひ読んでくださいな。
おすすめです。
古本屋にあったら買おうと思います。笑

> 練習8割は納得の方です。

練習してくださいね。笑

by MINMIN
山に行けなかったので、昨日と今日はジョグしましたよ(爆)
そうか、当時の活躍をあんまり実感されていないんだあ・・・・
増田明美選手も、本当に悲劇のヒロインみたいで。
プレッシャーでつぶれてしまう姿が痛かったです。年代が近いので、親近感が当時からありました。

もしかして、その当時、海のむこうにいらしたのかしら?

by てる
v-5MINMINさん

ジョグ、おつかれさまでした。

マラソンってとくに興味なかったんで、全然記憶がないんですよ。
自分の興味ないものはほんと脳みそからスルーの人なんで…^^;
マラソンに興味を持ち始めたのは自分が走るようになってからかな。
それまで箱根駅伝もなんだかわからなかったし。

増田明美さんは天才少女とか騒がれてたんですね。
それもwikipediaで読みました。

コメントを閉じる▲

 ウルトラライトハイキング 

2011年07月09日 ()
母の介護保険、ようやく認定されたっ!
ほんとに一ヵ月かかった…

思ったよりも重度の認定で…
ラッキー♪ と素直に喜んでいいのか…
それとも他人の目から見たらもう回復の見込みがないってことなのか…
ちょっと複雑な気分。

介護認定の有効期間は6ヵ月ということなので、
できたらその期間内で社会復帰し、
更新の必要がないようにしたいと思う。

今後の母の復帰のスケジュールを立てるまであいかわらずバタバタだけど、
それさえ乗り越えれば、前の日常がほぼ取り戻せるっ!(自分のね)
ということでがんばる。


と、気分的に少し落ち着いたので、本日はblogを更新。
前から書こう書こうと思って保留にしておいたネタをアップ。
今頃この話…?って思われそうだけど、
自分のメモとして。
まあ、個人のblogなんてそんなもの。



ウルトラライトハイキング/土屋智哉

ウルトラライト(UL)を広めた 土屋智哉氏 の著書。

ULは、20~40代に広まっているみたいだけど、
この本、それよりも年齢層高めな方々に見て欲しいな、と思う。
年を取って体力が衰えてしまった人、
中高年登山ブームに便乗して高齢で山を始めた人などに。

某大量遭難事故の報告書を読んでたら、
ツアー参加者のザックが小屋泊まりなのに10~16kgだったり…
なぜそんなに大荷物になるの?ってびっくりした。
そんな重い荷物を担いでいたせいか、力尽きてお亡くなりになった方もいて…
(ご冥福をお祈りいたします)

というように、弱者ほどいかに荷物を軽くするかということが必要。
自分なんかもかなりの弱者なので、軽量化にはずっと気を使っている。
(どれくらい弱者かというと、12kg以上のザックを網棚にあげられないとかね)


ってことで、体力や筋力が衰えてしまった方、
どんなにトレーニングしても持って生まれた体が貧弱なので
人並みの山ヤになれない方(自分)、
必見です。


関連サイト
Hiker's Depot

trackbacks(0) | comments(8)edit   
↑top 


COMMENT

by MINMIN
この本読んだことないけど、この著者の経営するショップが隣町にあるので、いつか行ってみたいな。たしか、ツィッターもフォローしていたと思う、

私も学生時代は結構重たい装備で歩いていたけど、個人で歩くならば軽くいきたいですね。2倍その分歩けたりして。

by てる
v-5MINMINさん

一度行ったことありますよ。
こだわりのある商品ばかりありました。

> 2倍その分歩けたりして。

もちろんそうでしょうね。
私は昔、ザックが体重の2.5分の1を超えるととたんに歩く速度が半分に落ちました。
今ではザックは体重の4分の1を超えないようにしてますので
その後どうなったかわかりませんけど。

良かったですね! by akemi
無事に介護認定が下りて良かったですね。
お母様が「要介護」の状態から抜け出る為には
ご自分が「動きたい!」と言う気持ちになる事が何より大事です。
楽しい事をたくさん想定して
気持ちを盛り上げて差し上げて下さいね。(^^)

半年あれば、夏も終わって涼しく動きやすくなりますから
暑い間に体力気力を落とし切らないようにするのが
今のところ、一番大切かもです。

by ぜいぜい
一人よりも二人分だとより軽量化ができるかなって考えています。
私は暑がりなので、今年の縦走はシュラフひとつで掛け布団みたいに使ってみようかと検討中です。
食器などはなから二人でひとつしか使ってないしなあ。

by てる
akemiさん

どうもありがとうございます。
動きたいという気持ちはあるみたいです。
歩けるようになったらこうしよう、ああしようという話をしているんで。
とにかく今の目標は家の中を歩行器なしで歩けることが目標ですね。
がんばります。v-91

by てる
ぜぜさん

そんなに軽量化してるんだ!
でも、ぜぜさんのザックの重量、かなり重いって聞いたけど?
ギアが多過ぎ?

