top > ツール・ド・モンブラン情報
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 ツール・ド・モンブラン情報 

2009年07月30日 ()
詳細な記録はまだまだ書けませんが、
この夏ツール・ド・モンブラン(以下 tmb)をテント泊でやる人のために、
ちょっとした情報を載っけておきます。
(たぶんそんな物好きいないと思うけど)




自分ですが、6/27~7/3 の 7日間、テント泊ですべて歩きました。
以下が全行程。
見るとき、↓こちらの地図と照らし合わせてみてください。
雪のアルプス手帖/トゥール・デュ・モン・ブラン Tour du Mont-Blanc (tmb)
(ゆきさん、またまた使ってごめんね)

1日目 (6/27) シャモニ → ベルラシャ → レ ズーシュ 5h50
(シャモニ~ベルラシャ間は tmb 外)
レ ズーシュには観光案内所(ネット可)、郵便局、スーパー、パン屋、レストラン、土産物屋、ホテルが tmb のコース上にあり。
Camping Bellevue 泊。レ ズーシュのロープウェイ駅のすぐ近く。観光案内所から歩いて行って、ロープウェイ駅の前の二股の道を右に降りて行くと 20 秒もしないうちにある。シャワー、トイレあり。トイレは便座なし、紙なし。
ちなみに前夜はシャモニ駅から 1.6km の Camping Ile des Barrats 泊。シャワー、トイレあり。トイレは便座・紙・手洗いせっけんあり。

2日目 (6/28) → レ コンタミヌ モンジョワ 6h05
レ コンタミヌ モンジョワには観光案内所(ネット可)、郵便局、スーパー、パン屋、レストラン、土産物屋、ホテルあり。すべて街の中心地の固まったところにある。
Camping le Pontet 泊。シャワー、トイレあり。トイレは便座ないけど紙あり。

3日目 (6/29) → レ シャピユー 7h15
レ シャピユーには観光案内所、食料品屋、ホテルっていうか宿?あり。食料の補給はここではあまり考えない方がよい。宿に泊まると、翌朝、歩かなくてもいいような車道を車で送ってくれるっぽい。詳しくはここ→ Auberge de la Nova (仏のみ)。
この日は無料の名もないキャンプ場泊。もちろんシャワーなし。でもトイレは便座も紙もあった。

4日目 (6/30) → クルーマイユール → ベルトロネ小屋 12h25
クールマイユールには観光案内所、郵便局、スーパー、パン屋、レストラン、土産物屋、ホテル、その他あり。キャンプ場は街から 6km 離れたところなので、手前のドローヌで tmb 用の宿に泊まるか、ベルトロネ小屋にテン泊させてもらうのがいいかも。クールマイユールのホテルは二つ星以上で、けっこう混んでいるっぽいので、事前に予約が必要っぽい。観光案内所に天気情報が貼ってあったが、イタリア語だけだった。でも、頼むと英語かフランス語をすぐに貼り出してくれる。
この日はベルトロネ小屋のテン場泊。地面がぼこぼこでいまいち寝心地がよくない。水は小屋のトイレでもらった(笑 水場もあったけど、水の出がよくなく、たまに出てないときがあったので…

5日目 (7/1) → ラ フリ 8h55
ラ フリは街の入口にスーパー、レストラン、土産物屋があった。そこしか見てないのでそれしかわからないが、観光案内所もあるらしい。
キャンプ場は Camping des glaciers。tmb のコース上にある。ラ フリに入って右にスーパーがすぐあるが、左に行くとキャンプ場。途中の分岐もすべて左。スーパーで道順を聞くと教えてくれた。トイレは便座・紙あり、シャワーももちろんある。ユーロ支払可。
スーパーはこんな小さな町にしては大きいと思うけど、自分が欲しいと思うようなものがなくてちょっと困った。ユーロ支払可。

6日目 (7/2) → シャンペ湖 → フォルクラ峠 9h30
シャンペ湖はリゾートってかんじののどかなところ。とっても滞在したくなったが、たいして歩いてないのでやむなく通過した。tmb コース上に観光案内所、郵便局、パン屋、レストラン、土産物屋、ホテル、キャンプ場あり。スーパーはあるという話だったが、つぶれていた。
フォルクラ峠では Hôtel du Col de la Forclaz というホテルがやっているキャンプ場に泊った。トイレは便座・紙・手洗いせっけんあり。ユーロ支払可。
スーパーはなく、土産物屋に食料品が売っているだけ。めちゃ高い。でも、サンドイッチ、ハム、ナッツ、缶詰と、品揃えはキャンパーが欲しくなるようなものをちゃんと置いている。たぶんユーロ支払可。

