top > 奥秩父主脈縦走 2日目
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 奥秩父主脈縦走 2日目 

2011年10月04日 ()
奥秩父主脈縦走 1日目』 からの続きで2日目。

この日は笠取小屋までの予定。


緑の線がこの日の予定。クリックして拡大。



昭文社の山と高原地図『雲取山・両神山』の参考コースタイムだと約13時間なので、
5時前に出発したかったのだが、朝に弱いのでつい5時近くに起きてしまった。

朝食は前日の行動食の残りの塩むすびをシュラフカバーの中で食べた。
この山行はコールドミールしか用意してないので、火器は持ってきてない。

食べ終えて、ツェルトを撤収。
テントと違って小さいから撤収が簡単。

明るくなりかかった5:30頃出発。


晴れてて遠くの山までばっちり。でもなんて山かはわからない。


富士山もこの通り。


国師ヶ岳到着。ここからも富士山が見える。

前国師と言われている北奥仙丈岳は今回はパス。
前に登ったことあるし
でも、ここってマイナー?だけど、奥秩父最高峰みたい。

国師からは樹林の中のアップダウンを繰り返し、甲武信ヶ岳へ。


甲武信山頂。

雪がない!
そういえば、甲武信~みずがきって雪がある時期しか歩いたことなかったかも。
無雪期って初めて。ある意味新鮮。

山頂を踏んでから小屋へ。
この小屋は2009~2010年の年越しにお世話になった


甲武信小屋。なぜか鯉のぼり?

小屋番の徳さんと爪さんにご挨拶したかったのだが、
この日はあいにく徳さん一人。
しばらく徳さんとお話した後、水を買って出発。
木賊山は前に登ったことあるので、もちろん巻き。笑

この木賊山から飛竜山の間は、はじめて足を踏み入れるとこ。


途中にあった笹平避難小屋。新しいきれいな小屋だった。


中に薪ストーブがあり、小屋の後ろに薪が積んであった。

水場もあるみたい。トイレはない。

この後も樹林帯のアップダウン。
通過する西破風山、東破風山、雁坂嶺、水晶山などすべて展望のない山頂。


じつはこの奥秩父主脈って、昔は人があまり通らない、ちょっとあやしいルートだったみたいで。1日目にもちょろっと書いたが、富士見平小屋の小屋番が泊まり客の女性を襲って殺害するという醜悪な事件があっただけでなく、水晶山付近で女性2人の遺体が発見されるという事件もあったらしい。昔から山をやっている方に聞くと、あそこらへんは気味が悪い…って言うし。

自分をリアルで知ってる方は 「女に見えないから大丈夫。自意識過剰じゃん。ゲラゲラ」 と笑うだろうが、意外に世の中、生物学上または戸籍上女なら誰でもいいって人がけっこう多いのだ。とくに酒が入ると、そばに座っているなら、オバサンでも性別不詳でもなんでも構わないらしく、自分も酒の席では何度も不快な思いをしたことがある。

だから、こんな自分でも、このルートを1人で行くのにだいぶ躊躇していた。最近はトレランや若者の山ブームのおかげで、このルートも脚光を浴びるようになったので(自分調べ)、ようやくちょっと安心して無雪期に出かける気になったのだ。


この日の予定は笠取小屋までだったんだけど、小屋まで後30分ほどの雁峠に着いたらまだ15時過ぎ。これはまだまだ先まで行けるかなと思って、予定を変更して将監小屋まで行くことにした。上の件もあって、なるべく事件現場からは離れていたいし。

雁峠を出てはじめは調子よかったが、そのうち左膝が痛くなってきた。最近、走り過ぎなのか、日常生活でも怪しいところ。さらに日が暮れて暗くなってきたため、ペースがすっかり落ちた。道もあまりよくないし。おまけにしっかり充電してきたのにヘッドライトの調子が悪く、灯りが若干暗くて歩きにくかった。

そんなかんじだったので、将監小屋にはすっかり暗くなった19時過ぎに着いた。小屋には灯りがなく、声をかけたが誰も出て来なかった。暗くてテン場がわからないので、泊まり客の炊事場らしいとこのベンチで寝かさせてもらおうと物色してたら、小屋にほのかに灯りが点いて、小屋番さんが出てきた。ラッキー。

