top > ツェルトビバーク訓練(2)
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 ツェルトビバーク訓練(2) 

2009年11月28日 ()
放置プレイ長過ぎましたが、第2回ツェルトビバーク訓練の結果です。



第1回はこちらから:
ツェルトビバーク訓練(1) 設営編
ツェルトビバーク訓練(1) ビバーク編

続きは長いので下から↓

とりあえずはデータから。

ビバーク日時:
2009年11月28日、夜中の0時から朝の6時ぐらいまでの6時間弱。
天気:
くもり?ちょい風。
外気温:
10℃ぐらい。
ツェルト内部の温度:
謎。
ツェルト:
HERITAGEエマージェンシー・ツェルト
寝具:
HERITAGEのマミー型シュラフカバー、むさしの山荘オリジナルシュラフ、夏用+アルファ(羽毛量300g)
マット:
100円ショップで買ったブルーシート2枚折りをグランドシートに。内部は、上半身はTHERMAREST(サーマレスト) RidgeRest(リッジレスト)を半分に切ったもの、下半身はOR(アウトドアリサーチ) ドライコンプサミットサックとザックカバー。
衣類:
この時期下界でする格好に、むさしの山荘ダウンセーターを着たぐらいの格好。
結露:
今回は結露しまくり。まあ、天気情報を見ると、結露して当然っていうデータなのだが。
Yahoo!天気情報/過去の天気/東京都/東京/2009年11月27日
 天気 晴れ
 最高気温 18.0℃
 最低気温 10.5℃
 露点温度 10.2℃
 湿度 62%
Yahoo!天気情報/過去の天気/東京都/東京/2009年11月28日
 天気 晴れ
 気温 最高気温 17.7℃
 最低気温 10.8℃
 露点温度 4.3℃
 湿度 43%
寒さ:
前回に比べたら、全然気温が高かったので暖かかった。さらに今回はシュラフとシュラフカバーをちゃんと持ってきていたので、とてもいい状態で眠ることができた。ヘタレな話だけど、じつは前回のビバーク後に、風邪とは違う原因不明の微熱がしばらく続いた。だから今回は完全装備。というワケで、寝ているときの寒さは全然参考にならず。
換気:
前回同様、ベンチレーター、ホックなどすべて閉め切った状態。とくに息苦しくなかった。

さて、覚書。まず風対策。今回は第1回のとき (河原バーベキューとも言う) と違って、少し風があった。なもんでツェルトの張り方をちょいと工夫してみた。第1回はツェルトの壁のたるみ防止に、底辺にアンカーを作ってテンションをかけて壁を延ばしたが、今回は底辺でなく壁の中央よりにアンカーを作った。




実際はこんなかんじ。

で、風の具合はどうだったかというと:


ふくらんだり…たるんだり…

やっぱ風によって壁がたるむことは避けられないのか。完璧にたるまないということは無理だろうけど、もうちょっとたるまないように張れたらいいな。次回への課題。


それから天井の高さ。前回のレポでも書いたが、テンションをかけるアンカーを壁の中央よりにすると天井が低くなるのだ。


前回はこのように天井がまっすぐ。

今回はこんなに天井が落ちている。

天井が低くなったせいで、内部は異常に狭く感じられた。


狭っ。157cmのモデルでも天井に頭がつきまくり。

ツェルトのサイズはこちら


縦190cm、横80cm、高さ90cm。

数値的に見ると自分にはちょうどいい広さだと思うが、今回天井が落ちたことによってものすごく狭いと思った。風が吹いて壁が体にあたったことも原因だと思う。張り方、風の状況によって大きさがこんなにも違く感じられるのか…

でも、この前白馬大池で見たツェルトは、壁の真ん中から張り綱を張ってたけど天井が落ちてなかったよなあ。天井が落ちるのは、自分の張り方が悪いのか?