7日目 (7/3) → ベルラシャ → シャモニ 15h45
(ベルラシャ~シャモニ間は tmb 外)


というかんじです。


すべての行程、歩いているときはほぼ雨が降りませんでした。でも、夕方・夜になると必ず雷を伴う土砂降りの雨が降り、毎日濡れたテントを持ち歩かなければなりませんでした。でも、歩いている最中に雨が降ることを考えたら、贅沢も言ってられません。それに、下山したら午前中にも雨が降るようになったので、ほんと自分ってとっても運がよかったのだと思います。ここで運を使い果たしてしまったので、宝くじは一生当たらないでしょう。あ、そう、だからテントは雨に強いものを選んだ方がいいと思います。

ルートの状態ですが、観光案内所では雪がないと聞いてたのですが、雪渓の通過がけっこうありました。軽アイゼンは持って行ったけど、使いませんでした。でも、気温が低くなり雪が堅くなったら履く必要が出てくるでしょう。自分が歩いたときは本当に天気に恵まれて気温も高く雪が柔らかかったけど、下山してから 2,200m 付近では雪も降ってましたから。

あと、渡渉がけっこう多かったです。中には足首まで入ってしまうところもあったので、ローカットシューズより足首まである方がおすすめです。自分はローカットで、水が靴に入ってしまったけど、天気がよかったのですぐ乾きましたが。


事前情報は、ゆきさんのサイトが非常に参考になりました。
こちら:
 雪のアルプス手帖
tmb情報はこちら:
 雪のアルプス手帖/トゥール・デュ・モン・ブラン
 雪のアルプス手帖/トゥール・デュ・モン・ブラン 1日目
ゆきさんには、サイトからの情報だけでなく、いろいろ資料も貸していただいて大変お世話になりました。ほんとありがとうございました。

日本ではテン泊でツール ド モンブランをやったっていう人はネットではゆきさんぐらいしか探し当てられず、外国人の方のサイトが参考になりました。あ、下のリンクにはテントでない方も含まれてます。
 Tour of Mont Blanc, Sep 2006
 Report 1047: Mt. Blanc Summer 2006
 OUT AND ABOUT/tmb
 The Tour of Mont Blanc (tmb)

印刷物としては、ゆきさんが「絶対に買って!」と勧めてくれたこちらの本が非常に役に立ちました。tmb 専用のガイドブックです。

Tour du Mont-Blanc GR +10 Jours de Randonnee: FFR.0028Tour du Mont-Blanc GR +10 Jours de Randonnee: FFR.0028
(2008/05/29)
商品詳細を見る

ものすごい役に立ちました。この本がなかったら今回、自分は遭難してたと思います。ゆきさん、勧めてくれてほんとありがとね。amazon でも買えるけど、シャモニの本屋に山積みになってます。もちろんフランス語なんだけど、宿の住所や HP の URL、コースタイム、街に店・観光案内所があるかどうかなど、フランス語わからなくても見ればわかる情報が書いてます。

この本のコースタイムはゆるめに書いてあって、自分はテン泊装備なうえに写真とかバリバリ撮って止まったり、休憩を入れたりしても時間通りに歩けました。自分ははっきり言って歩くの遅い方なので、普通の方だったらさらに余裕なんじゃないかな。自分でさえもこの本を事前にしっかり見て、ちゃんと計画を立てていれば7日でなく6日で歩けたと思います。上の行程に書いてあるコースタイムはこの本からとったものです。参考にどうぞ。

現地では tmb の英語のガイドブックが売ってました。でもフランス語のより全然高かった。

この本と1/50,000の地図だけでも自分は行きましたが、フランス語がわからない人は1/25,000 の地図がないとちょっときついと思います。どこそこの角を曲がって坂を下りるとかフランス語で書いてあるんで。

自分も行く前は一般縦走路なんで標識を見るだけで歩けるかと思ってたんだけど、かなり甘い考えでした。もう地図とコンパスがないと歩けません。標識はフランスでは比較的しっかりしてるんだけど、イタリア・スイスはいまいちです。しっかりした標識のフランスでさえも自分はアホなので迷いましたし。


