top > 槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 2日目(1) P9手前~独標
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 2日目(1) P9手前~独標  

2009年09月11日 ()
北鎌尾根2日目。
つい明るくなってから起きてしまった。
本当は日の出とともに歩きたかったのに。

夜はいまいちよく眠れなかった。テン場が微妙に傾斜していて、背中に岩があたって寝心地が悪かったので。山で寝不足なのはデフォルトなので、気にせず起き出して朝食の支度。昨夜と同じくまた袋飯なので、お湯を沸かすだけ。お湯を沸かしてご飯を戻す間、シュラフとテントを畳み、パッキングをする。それからできあがったにんにく臭い袋飯を食べて、出発。6時を過ぎてしまった。


今日の核心はこちらの独標から始まる。

(このエントリは 「槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 1日目(2) 水俣乗越~P9手前」 からの続きです)


本日の行動予定は、天狗の腰掛(P9)を通って独標(P10)を踏み、その後、数々のピーク(P11~P15)を越えて北鎌平に出、穂先へ登って肩の小屋に下り、南岳を通って南岳山荘まで行くつもり (下図参照)。自分的な核心部は、1. 独標の登り 2. 独標~北鎌平のルートファインディング 3. 山頂直下のチムニー、の3つ。





テン場から天狗の腰掛(P9)までは傾斜のきつい木登り。北鎌のコルから独標のコルまでは踏跡ばっちりでルーファイの必要はまったくないので、まだ完全に覚めきってない頭にはちょうどよかった。さらに木登りなので、ホールド・スタンス共にしっかりしているので、ウォーミングアップには最適だった。やっぱりテン場をP9手前にしたのは正解。

が、天気はいまいちよくなく、空はどんより曇っていた。やっぱり一昨日に来て、昨日のうちに北鎌を登ればよかったか…


曇天の下の鷲羽と水晶。


そして双六。いずれも8月に縦走した山々

P9の天狗の腰掛に着くと、P10の独標が目の前に広がる。独標は、千丈沢側は緑が生い茂っているが、天上沢側は対照的に岩肌がむき出している。もちろんこのピークは直登はしない。いつか信頼できるパートナーが見つかったら直登するかな。


独標の岩肌。

で、一応お約束なんで、独標の有名なトラバースを掲載:


基部に緑のフィックスロープが張ってあるトラバースがある大岩。


フィックスのアップ。

ってか、前も通ったときに思ったんだけど、、、なんでここにわざわざフィックスを?ってかんじ。ガバもあるし、とくに怖くもないし、、、これよりももっともっと切れ落ちた怖いトラバースがあるから、張るならそっちに張ればってかんじなんだけど。たぶん死亡事故とかあったんだろうな…

このフィックスの後も核心と言われるオーバーハングがあるが、自分的には 「それってどこだっけ?」 ってかんじだった。前回も今回もその感想は変わらない。むしろその後のトラバースの方がもっとイヤ。手足はしっかりしてるけど、すっぱり切れ落ちてていて、高度感があるとこなので。まあ、人によって怖いところは違うものか…


核心のトラバース2つをクリアーし、いよいよ独標への登り。

その後はザレた斜面のトラバースを通過し、頂上直下?のチムニーへ。スリングが下がっていた。しかし、このスリングの支点のハーケンはグラグラなので、使わない方がいいと思う。ってか、ここにかかっている赤いスリング、昔、横尾尾根で失くしたスリングにそっくり… 誰か拾って、ここにかけたのか?(笑


独標直下チムニー。スリングがかかってるけどハーケンはぐらぐら。

じつは今回、ガイドブックなどをコピーした資料はまったく持ってきていなかった。1/25000の地図だけ。資料を見ながら登るなんてとんでもない。そんなの自分でルートファインディングして登ったことにならない。

というのは嘘で、単に持ってくるのを忘れただけ(爆) 行きのバスの中で気付いて青くなったのだが、あとの祭り。でも、自分が持っている資料は、『チャレンジ!アルパインクライミング』 のみ。残念ながらこの本の無雪期の北鎌に関する説明は全然使えない。だから、なくてもいっかってことで、他のルートに変更することもなく予定どおり北鎌にやってきたのだった。