介護保険、軽量化 by アツ
介護保険認定、良かったですね。
うちは介護保険、老人ホームに関してはプロ並みですよ。
私の両親は父が要介護5、母が3、かみさんの母が2、かみさんの叔母さんが5です。
二人で私の父母の老人ホーム、かみさんの母の老人ホーム、かみさんの叔母さんの老人ホームと3軒も老人ホームと取引関係?があります。
介護保険が無かったら、どうなる事かと思うほど、結構私費で介護するとお金が掛かります。
全国の介護保険料を払って戴いている皆さまに感謝の日々ですね。私も払ってますが・・・。
介護認定が重くて喜んでよいのやら悲しんで・・・その通りですね。でもしっかり利用した方が良いですよ。

で、軽量化。そう、軽量化は技術です。
ご紹介の本は読んでませんが、冬山なんぞに
出かけて行く時は、重量はポイントですよね。
冬山装備に、メット、ピッケル、アイゼン、ワカン、ザイル、
たまにアイスアックス2本。金物類色々、それと燃料・・・。
なので、50才も越えているので、お金も
少々かけて、軽量化を図っています。
シュラフはイスカスーパーライト、メットは最近買った自転車用みたいな
エライ軽い奴とか。ザックはオスプレーが軽い。
でも、金物が重い。楽な行程の時などは
アッセンダーなんぞを持って行くけど辛いルートでは
持って行かないね。だって、あれ、特に重いんだもん。
ちゅうことで、軽量化の本、読んでみようかな。
ではでは。



by てる
v-5アツさん

コメントありがとうございます。

5はすごいですね。
うちはそこまででないですが、言うとけっこう驚かれるレベルです。

この本は題名にもあるようにハイキング向けなので、
アルパイン用の装備に関してはいっさい触れてないです。
でも基本概念は同じでしょうか。

コメントを閉じる▲

 岳 

2011年06月23日 ()
皆さまのコメントのおかげで、
介護保険申請中にも介護サービスが受けられることがわかったので、
早速契約して、母が風呂に入れるように手配しました。
どうもありがとうございました。

そんな合間を縫って、気分転換に映画 『』 を観てきた。
遅っ。
もう上映終了の映画館も多くなってきているのに。




2011年 125分
監督: 片山修
公式サイト → 映画 『岳 -ガク-』 オフィシャルサイト


『岳』 の原作本は自分で持っているわけでなく、
2009年9月に北鎌から焼岳を縦走したときに、
悪天につかまって南岳小屋で停滞中に読んだっきり。
だからそれほど内容を覚えてないし、
2009年9月以降に話がどう展開しているのかも知らない。

なワケで、観てきた人達が口をそろえて言うように、
「原作と一緒だった」 というのもいまいちわからなかった。
むしろ、「これって原作と同じ設定なの?」 っていう疑問の方が多かった。
あのベタなネタ、オンパレードなのは原作と一緒なのか?

ベタなネタだけでなく、『岳』 もほとんどすべての山系の映画同様、
ツッコミどころ満載だった。
なもんで、内容はお涙ちょうだいなのだが、純粋に感動して泣けなかった。
予告を観たときはウルウルしてたのに。
山ヤでない一般人だったらきっと素直に感動して観られるんだろうな。


三歩を演じている小栗旬は、イケメン俳優として有名らしいが、
この映画ではイケメンの 「イ」 の字も感じられず。
彼の演技ははじめて観たけど、とてもうまく 「山の兄ちゃん」 を演じてた。
ってか、小栗旬ってとくにイケメンじゃないよね?
だからよかったのかも。

久美役の長澤まさみの演技は、映画 『世界の中心で、愛を叫ぶ』、
ドラマ 『ラストフレンズ』 でしか観たことないんだけど、
それがあまりにも微妙過ぎたので、
「『岳』 がだいなしになってしまうかも!」 と心配してたら、そうでもなかった。
こういう役って演技しやすいのかも? 反対に恋愛系は演じるの難しい?