あと、シャモニでは、観光案内所のベルナデットさんに大変お世話になりました。tmb コース上の宿のリストをいただき、アドバイスもいただきました。宿のリストは、クールマイユールで路頭に迷ったとき、ほんとに役に立ちました。ありがとうございました。あ、ベルナデットさんとは、シャモニ観光案内所の日本語を話すスタッフの方です。6 年前モンブランに登ったときもお世話になりました。


天気情報は、tmb 中は TV・ラジオなどのメディアがなくても、観光案内所、キャンプ場でゲットできます。だいたいその土地の言葉と英語で目立つところに貼り出してます。英語がないところも多かったけど、言えば訳してくれるか張り出してくれるでしょう。


ですが、そこらへんに雪渓が溶け出した水が流れてたけど、日本のようにやはり飲んでる人は少ないようです。小屋で買うか、小屋の水道水をもらうか。あとは通過する町にある水場で補給するか。でも、小屋の水も町の水場も川の水を使っているような気がする…(笑


食糧の補給に関しては上の行程を参考に見てください。補給できるのは、上に書き出してある町だけです。ただ、注意しなければいけないのは、店のあいてる時間帯が日本と違うこと。フランスはスーパーでも昼休みが 3 時間ぐらいあります(たぶんスイスもイタリアもそうだと思う)。夕方も19:30とかで閉まっちゃうし。日曜は午前中しかやってないところの方が多いです。パン屋は日曜も一日やってるみたいだけど。


あと、当たり前なんですが、ザックと靴はちゃんとしたものを持って行きましょう。自分はアホなので装備はあまり軽量化しなかったくせにザックと靴を軽量化して散々な目にあいました。ザックはショルダーハーネス、ウェストベルトがしっかりしていない超軽量のものを選んだため、肩にザックが食い込み、行動中常に痛かったです。足も同様で、直前に買ったローカットのハイキングシューズが足に合わず、絶えず外反母趾を傷めつける状態。ほんとよくこんな状況で歩き切れたと思います。


とりあえず、こんなかんじでしょうか…


では、let's try tmb!!!

関連エントリ
テントでツール・ド・モンブラン2009 記録一覧

関連商品


tmbtrackbacks(0) | comments(22)edit 
↑top 


COMMENT

物好きではない人 by REI
ゆきさんのレポートでも、アルプスではテント縦走する人は少ないとありました。 まして日本人では本当に少ないのでしょうね。 てるさんが、二人目!?
このレポートはゆきさんのサイトと合わせ、テント縦走のとても貴重な情報源になる事でしょう。

私は物好きな人にはなれないのですが、質問!
火器はどうされましたか? 私はチロルの比較的大きな観光村でガス缶を探した時、どこにも売ってなく、持って行ったストーブヘッドは使えませんでした。
シャモニーなら手に入りますか?

フランス語のガイドブックをてるさんが翻訳してくれるのを、きっと物好きな人達が待ってますよ。 

by 監督
自分はまず行かないけど、とても参考になりました(笑)行かなくてもこんな情報知るだけでも楽しいですもん。本も買っちゃうかもってくらいですわ。ちなみに、「知と愛」仏語版をamazonで買っちゃいました。まだ届いてないけど。

by てる
v-5REIさん

> このレポートはゆきさんのサイトと合わせ、テント縦走のとても貴重な情報源になる事でしょう。
そうなることを願ってます。
って、この後、もっと詳しいレポ書くつもりだけど。

> 火器はどうされましたか? 
> シャモニーなら手に入りますか?
シャモニはすんごい日本人多いので、日本のガスヘッドに合うガス缶は売ってますよ。日本人のスタッフ神田さんがいらっしゃるスネルスポーツにいけば一発です。
私は結局買わなくて、この旅の間、ずっと火のない生活をしてましたけど。

> フランス語のガイドブックをてるさんが翻訳してくれるのを、きっと物好きな人達が待ってますよ。 
それはゆき様にお願いいたします(笑

by てる
v-5監督

ゆき様のtmbの説明にも書いてあるように
一部だけやってる方も大勢いらっしゃるのでぜひ行ってみてくださいな。
ほんとおすすめです。
tmbじゃなくても、シャモニをベースにすればいろんなハイキングコースがありますし。
山ヤでしたら一度はヨーロッパアルプスに行くことをおすすめします。