資料がなかったので、純粋に自分のルートファインディング力だけを頼りに登ることになり、結果、独標も普通の人が登らないようなところから登った気がする。チムニーを通過して、岩場をトラバースした後、どうもルートがわからなくなり、適当に草付き + もろい岩の部分を稜線に向けて直上して行った。もちろん、足場が崩れて落ちたら下まで止まらずまっさかさまのところ。でも北鎌ってそんなとこばっか、っていうかそんなとこしかないし。

ってなわけで、独標ピークに直接出ることができず、かなり穂先よりの稜線に出てしまったので、ピークを踏むためにわざわざ戻った(爆) 前に来たときは、独標直下はけっこう苦労して登ったので、今回無理そうだったら独標は巻こうかぐらいに考えていたので、ここに立てたときは正直うれしかった。


P10である独標 (2,899m) からの穂先。

2007年に来たときは、独標ピークに着いたとき、今まで見えなかった槍の頂上が見えたので、ものすごく感激したものだった。今回は2度目なので、そのときのように全く純粋な気持ちで山頂を見ることはできなかったが、それでも踏めないかもしれないと思ったピークから見る穂先は感慨深いものがあった。


槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 2日目(2) 独標~穂先」 へ続く。


自分メモ
所要時間
天狗の腰掛(P9)手前テン場6:07 独標のコル7:06 トラバース緑のロープ・オーバーハング通過 偵察7:25~31 独標7:55~8:00

関連エントリ
槍ヶ岳 北鎌尾根 ~ 焼岳縦走 下山直後のエントリ
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 序章
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 1日目(1) 上高地~水俣乗越
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 1日目(2) 水俣乗越~P9手前
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 2日目(1) P9手前~独標
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 2日目(2) 独標~穂先
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 2日目(3) 穂先~南岳小屋
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 3日目 南岳小屋停滞
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 4日目(1) 南岳小屋~北穂高小屋
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 4日目(2) 北穂高小屋~穂高岳山荘
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 5日目(1) 穂高岳山荘~西穂山荘
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 5日目(2) 西穂山荘~焼岳~上高地
槍ヶ岳 北鎌尾根~焼岳縦走 最終章
槍ヶ岳 北鎌尾根 (2007年10月の記録)
チャレンジ!アルパインクライミング 北アルプス編


関連商品

日本のクラシックルート―アルパインクライミング・ルート集 (ザ・コンパスシリーズ)日本のクラシックルート―アルパインクライミング・ルート集 (ザ・コンパスシリーズ)
(1997/11)
山と渓谷社
商品詳細を見る

チャレンジ!アルパインクライミング 北アルプス編チャレンジ!アルパインクライミング 北アルプス編
(2003/04)
廣川 健太郎
商品詳細を見る

実戦!オールラウンドクライミング―バリエーションの世界へ実戦!オールラウンドクライミング―バリエーションの世界へ
(2006/11)
廣川 健太郎
商品詳細を見る

アルパインクライミング (ヤマケイ・テクニカルブック―登山技術全書)アルパインクライミング (ヤマケイ・テクニカルブック―登山技術全書)
(2007/04/01)
保科 雅則
商品詳細を見る

最新アルパインクライミング最新アルパインクライミング
(2006/06)
菊地 敏之
商品詳細を見る

アルパインクライミング (ROCK & SNOW BOOKS)アルパインクライミング (ROCK & SNOW BOOKS)
(2001/06)
遠藤 晴行
商品詳細を見る

最新クライミング技術最新クライミング技術
(2002/05)
菊地 敏之
商品詳細を見る

新編・風雪のビヴァーク (yama‐kei classics)新編・風雪のビヴァーク (yama‐kei classics)
(2000/03)
松濤 明
商品詳細を見る