とまあ、自分的な評価はまあまあ普通。
とくによくも悪くもなく。
わざわざ映画館に観に行かなくてもよかったかな?
『点の記』 同様に。


まあ、唯一の収穫は…

小栗旬の顔と名前を覚えたこと!
今後、どんなことがあっても 「小倉淳」 とか言わないと思う。

あと、山業界では有名な市毛良枝も覚えた!!!
い、いや、やっぱり、顔、覚えてないかも…

(すいません、興味ないことに関しては記憶力がまったく働かない人なので…)


関連サイト
映画 『岳 -ガク-』 オフィシャルサイト

関連書籍



trackbacks(0) | comments(8)edit   
↑top 


COMMENT

by hiro
私も見てないんだよね~。。。。というか見るつもりないんだけどね、、、マンガもあるし。。。
岳。
ま、、TVでやるまで待ってるか~^^

>今後、どんなことがあっても 「小倉淳」 とか言わないと思う。

これ、うけます^^


初めて・・・ by アツ
は、はじめてメールするんですが、
少し、山登ってるオヤジです。
このブログ、かなりずーと読ませて戴いてます。
映画「岳」、観たけど、うーん。
ま、いいかで云う感じは同じです。
「点の記」も同感。
数年前に、本牧のマイカルで観た「運命を分けたザイル」が山の映画としては、良かったかな。
「127」はまだ観てません。
良かったのかな。
輝さんのずいぶん前のブログの内容で、
北鎌~焼岳縦走ってのを読んだけど、
すごいね。
私は、数年前、10月に北鎌沢出合から槍、槍沢へ抜けたんですけど、もう少し氷あったし、結構しんどかった記憶があります。

ところで、人のブログに投稿って、初めてするんですけど、やりかたはこれでいいのかな?
URLって、どうしたらいいのかな?
よく、判んないけど、よろしくどうぞ。はぁ。

ま、世の中 by akemi
「ドキュメンタリ」とうたってても創作な部分があったりするし
映画もテレビ番組もその他もろもろ、突っ込みどころ満載は当たり前ですね。
それっぽくなれば、その道の人以外喜べばいいんです。

お母さん、とりあえず良かったですね。
長丁場かもですが、気負わず頑張って下さいね。

by てる
v-5hiroさん

マンガ、持ってたよね。
うん、映画館まで観に行かなくていいんじゃないかな。
でも、景色は最高だったよ。

> >今後、どんなことがあっても 「小倉淳」 とか言わないと思う。
> ↑
> これ、うけます^^

かなりオバサンっぽかったか^^;

by てる
v-5アツさん

初コメありがとうございます。
前から読んでいただいているということでそちらもありがとうございます。
最近内容がラン中心になってしまったので、面白くないのでは?笑

「岳」は映画より漫画の方が感動できるかな、と思いました。
「点の記」は原作読んでないのでなんともいえませんが。
「127時間」は原作読んでいるので、映画を観たらどう感じるのか楽しみです。

北鎌、行かれたんですか?
氷があったということは、私が行った9月よりも早い時期に行かれたのでしょうか?7月とか?
クラシックルートはやっぱりいいですよね。
行った直後はもう行くこともないと思ってましたが、
最近ではまった行ってみてもいいかな、という気になってきました。

by てる
v-5akemiさん

医療系の漫画・ドラマとかもそうらしいですよ。
たしかに、何もわからない人が作るんですからしょうがないですよね。
でも、そのツッコミどころを探すのが楽しみなところもあるかも…

母のこと、どうもありがとうございます。
ようやく先週風呂に入れました。
今もこの時間、入ってるかも^^

お久しぶりです。 by devilman
ご無沙汰しています。
「岳」は、もう。。あういう素人の映画は好きではないです。
見ちゃったんだけれど、原作の重厚さをそれなりに表現した「点の記」は評価していますが、こっちは評価する気になりません。
仕事が医療関連なので、医療ドラマも突っ込みたくなって嫌なんだけどね。
でも、「岳」見て、ナポリタンが無性に食べたくなったのが、なんか変だけれど、収穫だったりして。

by てる
v-5devilmanさん

そうそう、ナポリタンは私も食べたくなりました。
あれは原作でもあったんでしたっけ?

コメントを閉じる▲

 127 時間 

2011年06月11日 ()
母の介護保険認定の調査もなんとか終わり、あとは結果を待つだけ。
なんと 3週間もかかる そうだ。
一刻も早く認定されサービスを受けて、また歩けるようになって欲しいのに~。
国、もっと早く対応しろ~!
寝た切り老人を増加させていいのか~!


はあ。

介護する人はうまく息抜きして休養をとって気分転換してかないと、ダウンしてしまうらしい。介護の必要がある親御さんがいらっしゃる諸先輩方を見ると、自分の時間を上手に作って息抜きしている。見習わなければ。

自分の気分転換はトレーニング(筋トレとラン)。母が寝たきりになって活動時間が増えたのにトレーニング量は減らすどころか増やしたので、うまーくレストしないと疲労がたまって倒れてしまう。自分の休養時間はもっぱら電車の中で船漕ぎながらよだれ垂らしての爆睡だったが、何週間かすると体力がついたのか、電車で立ったまま移動できるようになった。これって超回復?ふふ、まだまだ若いもんには負けられないぜ。

