top > 酒: 2010年 Beaujolais Nouveau
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 酒: 2010年 Beaujolais Nouveau 

2010年11月19日 ()
昨日 Beaujolais Nouveau 解禁日だったので、今年も飲んでみた。

じつは訳あって、9月13日からずっと禁酒してるんだけど。
この禁酒、12月初旬まで続けるつもりなんだけど、
その掟を破ってまでして。


今年は話題のペットボトルワインにトライ。
イオン限定の PHILIPPE de MERY (フィリップ ド メリー)。

PHILIPPE de MERY さんって誰? って思ったので、Yahoo! France で検索してみたんだけど、Top5 にはヒットせず… でも、フランスでも有名と思われる George Dubœuf (ジョルジュ デュブッフ) もヒットしなかったから別にマイナーってわけでもないのかな。


料理はポテト(マック)、鶏のから揚げ、ウサギのパテ+バゲット(アンデルセン)、
キャベツとアンチョビのピザ(スタバ)、サラダ

さて、ペットボトルワインについて。賛否両論があると思うけど、自分的には Beaujolais Nouveau はすぐ飲んでしまうものなので、ペットボトルでもいいと思う。ペットだと軽いので、空輸のときの燃料が減り、エコにもつながるそうだし、なんと言ってもお値段が安いのがいい。今まで1本飲んでたところ、2本飲める^-^

でも、フランス人的には嫌な人もいるみたいで。
こんなん見つけた:

ボジョレのペットボトルはノン 伝統壊すと仏統制委

この方の言い分もちょっとわかるかも。
自分も柔道着の色、カラーが許されたとき、
かなり違和感あったもんなあ。今でもあるし。


そいで、肝心の今年のお味。
自分的にはおいしかったけど、世間ではなんて言われているかと言うと。



「バランスの取れた味」

「2009年と同等の出来」



だそうだ。
で、2009年ってどうだったっけって思って調べてみたら。
95年から Beaujolais Nouveau の評価をまとめた有名なコピペに行きついた。
以下、貼り付け。

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「50年に1度の出来栄え」
10年「バランスの取れた味」「2009年と同等の出来」← 今ココ


さて、問題。
上の Beaujolais Nouveau の中で一番出来がいい年はいつでしょう?
そして出来が悪い年は?

物好きな方は全部に順番つけてくれるとうれしい^^


追記。
このエントリ、アップした後で、下の記事を見つけた。
ペットボトル Beaujolais Nouveau、今年限りになるかも?

ボージョレ・ヌーボー:ペットボトル入り、今年限り?ガラス瓶詰めが名乗れる条件

下にさらに追記があるので、そちらもよかったらどうぞ。


関連エントリ
2007年
酒: 今年の解禁日は…
2006年
酒: Beaujolais Nouveau 解禁!!!
酒: Bouchard Aîné & Fils ~ Beaujolais-Villages Nouveau
酒: George DUBOEUF ~ Beaujolais Nouveau
酒: Macon Villages Nouveau ~ l'Abbé Dumont
酒: CHANSON PERE & FILS ~ Beaujolais-Villages Nouveau
2005年
酒: Beaujolais Nouveau な日♪
酒: リベンジ!!! Beaujolais Nouveau!!!
酒: Beaujolais Nouveau 第三弾
酒: Beaujolais Nouveau 第四弾

関連商品


追記。

順番付け、やっぱ自分でやってみた。


結局、正確な順番はわからず…

trackbacks(0) | comments(4)edit 
↑top 


COMMENT

by ぜいぜい
うんとね、何年に一度っていうのはかなりの自信作。
風味とかバランスのみに言及しているのは、ぶどうの出来が悪い年。と、自分なりには思ってます。
ことしは、8月の天気が悪かった(たしか一昨日も)ので、多分深みはないだろうなあ。まだ、飲んでないし。
でもこういう年は、作り手の腕が試される年でもあるので、いろいろ飲んでみるのもいいかも。
私は、05が自分の好みでした。

by てる
ぜぜさん、上の評価を元に、
ぜひ順番づけしてみて!

私は結局わからなかった…(苦笑

by にゃみにゃみ。
各年の評価・・・
これに順位をつけようってのはかなり理系な発想・・?
私のアタマではムリなんですけど。

けど、並べて読んでみると面白いすね。

ヌーボーはペットボトルでいいと私も思います。
来年からなくなるんだったら、売れ残りを探して買ってみよーかなー。

by てる
v-5にゃみにゃみ。さん

微妙な表現方法なんですよねー。
そういえば何度も、「●年に一度の出来ばえ」って聞いたことがあって。
ちゃんとこうやってリストしてる親切な人がいて、自分的にはクリアーになりました。

ペットボトル、ほかに西友、ドンキがあるという話です。
でも、去年西友はあっというまに売り切れたとか。
がんばって探してみてください。
ちなみにイオンのも完売です。こちらは予約受付のみでした。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

うんとね、何年に一度っていうのはかなりの自信作。
風味とかバランスのみに言及しているのは、ぶどうの出来が悪い年。と、自分なりには思ってます。
ことしは、8月の天気が悪かった(たしか一昨日も)ので、多分深みはないだろうなあ。まだ、飲んでないし。
でもこういう年は、作り手の腕が試される年でもあるので、いろいろ飲んでみるのもいいかも。
私は、05が自分の好みでした。
[ 2010.11.19(Fri) 14:30] URL | ぜいぜい #aRYHo2sk | EDIT | ↑ 

ぜぜさん、上の評価を元に、
ぜひ順番づけしてみて!

私は結局わからなかった…(苦笑
[ 2010.11.19(Fri) 15:01] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

各年の評価・・・
これに順位をつけようってのはかなり理系な発想・・?
私のアタマではムリなんですけど。

けど、並べて読んでみると面白いすね。

ヌーボーはペットボトルでいいと私も思います。
来年からなくなるんだったら、売れ残りを探して買ってみよーかなー。
[ 2010.11.19(Fri) 19:09] URL | にゃみにゃみ。 #B8xSsyyA | EDIT | ↑ 

v-5にゃみにゃみ。さん

微妙な表現方法なんですよねー。
そういえば何度も、「●年に一度の出来ばえ」って聞いたことがあって。
ちゃんとこうやってリストしてる親切な人がいて、自分的にはクリアーになりました。

ペットボトル、ほかに西友、ドンキがあるという話です。
でも、去年西友はあっというまに売り切れたとか。
がんばって探してみてください。
ちなみにイオンのも完売です。こちらは予約受付のみでした。
[ 2010.11.19(Fri) 19:18] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/924-a78cfeca
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。