新編・単独行 (yama‐kei classics)新編・単独行 (yama‐kei classics)
(2000/04)
加藤 文太郎
商品詳細を見る

孤高の人 (上巻) (新潮文庫)孤高の人 (上巻) (新潮文庫)
(1973/02)
新田 次郎
商品詳細を見る

孤高の人 (下巻) (新潮文庫)孤高の人 (下巻) (新潮文庫)
(1973/02)
新田 次郎
商品詳細を見る

アドバンス山岳ガイド 槍ヶ岳・北鎌尾根 [DVD]アドバンス山岳ガイド 槍ヶ岳・北鎌尾根 [DVD]
(2007/05/20)
商品詳細を見る


trackbacks(0) | comments(8)edit 
↑top 


COMMENT

手に汗握り。。。。 by 木曽駒
以前、画像を送っていただいて、まるで自分が歩いたような気がしたのですが。。。。。
文章で見ると、やはり恐ろしいルートですよね。
って、輝ちゃん的には初心者ルートだったけ?

でもこのレポ読んでいて、「よくぞご無事で!」って感じです。
だから、前回hiroさんと見たこの稜線は感慨深いものがあったでしょうね。

続きも頑張ってね!!

by てる
v-5駒子さん

あれ?手に汗握る?そお?
そんな風に書いてるつもりはないんだけど、おかしいなぁ…(笑

北鎌は「わたし的に」初心者ルートなんじゃなくて、
「アルパインクライミング的に」初心者ルートなんです。
えと、無雪期ね。残雪期はもうちょいレベル上がるかな。

続きは絶好調で書いてます。
これを終わらせないと、あの槍のレポが書けないので。
でも、このレポ長い…

by ふうろ
う~む。岩岩の世界だ・・・。でもときおり見える周囲の山の景色は素晴らしいね。
独標からの槍の穂先も綺麗だなあ。

レポ淡々と書かれてるけど、落石の危険が常にあったり、失敗の許されない歩きなんでしょ?
レポでしか見られない風景だけに次も楽しみ(^^)

つうかあ、休みっていいね(笑)
のんびりしてるよ~
外晴れてるし(爆)

by 木曽駒
>そんな風に書いてるつもりはないんだけど、おかしいなぁ…(笑
そぉ?私は読んでいても怖くて。。。。(笑
高所恐怖症の私には、やはり“手に汗握る”って感じです。

*ふうろさん。
 お休みっていいねぇ。
 木曽は台風が過ぎ去り、青空が見えてきましたよ。
 太陽も顔出してきたよ。

by てる
v-5駒子さん

いや、私も高所恐怖症ですが…(笑

ふうろさんは今頃お買いものに出かけたかな?
こちらも太陽が出てきました。
風はまだものすごいけど。

by てる
やべ、ふうろさんのコメント書いたと思ったら書いてなかった。

v-5ふうろさん

ふうろさんなら体力あるし、力もあるし、身長も私よりあるから、
ちょっと訓練すれば北鎌はガイド山行とかで行けると思います。

まあ、でもわたし的には、ガイドとか熟練リーダーにつれていってもらうより、
自分でルートファインディングしていったほうが楽しめるし、達成感も全然違うので、
いつかは独りか同レベルの人達と行くのをおすすめします。

失敗の許されない歩きは一般登山道でも同じかな(笑

こちらも晴れました。
風はまだまだ暴風クラスだけど。


by ふうろ
まだネットサーフィンしながらぐだぐだしてる。
でも、そろそろ行かないとだな。

私にもいつか「北鎌行こう!」と思える日がくるのだろうか・・・・。
あ、その前に奥穂~西穂でしょうね。

こっちも晴れてるけど風は強いねえ。

by てる
v-5ふうろさん

> 私にもいつか「北鎌行こう!」と思える日がくるのだろうか・・・・。

そうね、『風雪のビヴァーク』とか読んだら行きたくなるかも?