トレーニングのほかの気分転換として、一応blog書きもあるんだけど。え?そんなこと信じない?最近ご無沙汰だから?いやいや、blog書きは自分のストレス発散法なんですよ。で、最近ちょっとストレスたまってきたな~ってことで、今日はちょこっとネタで映画の紹介を。


110611_02.jpg
127時間
2010年 米/英 1h34 20世紀フォックス
2011年6月18日公開
公式サイト → 映画 『127時間』 公式サイト

最近山映画というと 『』 が流行っているが、
この 『127時間』 も一応山映画なのかな?
若き登山家が岩に腕をはさまれて、どのように脱出するかという話。
このblogでも、以前、原作本を紹介している。

こちらが紹介エントリ:
やまやなぶろぐ/アーロン・ラルストン 奇跡の6日間
やまやなぶろぐ/アーロン・ラルストン 奇跡の6日間 (2)

こちらが原作本:



ってか、映画になったから、本のタイトル替えた文庫が出た?↓




まさかこの本が映画になるとは。
かなりグロい内容なので、映画にしたらどうなるの?
貧血者、続出?

これも 『』 同様、マイジョグコースにある映画館でやっているので、
公開されたらさっそく観に行ってこようと思う。
公開は6月18日金曜から。
あと、一週間!


ってか、『岳』、まだ観てないし。
そろそろ終わっちゃう?!
いかん、来週にでも観に行かなければ!
来週は、『岳』、再来週は 『127時間』 か?

関連商品


関連エントリ
やまやなぶろぐ/アーロン・ラルストン 奇跡の6日間
やまやなぶろぐ/アーロン・ラルストン 奇跡の6日間 (2)

関連サイト
映画 『127時間』 公式サイト

trackbacks(0) | comments(4)edit   
↑top 


COMMENT

by mima
こんばんは
牛乳嫌いなので骨粗鬆症心配な私です。他でとらなくては・・・

介護生活、大変ですね。使える制度・貰える補助金は最大限利用してなんとか乗り切って下さい。
でも私はリフォームの仕事してますが、補助金使おうとすると、ホントに面倒な手間の上、
遅くて「待ってるうちに悪くなるよぉ!」って感じですよね。

「岳」見ましたよ。面白かったので友達からマンガを借りて10巻一気読みしてしまいました。
「127時間」も見る予定。本があるんですね。読みたいです。

山、行ってますか?時間がとれれば(難しいですかね)是非!

by てる
v-5mimaさん

牛乳お嫌いなんですか。母と同じです。
豆乳は飲めますか?
カルシウムがたくさん入った豆乳ありますよ。

やっぱり補助金制度って対応が遅いんですね。
申し込みが多いから処理に時間がかかっているのかなあ。
だったらほかでもてあましてる人員を回すとかなんとかならないものでしょうかね。

『岳』 は山ヤとしては観に行きたいところですよね。
予告観ただけで私は泣けてきました。笑
もう映画館行ったら号泣かもです。

山は2月の丹沢以来行ってません^^;
でも、近々トレランに出かける予定です。

はじめまして by mepanna
密かにブログをのぞかせていただいて、本日初コメントさせていただきます。お邪魔いたしますv-21

一番好きなのは“突撃隣の山ごはん”ネタですv-14山のお話もいろいろ参考にさせてもらっていました。

お母様、大変ですね…。介護保険、認定に時間がかかりますが、サービスの利用は申請が済んでいれば認定がされていなくても利用開始できたと思います。よかったら一度確認してみてはどうでしょう!?

我が家は認定前からサービスを利用していて、結局父は亡くなりましたが、認定の通知が来たのは父が亡くなった後でしたv-12

お母様の回復を心より願っております。


by てる
v-5mepannaさん

密かにご覧いただいてたようでありがとうございます。

> 一番好きなのは“突撃隣の山ごはん”ネタですv-14

そんな古いネタを…
最終更新からウン年以上たってますよね。
自分の中では全然続いてるんですが。

> サービスの利用は申請が済んでいれば認定がされていなくても利用開始できたと思います。よかったら一度確認してみてはどうでしょう!?

ありがとうございます。
ほかの方々からも言われてて、問い合わせようと考えてるところです。
一刻も早くリハビリ入らないとですよね。
明日にでもやらなきゃ。

> 我が家は認定前からサービスを利用していて、結局父は亡くなりましたが、認定の通知が来たのは父が亡くなった後でしたv-12

お父様、残念でしたね。
でも、認定前からサービス利用できても、認定されなかった場合、
その後継続してサービスを利用できるのかな…(汗
そこらへんも確認してみなきゃですね。

mepannaさんのblog、拝見しましたが、
ランナーかつ山ヤかつトレランナーなんですね。
アルパインもやってらっしゃるし。
しかもネコも飼ってる。
趣味がすごく一緒なので、あとで全エントリ熟読させていただきます。v-392
でも、すごく前から書いてらっしゃるようなので、大変…v-404

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。