ってか、『知と愛』なぜ仏語版?
原書でなくて?
と言いつつ、自分も『ライ麦畑でつかまえて』とかの仏語版持ってますよ。
もちろん原書も持ってるけど。

by 監督
>ってか、『知と愛』なぜ仏語版?
>原書でなくて?
原書も持ってますけど、まだ読んでません。
実はアフリカ仏語圏の仕事にかかわることになったので急遽仏語の特訓しようと思いましてね。

by てる
v-5監督

> 急遽仏語の特訓
あらー、それじゃ翻訳ものじゃない方がいいんじゃないですか?
カミュの『異邦人』なんかアフリカ仏語圏にぴったりなんじゃないでしょうか。
一つの文が短いので、理解しやすいし。
有名だからすでに読んじゃってますか?

by 監督
自分としてはレベルの低いうちは、既によく知っている大好きな本の翻訳を読むのが楽で効率いいんですよ。英語で読んではまった本の他言語版を読むのが一番楽な感じです。外国の名作の日本語版はなんか違和感持つことが多いもんで。

by てる
v-5監督

> 外国の名作の日本語版はなんか違和感持つことが多いもんで。
いずれにしても翻訳ものはちょっと文章おかしいですよね。
自分の日本語がおかしいのも、子供の時翻訳もの見すぎたからかもしれない。

by 若葉
海外へ行く時に、情報はとんとにありがたいです。
自分も一生のうちいつか行ってみたいな。

by てる
v-20若葉さん

> 自分も一生のうちいつか行ってみたいな。
tmbは年とってからも十分行けるコースですので、
まだまだ残しておいても大丈夫ですよ。
ぜひ将来行ってみてください。

by はっしー
本物のアルプス、
1回は行ってみたいぜ!

by てる
v-5はっしー

本物のアルプスってヨーロッパアルプスのこと?
日本のが偽物ってわけじゃないと思うけど、ヨーロッパアルプスはいいですよ。
ぜひ今度行ってみてください。

私はヒマラヤアルプスも行ってみたい。

by クマ彦
ご無沙汰してます、クマ彦です。
あいかわらず飛び回ってらっしゃいますね。ツール・ド・モンブラン、歩き甲斐がありそうでいいですね。私も最近また北アルプスなんぞに行ったりしてます。剣は混む前に行ってきました。写真だけアップしてますのでよかったら見に来てください。

by てる
v-5クマ彦さん

剣の写真はすでに拝見させていただきましたよ。
私も残雪期の別山尾根狙ってます。
でも来年は無理かな~。

by ゆき
コメント遅くなりました、お帰り~
TMB楽しめたようでよかった、よかった。
そんなに私の名前出して頂いて恐縮です・・・

是非是非また写真いっぱい載っけたレポ楽しみに待ってまーす。
モンブランな日々、チロルな日々に続くTMBな日々ってところでしょうか!
でもその前に(後でも)じかに土産話を聞かせてよん。

by てる
v-5ゆき様

どうもただいまです。
いやいや、ほんとゆき様にはお世話になりました。
ゆき様のアドバイスがなかったら、1日目で敗退だったでしょう。

> モンブランな日々、チロルな日々に続くTMBな日々ってところでしょうか!
バレてますね。
でも、チロルな日々って完結してない。
あとサースな日々も。
やば。

> でもその前に(後でも)じかに土産話を聞かせてよん。
はい。
夏山報告会が某所にて開催されるので、そのときにでも。
いや、でも、その前にゆき様宅になるかな。

by hiko
こんにちは!

写真もすごく綺麗です。日程、思いっきりかぶってますが、てるさんの日程、天狗かと思いました。。。
テントも楽しそうで良いな。

ちなみにサラミは本当に激ウマでしたなぁ。思い出しちゃいました。



by てる
v-5hikoさん

どうもお越し頂いてありがとうございます!
あの時期にtmbをやる日本人はいないと思ってたら、
同じ日程で歩いてる方がいらっしゃったなんて。
お会いできなかったのはほんと残念です。

サラミはたしかにおいしかったですよね。
tmbのときの行動食にすればよかった。
次回、シャモニに行ったときは、着いたらすぐ買おうと思います。

これからもtmbつながりでよろしくお願いいたします。

by まきくま@二日酔い
わたしもヨーロッパアルプスいつかは行ってみたいな。でも、地図よめないからぜんぜんだめそだなあ。
それよか休みかあ。定年後のたのしみかしらん。体力がんばって保たないとね^^

by てる
v-5まっきー

私も地図読みは決してマスターしてるとは言えず…^^;

tmbは山小屋がたくさんあるので、体力衰えても大丈夫!
ぜひぜひ定年退職になってからトライしてください。

管理人のみ閲覧できます by -

by てる
秘密のコメントさん

リハビリは全然だめですね(笑
最近なんかモチが落ちてます。
っていうか、ほかに気を取られることがあって。
来年になっちゃうかも?