白馬大池で見たツェルト。モンベルのだと思われ。これに2人で寝ていた。すごい。

ツェルトをゴムで吊り下げているのがいけないのかも。ゴムを伸びないスリングに替えてみるとか。


今んとこ、ツェルトはゴムで吊り下げている。

ってなかんじでまだまだ張り方も研究が必要。


最後に結露について。今回はばりばり結露しまくった。23:00ぐらいから下草が湿って靴が濡れていたことからもわかるように、露点温度が高かったので、まあ結露するのもしょうがないだろう。上に戻って天気のデータを読むのもめんどくさいと思うので、もう1回張りつけ:

Yahoo!天気情報/過去の天気/東京都/東京/2009年11月27日
 最高気温 18.0℃
 最低気温 10.5℃
 露点温度 10.2℃
 湿度 62%
Yahoo!天気情報/過去の天気/東京都/東京/2009年11月28日
 天気 晴れ
 気温 最高気温 17.7℃
 最低気温 10.8℃
 露点温度 4.3℃
 湿度 43%


で、こんなかんじに結露でっす。

上のように壁が一面濡れているので、天井が低くなった狭いツェルトから体を濡れた壁につけずに脱出するのは至難の技だった。とくにこのツェルトは入口が狭いんで。やっぱ雪山同様、シュラフから出たと同時にすぐカッパとか着なきゃだな。もっと風が強かったら濡れたツェルト壁が常に体にべったり…って状態なんだろうな。いやだなぁ。

そうそう、ツェルトの入口をくぐりぬけるのにこんな工夫をしてみた。


洗濯バサミで入口を止めてみた。

こうでもしないと、濡れた入口が体にべったりついて、とてもじゃないけどとツェルトの中から抜け出せなかった。ただ、洗濯バサミ(上で使っているものは2g)を持っていくと荷物が重くなっちゃうし… 入口を止めておけるような紐でもついていればいいのに。finetrackのツェルトなんかはもともとついているみたいだけど。使用頻度が高くなったら自分で縫いつけるとするか。

覚書は、ってなかんじで。


次回はもうちょっと強い風の中、それから雨の中でのビバーク訓練をしたい。
なワケでツェルトビバーク訓練はまだまだ続くのだ… たぶん…


追記。
ツェルト張りの訓練・使用履歴の一覧をアップしました。
下のリンクからどうぞ。


関連エントリ
heavenly blue/シェルター初張り~まえがき
heavenly blue/シェルター初張り~本編
ツェルト張りに関して ―ツェルト張り訓練・使用履歴の一覧

参考サイト
HERITAGE/エマージェンシー・ツェルト
アライテント/ツェルトの設営方法

関連商品

モンベル U.L.ツェルトモンベル U.L.ツェルト
モンベル(mont-bell)

商品詳細を見る

モンベル(mont-bell) ライトツェルト SPGN 1122272モンベル(mont-bell) ライトツェルト SPGN 1122272
モンベル(mont-bell)

商品詳細を見る

アライテント スーパーライト・ツェルト1アライテント スーパーライト・ツェルト1
ARAI TENT(アライテント)

商品詳細を見る

パイネ(パイネ) ゴアライトXツェルト 1-2人用パイネ(パイネ) ゴアライトXツェルト 1-2人用
パイネ(パイネ)

商品詳細を見る

ARAI TENT(アライテント) シングルツェルト 370800ARAI TENT(アライテント) シングルツェルト 370800
アライテント

商品詳細を見る

スノーピーク(snow peak) ジュラVペグ 6本セット R-045-1スノーピーク(snow peak) ジュラVペグ 6本セット R-045-1
スノーピーク(snow peak)

商品詳細を見る

スノーピーク(snow peak) アルミ自在12個セット R-038-1スノーピーク(snow peak) アルミ自在12個セット R-038-1
スノーピーク(snow peak)

商品詳細を見る

THERMAREST(サーマレスト) RidgeRest(リッジレスト)THERMAREST(サーマレスト) RidgeRest(リッジレスト)
THERMAREST(サーマレスト)
商品詳細を見る

OR(アウトドアリサーチ) ドライコンプサミットサック キャニー 36600OR(アウトドアリサーチ) ドライコンプサミットサック キャニー 36600
OR(アウトドアリサーチ)
商品詳細を見る


trackbacks(0) | comments(10)edit 
↑top 


COMMENT

気になる結果 by アルピニスとし
結露とかどうなったのだろう…
続きが気になります。

by てる
v-5アルピニスとしさん

画像どおりですよ。
めちゃ結露しました。

とても参考になりました。 by アルピニスとし
詳細が明確でとても参考になりました。湿度が60%以上というのはやはり大変結露しやすいようですね。僕も近々実験を考えているのですが、換気と防風という相反した問題をどう解決するか、あるいは結露を想定して自分が濡れないようにする方向に絞るのか少し悩んでいます。ファイントラック製を入手するかで現在なやみちゅうでもあります。

