top > 日光ぐるめの旅(4) スノーウォーキング
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 日光ぐるめの旅(4) スノーウォーキング 

2010年03月09日 ()
日光ぐるめの旅(3) 湯守釜屋」 からの続きです。

旅館の朝食バイキングもしっかり二人前食べてしまったため、日光市内で美味いものを食べるためにはきちんとカロリーを消費しなければなりません。ということで、降りしきる雪の中、朝食後チェックアウト前に湯元温泉に散歩に出かけたのでした。

昨日と一変してあたりはすっかり雪に包まれていました。


車道は真っ白だし。



温泉寺入口。シーズン中は温泉に浸かることができるそうです。


源泉も雪景色。


宿に戻ってチェックアウトを済ませ、バスで竜頭の滝へ。


竜頭の滝も、粉砂糖をまぶしたように雪がついて風流。


滝を見た後もカロリーを消費させるため、雪の中をウォーキング。予想はしていたけど、こんな天気の中誰も歩いてないし^^;


中禅寺湖。寒々しい…


菖蒲が浜遊歩道というのがあったので歩いてみました。


樹林帯の中なので多少雪を避けられます。

山の準備は一応してきてたんで、防寒はばっちりだったんですが、出し惜しみをして冬用アウターを持ってこなかったので、フードに風防がついてなくて顔に雪と風が叩きつけて寒かったです。ずっと向かい風だったんで。でも稜線の風に比べたら全然そよ風だし、凍傷になるなんてことはないだろうと思って我慢してました。たぶん一般人ならすぐにバスに乗ったと思いますが。

1時間も歩いた頃、二荒山神社中宮祠(ふたらさんじんじゃ)到着。


ここに男体山の登山口があるらしい。登山料500円という話。


一応拝んでいきますか。


寒いけど、手水舎へ。


お清めをしたら手がちぎれるように痛い…;_;

この天気なので、観光客はまったく来ないとみたのか、売店などに人の気配なし^^; 商売っ気ないですね。それとも暖房費の方がかかっちゃうのかな。人はいなかったけど、一応賽銭を入れて拝んできました。自分的にはこれが2010年初詣だったり。

結局この後、遊覧船発着所を経て、雪の中、中禅寺温泉までの5.7kmを歩いたのでした。


こんなかんじ。


日光ぐるめの旅(5) 再び食べ歩き」 に続く。


山に比べたらたいしたことないか…

関連エントリ
日光ぐるめの旅(1) 日光市内食べ歩き
日光ぐるめの旅(2) お湯比べ
日光ぐるめの旅(3) 湯守釜屋
日光ぐるめの旅(4) スノーウォーキング このエントリ
日光ぐるめの旅(5) 再び食べ歩き
日光ぐるめの旅(番外編) 神谷バー
奥日光 山王帽子山 (2006年12月)
奥日光 高山 (2006年12月)
雪上訓練 in 日光白根 (2007年12月)
菖蒲ヶ浜でキャンプ (2010年5月)
中禅寺湖一周トレラン (2010年5月)
雨の中の高山 (2010年5月)

参考サイト
社団法人 日光観光協会
日光 二荒山神社 … 男体山近辺の様子がほぼ毎日アップ。ライブカメラもあり。
日光の各種フリー券

trackbacks(0) | comments(2)edit 
↑top 


COMMENT

by ぜいぜい
冬旅行いいね~
お客様は少なそうなのにお子たちは多いんだ。
親はそういう時こそ子供に社会性を教えるいいチャンスなのにね。しっかり躾けてもらいたいものだね。
2日目は雪も多そうでいい感じじゃないですかあ。

by てる
v-5ぜぜ様

2日目のスノーウォーキングなかったらちょっとね(笑
でも、ほんとは雨じゃなくて雪だったらきりこみ湖とか外山ぐらいまで歩いて行こうとか言ってたんだけど。
やっぱグルメになってしまった~^^;

子供はまあ下々の家庭だったみたいでしょうがないんでしょう。
親も放置状態だったし。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

冬旅行いいね~
お客様は少なそうなのにお子たちは多いんだ。
親はそういう時こそ子供に社会性を教えるいいチャンスなのにね。しっかり躾けてもらいたいものだね。
2日目は雪も多そうでいい感じじゃないですかあ。
[ 2010.03.12(Fri) 21:55] URL | ぜいぜい #aRYHo2sk | EDIT | ↑ 

v-5ぜぜ様

2日目のスノーウォーキングなかったらちょっとね(笑
でも、ほんとは雨じゃなくて雪だったらきりこみ湖とか外山ぐらいまで歩いて行こうとか言ってたんだけど。
やっぱグルメになってしまった~^^;

子供はまあ下々の家庭だったみたいでしょうがないんでしょう。
親も放置状態だったし。
[ 2010.03.13(Sat) 12:35] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/843-a5455424
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。