そこらへんは毎年のように事故があるみたいなので十分注意いたします。
まだまだ行きたいところがたくさんあるので、まだ死ねない(笑

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

ゆきさんのレポートでも、アルプスではテント縦走する人は少ないとありました。 まして日本人では本当に少ないのでしょうね。 てるさんが、二人目!?
このレポートはゆきさんのサイトと合わせ、テント縦走のとても貴重な情報源になる事でしょう。

私は物好きな人にはなれないのですが、質問!
火器はどうされましたか? 私はチロルの比較的大きな観光村でガス缶を探した時、どこにも売ってなく、持って行ったストーブヘッドは使えませんでした。
シャモニーなら手に入りますか?

フランス語のガイドブックをてるさんが翻訳してくれるのを、きっと物好きな人達が待ってますよ。 
[ 2009.07.16(Thu) 13:00] URL | REI #Q0/G/4Qc | EDIT | ↑ 

自分はまず行かないけど、とても参考になりました(笑)行かなくてもこんな情報知るだけでも楽しいですもん。本も買っちゃうかもってくらいですわ。ちなみに、「知と愛」仏語版をamazonで買っちゃいました。まだ届いてないけど。
[ 2009.07.16(Thu) 13:03] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

> このレポートはゆきさんのサイトと合わせ、テント縦走のとても貴重な情報源になる事でしょう。
そうなることを願ってます。
って、この後、もっと詳しいレポ書くつもりだけど。

> 火器はどうされましたか? 
> シャモニーなら手に入りますか?
シャモニはすんごい日本人多いので、日本のガスヘッドに合うガス缶は売ってますよ。日本人のスタッフ神田さんがいらっしゃるスネルスポーツにいけば一発です。
私は結局買わなくて、この旅の間、ずっと火のない生活をしてましたけど。

> フランス語のガイドブックをてるさんが翻訳してくれるのを、きっと物好きな人達が待ってますよ。 
それはゆき様にお願いいたします(笑
[ 2009.07.16(Thu) 13:36] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

v-5監督

ゆき様のtmbの説明にも書いてあるように
一部だけやってる方も大勢いらっしゃるのでぜひ行ってみてくださいな。
ほんとおすすめです。
tmbじゃなくても、シャモニをベースにすればいろんなハイキングコースがありますし。
山ヤでしたら一度はヨーロッパアルプスに行くことをおすすめします。

ってか、『知と愛』なぜ仏語版?
原書でなくて?
と言いつつ、自分も『ライ麦畑でつかまえて』とかの仏語版持ってますよ。
もちろん原書も持ってるけど。
[ 2009.07.16(Thu) 13:39] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

>ってか、『知と愛』なぜ仏語版?
>原書でなくて?
原書も持ってますけど、まだ読んでません。
実はアフリカ仏語圏の仕事にかかわることになったので急遽仏語の特訓しようと思いましてね。
[ 2009.07.16(Thu) 21:37] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5監督

> 急遽仏語の特訓
あらー、それじゃ翻訳ものじゃない方がいいんじゃないですか?
カミュの『異邦人』なんかアフリカ仏語圏にぴったりなんじゃないでしょうか。
一つの文が短いので、理解しやすいし。
有名だからすでに読んじゃってますか?
[ 2009.07.17(Fri) 00:44] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

自分としてはレベルの低いうちは、既によく知っている大好きな本の翻訳を読むのが楽で効率いいんですよ。英語で読んではまった本の他言語版を読むのが一番楽な感じです。外国の名作の日本語版はなんか違和感持つことが多いもんで。
[ 2009.07.17(Fri) 10:12] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5監督

> 外国の名作の日本語版はなんか違和感持つことが多いもんで。
いずれにしても翻訳ものはちょっと文章おかしいですよね。
自分の日本語がおかしいのも、子供の時翻訳もの見すぎたからかもしれない。
[ 2009.07.17(Fri) 17:55] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

海外へ行く時に、情報はとんとにありがたいです。
自分も一生のうちいつか行ってみたいな。
[ 2009.07.18(Sat) 08:33] URL | 若葉 #/C2V/PvY | EDIT | ↑ 

v-20若葉さん

> 自分も一生のうちいつか行ってみたいな。
tmbは年とってからも十分行けるコースですので、
まだまだ残しておいても大丈夫ですよ。
ぜひ将来行ってみてください。
[ 2009.07.18(Sat) 13:39] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

