top > ツェルトビバーク訓練(4) 強風編
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 ツェルトビバーク訓練(4) 強風編  

2010年05月07日 ()
再びツェルトビバーク訓練。

って、もう4回目だし。いつまで続くんだ… ってかんじ。
じつはただのツェルトデイキャンプに、
blogネタのため 「訓練」 って名前をつけてるだけだったりして(笑


今回は強風編。
風があるとツェルトは立てにくいと聞いたが、実際どんなものなのか。


ready, go!!!


おやっ


お尻側をストックで固定しただけで、風の影響で頭側も立ち上がった。


ほら、頭側のストック、固定してないで転がっているでしょ?

もう、これでいっか…
ってワケにはいかない(笑


一応頭側も固定。風のせいでツェルトがパンパンに膨らんでいる。


ちなみに風がない状態はこんなにスリム。

中はどうなっているかというと…


風のおかげで広くなっている。


無風のときより全然広い。強風、ひょっとしていいのか? (笑

こんな薄っぺらい布切れ1枚だから風が強いときはさぞや中も風の影響を受けるんだろうと思っていたが、意外や意外、影響あまりなし。画像のようにけっこう風が強かったので、体感温度が低く、ツェルトを設営している間にどんどん寒くなっていったくらいなのだが、ツェルトの中に入ったら風をよけられ、暖かくなった。

暖かいので、中でコロッケサンドを食べてお茶。しみじみと壁を見ていると…、このツェルト、きちんと使ったことがないのに、ところどころ針でつついたような小さな穴がいくつかできている。2002年だか2003年だかに買ったのでもう7-8年選手だから? でも、お遊びでしか張ったことないのに… まあいいや、このツェルトがだめになったら次に買いたいのはだいたい決まっているから(笑


お茶の後は、ストックをロープ2本ではなく1本で固定する方法もやってみた。


こんなかんじ。画像だとわかりにくいかな。外したロープ、まとめなかったし。


上がストックをロープ2本で固定している場合。
下が1本で固定している場合。

さすがにロープ1本だと、ストックがゆらゆら揺れて心許ない。
強風のときは2本で固定した方がいいかも。


最後に、ブルーシートでフライを作ってみようとしたのだが…


ぬおおっ


こっ、これは手ごわいっ


うぬぬ…


ぐはあっ



はあはあ。
しょうがない、今日のところは勘弁してやるか…。



強風時は、ダブルウォールのドーム型テントでも、フライが飛ばされることもあるので、ツェルトの場合は張らない方がいいかも^^;


さて、これで、長らく続いた 「ツェルトビバーク訓練」 も終了。
今後は、実際にキャンプや山で使ってみたいと思う。
これだけやったんだから、なんとかなるでしょ(笑


関連エントリ
ツェルト張りに関して ―ツェルト張り訓練・使用履歴の一覧

参考サイト
HERITAGE/エマージェンシー・ツェルト
アライテント/ツェルトの設営方法

関連商品



trackbacks(0) | comments(6)edit 
↑top 


COMMENT

by 食う寝るさんだ~す
う~ん、すばらしい考察だす。
風があれば室内が広がる・・・当たり前だけど気がつかないものですな。
今後も、この手のレポに期待です。

ツェルト by てるさんのファン
こんばんは

いつもとってもためになるレポありがとうございます。
私も写真と同じようなツェルトを持っています。
一昨年のGWに大峰奥駈けしたときに2泊、昨年の夏に南アルプスに登った時に2泊ツェルトで泊まりました。
感想は寝るだけなら十分と思いました。
私になりに問題点と解決策を整理しますと以下のとおりになります。

問題点は、
1.ツェルト内の結露が凄く、時間が経つと天井から水滴が落ちてくる。
2.強風時にツェルトが持つか不安。
3.降雨時に雨が入ってきそう。(降雨時には使ったことないです。)
4.隙間から蟻とか入ってくる。

