top > ツェルト張りの練習
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 ツェルト張りの練習 

2009年05月12日 ()
2002年から山をやり始めたので、山暦はかれこれ7年以上となる。
それなのに自分できちんとツェルトを張ったことがない。
それって山ヤとしてどうなの? 恥ずかしくね?

と、これ以上生き恥をさらすのもなんなので、
ハイキングがてらに行った本仁田山でツェルト張りの練習をしてみた。

ARAI TENT(アライテント) ビバーク・ツェルト1 370910ARAI TENT(アライテント) ビバーク・ツェルト1 370910
商品詳細を見る



設営方法は、ここでど素人の自分が書くのもなんなので、下のサイトを参照されたし。
っていうか、下のサイトを参考にして立てたので(笑
アライテント/ツェルトの設営方法


で、設営したツェルト。


一応、まともに張れたように見える。


固定は石やペグなどで。

自分の持っているツェルトの4隅には、ペグが通るくらいの小さいループがついているが、ペグが入らない地面の場合、石で固定するために、100円ショップで買った髪ゴムを取り付けた。実際張ってみたら、この髪ゴムはちょっと弱過ぎた。やはり頑丈なテント用のゴムをつけないといけないようだ。


ポールとしてはストック、張り綱は6mmのロープを使用。

ポールはアライテントのサイトを見ると、地面に突き刺すのではなく置くだけでOKだそうだ。たしかに置いただけでしっかり立ってた。

ポールの固定方法については以下のサイトを参考にした。ツェルト張りではないけど、タープ張りについて詳しく書かれている。おすすめ。

タープの張り方(一人で張れる)講習
キャンプる人(CAMPRUJIN) "おやじ" の部屋/タープの張り方


ポール固定用の張り綱は、自在をつけた専用のものを取り付けると張りやすいだろうが、今回は必ず持ち歩けと山岳会から言われている6mmx10mのロープだけを使用。2人で立てる場合は、自在がなくてもそれほど張りにくくなかった。でも、1人だとペグダウンの位置を決めるのがけっこう難しかった。


じつはこんなに小さい。高さは160cmぐらいの人の腰にも満たない。

あ、使ったツェルトは、HERITAGEエマージェンシー・ツェルトってやつ。



さて、自分の張ったツェルトに入ってみるとするか。


まともに立っているように見えたが、入るなりいきなり1隅が外れる。

どうやら4隅をしっかりと固定するのがポイントのようだ。きちんとペグダウンするか、石を使う場合は、動かないように何個も石を重ねるとか。

固定し直して、再びツェルトに入る。


今度はしっかり固定したのでOK。


狭っ!!! っていうか暑っ!!! (この日は予想最高気温28℃だった)

はじめて自分で立てたツェルトははっきり言って居住性サイアクだった。雨の日だったら、濡れたツェルトの壁が体に張り付いて濡れてしまうだろう。あと風が吹いたら倒れてしまいそう。回数こなせば、壁がたるまないように、風が吹いても倒れないように、もっときちんと張れるようになるものなのだろうか。っていうか、風が吹いているときに、1人でツェルトを張れるものなんだろうか。

壁がたるまないように、中にフレームを取り付けられるツェルトもあるようだ。下のツェルトがそのタイプ。その下にあるのが専用フレーム。でも、このフレームを合わせると、ツェルト390g+フレーム120gで合計510gになってしまう。それって自分的にはちょっとビミョー…。自分だったら、プラス240gを我慢して、現在軽量化山行のときに使っているポールと本体で750gのアライテントのビビィシェルターを持って行くだろうな。設営もツェルトに比べたら全然簡単だし。

ARAI TENT(アライテント) スーパーライト・ツェルト2 370200ARAI TENT(アライテント) スーパーライト・ツェルト2 370200
商品詳細を見る

ARAI TENT(アライテント) ツェルト内フレーム 2~3人用 374400ARAI TENT(アライテント) ツェルト内フレーム 2~3人用 374400
商品詳細を見る

それからサイドの壁にループがついていて、張り綱を張って中の空間を広げられるようになっているツェルトもあるらしい。このループだったら自分で取り付けられるかも。


こんなかんじ?

ってなわけで、ツェルト張りは今後も訓練が必要… まず、中で一晩を過ごしてみなくちゃ。無雪期の天気がいい日→雨の日→残雪期、のように段階を経て試してみよう。あと、ベンチレーターにロープを通して、ツェルトをぶらさげる設営方法もやってみたい。

張れるようになったら、超軽量化山行で使ってみたい。なんたって重さは300g弱なのだから。今、超軽量化山行で使っているビビィシェルターはポールと本体合わせて750gなんで。

でも、極端な寒がりだし、虫に刺されるとすごいアレルギー反応が起きるし、持って行ける山や季節はものすごく限られると思うけど。無雪期の寒くないときで、雨が降らないような時期で、虫がいない山。

え? そんな条件を満たすようなところないって?