本物のアルプス、
1回は行ってみたいぜ!
[ 2009.07.21(Tue) 12:53] URL | はっしー #u5ZknUJo | EDIT | ↑ 

v-5はっしー

本物のアルプスってヨーロッパアルプスのこと?
日本のが偽物ってわけじゃないと思うけど、ヨーロッパアルプスはいいですよ。
ぜひ今度行ってみてください。

私はヒマラヤアルプスも行ってみたい。
[ 2009.07.21(Tue) 17:28] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

ご無沙汰してます、クマ彦です。
あいかわらず飛び回ってらっしゃいますね。ツール・ド・モンブラン、歩き甲斐がありそうでいいですね。私も最近また北アルプスなんぞに行ったりしてます。剣は混む前に行ってきました。写真だけアップしてますのでよかったら見に来てください。
[ 2009.07.21(Tue) 21:38] URL | クマ彦 #- | EDIT | ↑ 

v-5クマ彦さん

剣の写真はすでに拝見させていただきましたよ。
私も残雪期の別山尾根狙ってます。
でも来年は無理かな~。
[ 2009.07.21(Tue) 23:25] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

コメント遅くなりました、お帰り~
TMB楽しめたようでよかった、よかった。
そんなに私の名前出して頂いて恐縮です・・・

是非是非また写真いっぱい載っけたレポ楽しみに待ってまーす。
モンブランな日々、チロルな日々に続くTMBな日々ってところでしょうか!
でもその前に(後でも)じかに土産話を聞かせてよん。
[ 2009.07.22(Wed) 00:15] URL | ゆき #MOemMYPQ | EDIT | ↑ 

v-5ゆき様

どうもただいまです。
いやいや、ほんとゆき様にはお世話になりました。
ゆき様のアドバイスがなかったら、1日目で敗退だったでしょう。

> モンブランな日々、チロルな日々に続くTMBな日々ってところでしょうか!
バレてますね。
でも、チロルな日々って完結してない。
あとサースな日々も。
やば。

> でもその前に(後でも)じかに土産話を聞かせてよん。
はい。
夏山報告会が某所にて開催されるので、そのときにでも。
いや、でも、その前にゆき様宅になるかな。
[ 2009.07.22(Wed) 18:02] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

こんにちは!

写真もすごく綺麗です。日程、思いっきりかぶってますが、てるさんの日程、天狗かと思いました。。。
テントも楽しそうで良いな。

ちなみにサラミは本当に激ウマでしたなぁ。思い出しちゃいました。


[ 2009.07.23(Thu) 06:30] URL | hiko #- | EDIT | ↑ 

v-5hikoさん

どうもお越し頂いてありがとうございます!
あの時期にtmbをやる日本人はいないと思ってたら、
同じ日程で歩いてる方がいらっしゃったなんて。
お会いできなかったのはほんと残念です。

サラミはたしかにおいしかったですよね。
tmbのときの行動食にすればよかった。
次回、シャモニに行ったときは、着いたらすぐ買おうと思います。

これからもtmbつながりでよろしくお願いいたします。
[ 2009.07.23(Thu) 07:30] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

わたしもヨーロッパアルプスいつかは行ってみたいな。でも、地図よめないからぜんぜんだめそだなあ。
それよか休みかあ。定年後のたのしみかしらん。体力がんばって保たないとね^^
[ 2009.07.25(Sat) 09:28] URL | まきくま@二日酔い #E5Upi6Fk | EDIT | ↑ 

v-5まっきー

私も地図読みは決してマスターしてるとは言えず…^^;

tmbは山小屋がたくさんあるので、体力衰えても大丈夫!
ぜひぜひ定年退職になってからトライしてください。
[ 2009.07.25(Sat) 18:22] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009.08.11(Tue) 19:51] URL | # | EDIT | ↑ 

秘密のコメントさん

リハビリは全然だめですね(笑
最近なんかモチが落ちてます。
っていうか、ほかに気を取られることがあって。
来年になっちゃうかも?

そこらへんは毎年のように事故があるみたいなので十分注意いたします。
まだまだ行きたいところがたくさんあるので、まだ死ねない(笑
[ 2009.08.11(Tue) 20:53] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/763-fcfd1473
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。