by てる
v-4アルピニスとしさん

ファイントラックのツェルト、ぜひ入手して実験してください(笑
私もかなり興味あります。

by REI
噂ですが、FTのも結露は出来るそうです。
というか、条件次第なんでしょうけど。

私らが去年した時も、アンカーっていうのですか、下から1/3位から引きましたが、天井は落ちませんでした。 張り方はツェイルトポールを使うのと、横に張り綱?を渡して、そこにツェルトを下げる?形で張りました。
また、殆ど無風に近い上に、風を避けて張ったので、影響は無かった様です。
アライの一人用に一人、二人、二人用に二人の3張り。
ベンチレーションは開けて、結露の話は出なかったので、降るほどではなかったのかなあ。
気温は明け方で-3℃。 湿度は低かったと思います。
そうい私は、ツェルトですらなかったので、空気スウスウで、結露は自分の呼気部分(氷ね)だけでしたけど。

しかしてるさん、凝り性!
冬山で使うのですか? 
やっぱりなんちゃってハイカーの、なんちゃってビバーグ体験とは全然違いますね。
とてもお勉強になりました。 感謝。

by てる
v-5REIさん

> FTのも結露は出来る

そうらしいでね。ダメダメってレポを見たことがあります。
たぶん同じところを見た?(笑
まあ、結露がまったくないってのはありえないでしょうね。
結露っていうか夜露・朝露で湿りますよね。
この訓練を行った日も、ツェルトをあけっぱなしにしておいて、
宴会後に入って寝ようとしたら、すでに外壁も内壁も濡れてましたから。
露点温度の問題なんでしょうね。

> 横に張り綱?を渡して、そこにツェルトを下げる?形で張りました。

張り綱は伸びたりたるんだりはしませんでした?
どのような綱をお使いでしたか?
細いロープの方が伸び率が高くてたるみそうな気がするんですよね。

冬山でツェルトは私は使えませんね~。
blog内で何度も言及してるように、ものすごい寒がりなんですよ。
たぶんツェルト使ったら残雪期でも凍死する自信がありますv-221

by きぬ
ブログアップ中断してしまったので、気分転換にお邪魔しに来ました。ああ、輝珍さまは研究熱心ですね。
あんなに秘密の話にケタケタ笑っていたのに、ちゃんとポイントは抑えていらっしゃる。
それにしても、あの日は夜露がかなりでしたね、外に置いた段ボールやシートがぐっしょりでした。川のそばということもあるかもしれないですが、たまには外で寝るというのも、自然の力と自分の体力を実感できていいものです。ま、いつもいい条件とは限らないですから。次回は雨の中?

by てる
v-5きぬさん

ケタケタ…
もっとかわいく笑ってたと思うんですけど。
「ころころ」とかどうですかね?

うん、夜露すごかったですね。
外にあったもの何もかもびっしょり。
きぬさんのニューシェルターはさすがに新しいだけあってきれいに水をはじいてましたね。

そう、次回…
雨の中、風の中、そして山の中を予定してます。
よかったらどうですか?

あ、そういや雲取山はもうすっかり雪みたいですよ。
きぬさんの大ちゃん初張り山行ではもうそこらへんは使えないかな?
もっと標高が低い、関東近辺の山ってないですかね。

おもしろいですツエツトのお話! by イガラシ
おもしろいです!ツエルト編集!
細かい説明がおもしろい!
わたしはマウンテンダックスのエアツエルト持っています。もちろんつかったことありません笑
ぜひわたしもいろいろ試してみたい!と思いました。
でも固定のしかたがよくわからん。

by てる
イガラシさん

古いエントリにコメントありがとうございます。

最近ではテントの代わりにツェルトを使うようになりました。

ツェルトの設営の仕方ですが、
上のアライテントさんのリンクに詳しく載ってますよ。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

結露とかどうなったのだろう…
続きが気になります。
[ 2009.12.02(Wed) 17:42] URL | アルピニスとし #- | EDIT | ↑ 

v-5アルピニスとしさん

画像どおりですよ。
めちゃ結露しました。
[ 2009.12.03(Thu) 15:35] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