> あ、その前に奥穂~西穂でしょうね。

はじめて行くなら西穂~奥穂の方がおすすめです。

西穂~奥穂と北鎌は全然違うタイプだから、
もし北鎌トレをしたいなら、
どちらかというと北方稜線がいいと思います。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

以前、画像を送っていただいて、まるで自分が歩いたような気がしたのですが。。。。。
文章で見ると、やはり恐ろしいルートですよね。
って、輝ちゃん的には初心者ルートだったけ?

でもこのレポ読んでいて、「よくぞご無事で!」って感じです。
だから、前回hiroさんと見たこの稜線は感慨深いものがあったでしょうね。

続きも頑張ってね!!
[ 2009.10.07(Wed) 19:07] URL | 木曽駒 #6wH.DH8I | EDIT | ↑ 

v-5駒子さん

あれ?手に汗握る?そお?
そんな風に書いてるつもりはないんだけど、おかしいなぁ…(笑

北鎌は「わたし的に」初心者ルートなんじゃなくて、
「アルパインクライミング的に」初心者ルートなんです。
えと、無雪期ね。残雪期はもうちょいレベル上がるかな。

続きは絶好調で書いてます。
これを終わらせないと、あの槍のレポが書けないので。
でも、このレポ長い…
[ 2009.10.07(Wed) 19:23] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

う~む。岩岩の世界だ・・・。でもときおり見える周囲の山の景色は素晴らしいね。
独標からの槍の穂先も綺麗だなあ。

レポ淡々と書かれてるけど、落石の危険が常にあったり、失敗の許されない歩きなんでしょ?
レポでしか見られない風景だけに次も楽しみ(^^)

つうかあ、休みっていいね(笑)
のんびりしてるよ~
外晴れてるし(爆)
[ 2009.10.08(Thu) 09:08] URL | ふうろ #- | EDIT | ↑ 

>そんな風に書いてるつもりはないんだけど、おかしいなぁ…(笑
そぉ?私は読んでいても怖くて。。。。(笑
高所恐怖症の私には、やはり“手に汗握る”って感じです。

*ふうろさん。
 お休みっていいねぇ。
 木曽は台風が過ぎ去り、青空が見えてきましたよ。
 太陽も顔出してきたよ。
[ 2009.10.08(Thu) 12:37] URL | 木曽駒 #6wH.DH8I | EDIT | ↑ 

v-5駒子さん

いや、私も高所恐怖症ですが…(笑

ふうろさんは今頃お買いものに出かけたかな?
こちらも太陽が出てきました。
風はまだものすごいけど。
[ 2009.10.08(Thu) 13:06] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

やべ、ふうろさんのコメント書いたと思ったら書いてなかった。

v-5ふうろさん

ふうろさんなら体力あるし、力もあるし、身長も私よりあるから、
ちょっと訓練すれば北鎌はガイド山行とかで行けると思います。

まあ、でもわたし的には、ガイドとか熟練リーダーにつれていってもらうより、
自分でルートファインディングしていったほうが楽しめるし、達成感も全然違うので、
いつかは独りか同レベルの人達と行くのをおすすめします。

失敗の許されない歩きは一般登山道でも同じかな(笑

こちらも晴れました。
風はまだまだ暴風クラスだけど。

[ 2009.10.08(Thu) 13:13] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

まだネットサーフィンしながらぐだぐだしてる。
でも、そろそろ行かないとだな。

私にもいつか「北鎌行こう!」と思える日がくるのだろうか・・・・。
あ、その前に奥穂~西穂でしょうね。

こっちも晴れてるけど風は強いねえ。
[ 2009.10.08(Thu) 14:01] URL | ふうろ #- | EDIT | ↑ 

v-5ふうろさん

> 私にもいつか「北鎌行こう!」と思える日がくるのだろうか・・・・。

そうね、『風雪のビヴァーク』とか読んだら行きたくなるかも?

> あ、その前に奥穂~西穂でしょうね。

はじめて行くなら西穂~奥穂の方がおすすめです。

西穂~奥穂と北鎌は全然違うタイプだから、
もし北鎌トレをしたいなら、
どちらかというと北方稜線がいいと思います。
[ 2009.10.08(Thu) 14:32] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/783-2e074907
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。