解決策
1.ゴアテックスのシュラフカバーに包まって寝る。
2.なるべく風除けになるところに設営する。
3.雨が降りそうなときはあきらめて山小屋に泊まる。もしくはテントを持っていく。
4.隙間から虫が入ってきても気にしない。

by てる
v-5食う寝るさん

いや、今回はたまたまです。
この前、風が吹いたときは室内狭くなりましたから^^;

by てる
v-5てるさんのファンさん

えーと、昨年末にコメントいただいた方でしょうか。
うーん、困りますねー(苦笑
別なハンドルネームつけていただかないと、
コメント承認できなくなりますねー^^;

ツェルトの実体験、わざわざありがとうございます^^
虫対策には、どこでもベープを考えてます。
アリにきくかどうかはわかりませんが、蚊とかはばっちりです。

by きぬ
あ、てるさんの隠れファンって結構いるんだよね~。
私も自称その一人です。(隠れてはいませんが)
ぱんぱんなツェルト、なんかかわいいですね~。
うちの車に乗ってる埴犬に似てる。
イラスト入りでわかりやすいです。

by てる
v-5きぬさん

はあ、これでやっときぬさんへのコメント返し終わるかな(笑

きぬさんはファンじゃなくて僕(しもべ)でしょ。
私が弱みを握ってるから(笑

埴犬…
埴犬にもツェルト作ってあげてください。

パンパンなツェルトは内部が広くてよかったです。
風の強いときは、風向きを考えて張ると、
内部が広く使えるのかもと思いました。
ただ、風って常に一定の方向から吹いてくるわけじゃないんですよね。


コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

う~ん、すばらしい考察だす。
風があれば室内が広がる・・・当たり前だけど気がつかないものですな。
今後も、この手のレポに期待です。
[ 2010.05.07(Fri) 21:03] URL | 食う寝るさんだ~す #HfMzn2gY | EDIT | ↑ 

こんばんは

いつもとってもためになるレポありがとうございます。
私も写真と同じようなツェルトを持っています。
一昨年のGWに大峰奥駈けしたときに2泊、昨年の夏に南アルプスに登った時に2泊ツェルトで泊まりました。
感想は寝るだけなら十分と思いました。
私になりに問題点と解決策を整理しますと以下のとおりになります。

問題点は、
1.ツェルト内の結露が凄く、時間が経つと天井から水滴が落ちてくる。
2.強風時にツェルトが持つか不安。
3.降雨時に雨が入ってきそう。(降雨時には使ったことないです。)
4.隙間から蟻とか入ってくる。

解決策
1.ゴアテックスのシュラフカバーに包まって寝る。
2.なるべく風除けになるところに設営する。
3.雨が降りそうなときはあきらめて山小屋に泊まる。もしくはテントを持っていく。
4.隙間から虫が入ってきても気にしない。
[ 2010.05.07(Fri) 21:58] URL | てるさんのファン #- | EDIT | ↑ 

v-5食う寝るさん

いや、今回はたまたまです。
この前、風が吹いたときは室内狭くなりましたから^^;
[ 2010.05.08(Sat) 00:56] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

v-5てるさんのファンさん

えーと、昨年末にコメントいただいた方でしょうか。
うーん、困りますねー(苦笑
別なハンドルネームつけていただかないと、
コメント承認できなくなりますねー^^;

ツェルトの実体験、わざわざありがとうございます^^
虫対策には、どこでもベープを考えてます。
アリにきくかどうかはわかりませんが、蚊とかはばっちりです。
[ 2010.05.08(Sat) 01:00] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

あ、てるさんの隠れファンって結構いるんだよね~。
私も自称その一人です。(隠れてはいませんが)
ぱんぱんなツェルト、なんかかわいいですね~。
うちの車に乗ってる埴犬に似てる。
イラスト入りでわかりやすいです。
[ 2010.05.08(Sat) 14:48] URL | きぬ #8OglAeDc | EDIT | ↑ 

v-5きぬさん

はあ、これでやっときぬさんへのコメント返し終わるかな(笑

きぬさんはファンじゃなくて僕(しもべ)でしょ。
私が弱みを握ってるから(笑

埴犬…
埴犬にもツェルト作ってあげてください。

パンパンなツェルトは内部が広くてよかったです。
風の強いときは、風向きを考えて張ると、
内部が広く使えるのかもと思いました。
ただ、風って常に一定の方向から吹いてくるわけじゃないんですよね。

[ 2010.05.08(Sat) 15:27] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/883-11bcda31
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。