詳細が明確でとても参考になりました。湿度が60%以上というのはやはり大変結露しやすいようですね。僕も近々実験を考えているのですが、換気と防風という相反した問題をどう解決するか、あるいは結露を想定して自分が濡れないようにする方向に絞るのか少し悩んでいます。ファイントラック製を入手するかで現在なやみちゅうでもあります。
[ 2009.12.11(Fri) 18:51] URL | アルピニスとし #- | EDIT | ↑ 

v-4アルピニスとしさん

ファイントラックのツェルト、ぜひ入手して実験してください(笑
私もかなり興味あります。
[ 2009.12.11(Fri) 19:27] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

噂ですが、FTのも結露は出来るそうです。
というか、条件次第なんでしょうけど。

私らが去年した時も、アンカーっていうのですか、下から1/3位から引きましたが、天井は落ちませんでした。 張り方はツェイルトポールを使うのと、横に張り綱?を渡して、そこにツェルトを下げる?形で張りました。
また、殆ど無風に近い上に、風を避けて張ったので、影響は無かった様です。
アライの一人用に一人、二人、二人用に二人の3張り。
ベンチレーションは開けて、結露の話は出なかったので、降るほどではなかったのかなあ。
気温は明け方で-3℃。 湿度は低かったと思います。
そうい私は、ツェルトですらなかったので、空気スウスウで、結露は自分の呼気部分(氷ね)だけでしたけど。

しかしてるさん、凝り性!
冬山で使うのですか? 
やっぱりなんちゃってハイカーの、なんちゃってビバーグ体験とは全然違いますね。
とてもお勉強になりました。 感謝。
[ 2009.12.11(Fri) 21:00] URL | REI #Q0/G/4Qc | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

> FTのも結露は出来る

そうらしいでね。ダメダメってレポを見たことがあります。
たぶん同じところを見た?(笑
まあ、結露がまったくないってのはありえないでしょうね。
結露っていうか夜露・朝露で湿りますよね。
この訓練を行った日も、ツェルトをあけっぱなしにしておいて、
宴会後に入って寝ようとしたら、すでに外壁も内壁も濡れてましたから。
露点温度の問題なんでしょうね。

> 横に張り綱?を渡して、そこにツェルトを下げる?形で張りました。

張り綱は伸びたりたるんだりはしませんでした?
どのような綱をお使いでしたか?
細いロープの方が伸び率が高くてたるみそうな気がするんですよね。

冬山でツェルトは私は使えませんね~。
blog内で何度も言及してるように、ものすごい寒がりなんですよ。
たぶんツェルト使ったら残雪期でも凍死する自信がありますv-221
[ 2009.12.11(Fri) 21:30] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

ブログアップ中断してしまったので、気分転換にお邪魔しに来ました。ああ、輝珍さまは研究熱心ですね。
あんなに秘密の話にケタケタ笑っていたのに、ちゃんとポイントは抑えていらっしゃる。
それにしても、あの日は夜露がかなりでしたね、外に置いた段ボールやシートがぐっしょりでした。川のそばということもあるかもしれないですが、たまには外で寝るというのも、自然の力と自分の体力を実感できていいものです。ま、いつもいい条件とは限らないですから。次回は雨の中?
[ 2009.12.12(Sat) 10:46] URL | きぬ #8OglAeDc | EDIT | ↑ 

v-5きぬさん

ケタケタ…
もっとかわいく笑ってたと思うんですけど。
「ころころ」とかどうですかね?

うん、夜露すごかったですね。
外にあったもの何もかもびっしょり。
きぬさんのニューシェルターはさすがに新しいだけあってきれいに水をはじいてましたね。

そう、次回…
雨の中、風の中、そして山の中を予定してます。
よかったらどうですか?

あ、そういや雲取山はもうすっかり雪みたいですよ。
きぬさんの大ちゃん初張り山行ではもうそこらへんは使えないかな?
もっと標高が低い、関東近辺の山ってないですかね。
[ 2009.12.12(Sat) 12:09] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

おもしろいです!ツエルト編集!
細かい説明がおもしろい!
わたしはマウンテンダックスのエアツエルト持っています。もちろんつかったことありません笑
ぜひわたしもいろいろ試してみたい!と思いました。
でも固定のしかたがよくわからん。
[ 2015.05.19(Tue) 23:47] URL | イガラシ #XcXk9mnU | EDIT | ↑ 

イガラシさん

古いエントリにコメントありがとうございます。

最近ではテントの代わりにツェルトを使うようになりました。

ツェルトの設営の仕方ですが、
上のアライテントさんのリンクに詳しく載ってますよ。
[ 2015.05.20(Wed) 14:57] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/798-bd097f5f
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。