テン場客は自分1人だった。小屋には人が泊まっているみたいだけど、まだ19時をちょっと過ぎたところなのに人の気配はまったくしなかった。皆寝るの早っ。

ツェルトを建て、外で夕飯を食べていると、小屋の方に灯りが動いていた。どうやら泊まり客がトイレに起きたようだ。ひっそり静まり返っていたけど、ちゃんと人は泊まっているんだなあ。


この夜は昨夜と同じ恰好で寝たけど、
標高が1800mなので暖かく眠ることができた。


この日歩いたとこ。クリックして拡大。
予定の緑の線に加えて、水色の部分を余計に歩くことができた。

3日目に続く。


自分メモ
甲武信小屋 水1L50円?
将監小屋テン場代 500円

関連エントリ
奥秩父主脈縦走をリベンジ
奥秩父主脈縦走 1日目
奥秩父主脈縦走 3日目
瑞牆~金峰~甲武信縦走 1日目 2006年12月
瑞牆~金峰~甲武信縦走 2日目 2006年12月
瑞牆~金峰~甲武信縦走 3日目 2006年12月
山で初の年越しを ~ 甲武信小屋 アプローチ編 2009-2010年の年越し
山で初の年越しを ~ 甲武信小屋 宴会編 2009-2010年の年越し
山で初の年越しを ~ 甲武信小屋 初日の出編 2009-2010年の年越し
奥秩父主脈縦走敗退 2010年4月

関連サイト
甲武信小屋ホームページ

関連商品


trackbacks(0) | comments(4)edit 
↑top 


COMMENT

by 監督
>「女に見えないから大丈夫。自意識過剰じゃん。ゲラゲラ・・・
何をおっしゃる!極めてチャーミングです。十分気をつけたがよろしい。

ところで、ツエルトの床面はどうしてるんですか?銀マット+クッション?自分も試してみようと思ってるんで。

by てる
v-5監督

えーと、何が目当てなんでしょう。
高額な壺や印鑑なら買えませんよ。

ツェルトはですね、地面にグランドシートも何も敷かずにそのまま設営、
中はリッジレストを敷いてるだけです。

リッジレスト
http://www.amazon.co.jp/dp/B003EFKMJW/ref=as_li_ss_til?tag=yamayanablog-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=B003EFKMJW&adid=15VVPHX1MESP19M24V6K&

by 監督
>高額な壺や印鑑なら買えませんよ。
ははは、素直じゃないですね、何のも下心もありませんて。

リッジレストって700gもありますね。せっかくツエルトが軽いのに、バランスがよくないような?

by てる
v-5監督

リッジレスト、そのままで使っている山ヤの方っていないのでは。
私も切り刻んで114gにして使ってますよ。
もうちょっと軽くできるかな。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

>「女に見えないから大丈夫。自意識過剰じゃん。ゲラゲラ・・・
何をおっしゃる!極めてチャーミングです。十分気をつけたがよろしい。

ところで、ツエルトの床面はどうしてるんですか?銀マット+クッション?自分も試してみようと思ってるんで。
[ 2011.10.04(Tue) 23:21] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5監督

えーと、何が目当てなんでしょう。
高額な壺や印鑑なら買えませんよ。

ツェルトはですね、地面にグランドシートも何も敷かずにそのまま設営、
中はリッジレストを敷いてるだけです。

リッジレスト
http://www.amazon.co.jp/dp/B003EFKMJW/ref=as_li_ss_til?tag=yamayanablog-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=B003EFKMJW&adid=15VVPHX1MESP19M24V6K&
[ 2011.10.05(Wed) 09:08] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

>高額な壺や印鑑なら買えませんよ。
ははは、素直じゃないですね、何のも下心もありませんて。

リッジレストって700gもありますね。せっかくツエルトが軽いのに、バランスがよくないような?
[ 2011.10.05(Wed) 22:57] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5監督

リッジレスト、そのままで使っている山ヤの方っていないのでは。
私も切り刻んで114gにして使ってますよ。
もうちょっと軽くできるかな。
[ 2011.10.05(Wed) 23:29] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/975-2b9d97dd
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。