top > アイガー北壁
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 アイガー北壁 

2010年04月09日 ()


観てきました。
重い、重いっす…

事実を元に作られた映画なので、その事実を知らない方は、
事前に何も調べず観に行った方がいいと思います。
自分は何も知らずに行きました。


映画は冒頭からアイガーの迫力ある北壁が映し出されます。これを見て、自分はバリバリ鳥肌立ちました。っていうか、終始かっこいいアイガーの壁が出てくるので鳥肌立ちまくり。アイガーは山をやる前に実物を見たことがあるんですが、そのときはこれほどぞわぞわしませんでした。やっぱ山ヤになったら違うんだな(笑

岩はここ1年お休みしてたんだけど、またやりたくなりました。
やっぱ岩は山女のロマンですものね~。


感想ですが、ネタバレになるので詳しいことは書けませんが、バレない程度に。

感想1
ヒロインはなぜあの女優さん?
もうちょっとかわいくてもいいのでは(笑

感想2
クライマーはなぜ皆オッサン?実際は20代前半だったのでは?
オバチャン的には目の保養に若い男の子希望。

感想3
あんな原始的な装備で登ってたなんて信じられない。
ハーネスなし、確保器なし、麻縄、ハーケン1枚、
肩がらみビレイでよくあんな墜落を止められるな。
防寒着もなにあれ? 自分だったらあんなビバークしたらすぐ死んでる。
ほんと昔は選ばれた者しか山に登れなかったんだな…


こんなところでしょうか。
要するにイケメン・美女に限った映画ではないかと(笑
いや、違う。
昔の人は偉かったってことで。


運命を分けたザイル』 を観に行ったときもそうだったけど、こういうハードな山映画を観ると、つくづく自分の山に対する態度を反省させられます。寒いからだけで戻ってくんな!ってかんじ(笑) あ、でも北鎌仙ノ倉北尾根に行ったときは寒さに耐えたなあ(しょせん最低でも氷点下5℃ぐらい)。やっぱ行くルートによってモチベーションが違うってことで…

山に対するモチベーションが下がったときはこういう映画は必見ですね。自分は映画を観終わったらすぐにでも山に行きたくなりました。奥秩父主脈縦走を寒いからってこの前敗退して、リベンジは雪が溶けてからトレランでと思ってましたが、やっぱり雪が残っているときに行こうか、なんて思い直してきました。でも、時間がとれないかも^^;


この映画、関東では有楽町新宿桜木町でしかやってないんですね。有楽町は水曜は男でも女でも千円、桜木町は水曜は女千円。シニアの方は水曜はなるべく避けてください…(笑)


あ、そうそう、この映画を観る前に、せめてルートだけでも予習、と思ってある本を電車の中で読んで行ったんですよ。が、いくらページをめくってもアイガー北壁が出てこない。なんでだ~と思って、表紙を見てみたら。


私の北壁 ― 登頂記シリーズ1 マッターホルン

北壁違いだった…


関連サイト
映画 『アイガー北壁』 オフィシャルサイト

関連商品






trackbacks(0) | comments(6)edit 
↑top 


COMMENT

by じーや♪
>やっぱ岩は山女のロマンですものね~。

そうです、そうです姫様。

by 姫
v-5

> >やっぱ岩は山女のロマンですものね~。
> そうです、そうです姫様。

岩は山男のロマンでもあると姫は思うぞ…

by じーや♪
>岩は山男のロマンでもあると姫は思うぞ…

グサッって、じーや♪は〇男では・・・です。v-12
またインドアでお会いすることがあるかもですね。

by 姫
えっ、爺は山男ではないのか?!
あっ、岩男?

インドア、姫はもう半年以上も行ってない気がする…
でも、これを機会にまた始めようかと思うのじゃよ。

by Licca Channel
会社から徒歩5分だし、新しい映画館だし、
ますます行きたくなったけど・・・アリスも捨てがたい。

by てる
v-5Licca Channelさん

お久しぶりですね。
おすすめの映画なんでぜひどうぞ。

アリス?
そのアリスとやらと、北壁を両方観るのではだめ?

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

>やっぱ岩は山女のロマンですものね~。

そうです、そうです姫様。
[ 2010.04.10(Sat) 11:02] URL | じーや♪ #aYDccP8M | EDIT | ↑ 

v-5

> >やっぱ岩は山女のロマンですものね~。
> そうです、そうです姫様。

岩は山男のロマンでもあると姫は思うぞ…
[ 2010.04.10(Sat) 11:32] URL | 姫 #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

>岩は山男のロマンでもあると姫は思うぞ…

グサッって、じーや♪は〇男では・・・です。v-12
またインドアでお会いすることがあるかもですね。
[ 2010.04.11(Sun) 16:16] URL | じーや♪ #aYDccP8M | EDIT | ↑ 

えっ、爺は山男ではないのか?!
あっ、岩男?

インドア、姫はもう半年以上も行ってない気がする…
でも、これを機会にまた始めようかと思うのじゃよ。
[ 2010.04.11(Sun) 23:04] URL | 姫 #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

会社から徒歩5分だし、新しい映画館だし、
ますます行きたくなったけど・・・アリスも捨てがたい。
[ 2010.04.14(Wed) 16:39] URL | Licca Channel #- | EDIT | ↑ 

v-5Licca Channelさん

お久しぶりですね。
おすすめの映画なんでぜひどうぞ。

アリス?
そのアリスとやらと、北壁を両方観るのではだめ?
[ 2010.04.14(Wed) 17:14] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/861-412dc5b1
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。