追記:
「ツェルト 張り方」などで検索してこのエントリにたどりついた方は、下の 「関連エントリ」 にあるリンク先もぜひご覧になってください。


関連エントリ
ヤングが集う川苔山w
ツェルト張りに関して ―ツェルト張り訓練・使用履歴の一覧

参考サイト
アライテント/ツェルトの設営方法
タープの張り方(一人で張れる)講習
キャンプる人(CAMPRUJIN) "おやじ" の部屋/タープの張り方

関連商品

アライテント(ARAI TENT) スーパーライト・ツェルト2 2~3人用 34224049アライテント(ARAI TENT) スーパーライト・ツェルト2 2~3人用 34224049
商品詳細を見る

ARAI TENT(アライテント) ツェルト内フレーム 2~3人用 374400ARAI TENT(アライテント) ツェルト内フレーム 2~3人用 374400
商品詳細を見る

ARAI TENT(アライテント) ビバーク・ツェルト1 370910ARAI TENT(アライテント) ビバーク・ツェルト1 370910
商品詳細を見る

パイネ(パイネ) ゴアライトXツェルト 2-3人用パイネ(パイネ) ゴアライトXツェルト 2-3人用
商品詳細を見る

モンベル U.L.ツェルトモンベル U.L.ツェルト
商品詳細を見る

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930

商品詳細を見る


trackbacks(0) | comments(16)edit 
↑top 


COMMENT

by 監督
おー、随分まじめにトライしましたね。大変参考になりました、ってか、もう自分はツエルト張りをやる気がしなくなりましたね。だって、「無雪期の寒くないときで、雨が降らないような時期で、虫がいない山で、風も吹かない」ときなら、ツエルトなしでシュラフカバーだけでもOKでしょう。超軽量化の時は張るのをあきらめて、ツエルトをかぶるだけで命を救えればよしとしますわ。それか中軽量化として軽いテントを探して、これとシュラフカバーをくみあわせた位を常備して夏の低山でビバーグするのがいいのかなって思い始めました。

と思って探してたら、
mont-bell UL-UNO 31,290 ツェルトと自立式テントのハイブリッドモデル。
本体重量760gと世界最高レベルの軽量コンパクト性を実現。
てのがあって、なかなかそそりますが、目下金欠で思い切れませんな。

そっか。川苔はアツイのか。 by まゆ太
ツェルト、わたしも山の中じゃ試したことないなぁ。。
夏とかだと、ツェルトの人よくいますよね。

by てる
v-5監督

「もう」ってことはツェルト張り、そんなに何度も経験あるんですか?
だったらやっぱ天神平でやればよかったなぁ。
いろいろ教えてもらいたかった。
いつかちゃんと教授してくださいな。

>「無雪期の寒くないときで、雨が降らないような時期で、虫がいない山で、風も吹かない」
たぶんそんなとこ日本国内ではないんじゃないでしょうか(笑
それともどこかご存じで?


v-5まゆ太さん

そう、川苔山はアツイんです(笑
ツェルト、くるまってビバークしたことは何度かあるけど、
立てたのは始めてでした。
あ、正確には2回目かな。
楽しいから立てて中で寝てみたいです。

by 監督
>「もう」ってことはツェルト張り、そんなに何度も経験あるんですか?
輝子さんのレポを拝見したので、「もう」自分ではやらなくても経験したのと同じって意味です。へへへ。

by てる
v-5監督

私のようなツェルト張り初心者のレポで
経験した気にならないでくださいな。

あ、こんなのあるみたいですよ。
いかがでしょう。
http://beyondx.exblog.jp/11522675/
私は、狭い自分だけの空間が欲しいからなるべくツェルト立てたい派ですけど、
解放感あっていいんじゃないでしょうか。
っていうか、シュラフカバーだけでもできることですが。

by 木曽駒
ツェルトって、まぁお守りみたいなものだから、実際使ったことはないのよねぇ。
(って、緊急時に使えるのか?思いました。反省)
私もツェルト張る訓練しないといけないかな?

以前ツェルトの中で傘をさして空間を確保しているのを見た気がします。
どこだったかなぁ?
だからポールはいらないかなぁ?って思いました。


by 監督
>解放感あっていいんじゃないでしょうか。
>っていうか、シュラフカバーだけでもできることですが。

はい、そうですね。これなら手持ちのシュラフカバーを生かしたいです。


by ぜいぜい
ツェルトって、冬の山頂とかで休憩の寒い時に入るとあったかくて幸せだよね~
でも、まだ自分で張ったことはないです。(他力本願)
沢でもしっかりテント持ってく我家だからツェルトは、なかなか出番がなさそうかも。

by てる
v-5駒子さん

ツェルト立ては楽しいので、自分的にはやってみることをおすすめします。

ああ、傘ね。よく聞きますよね。
私は、緊急用じゃなくてふだん使いにしてみたいので、
傘だけじゃ居住性が足りないかな。
でも、一度傘を使っても寝てみたいですね。


v-5監督

そう、ツェルトカバーだけでも一度寝てみないとなぁ。
やりたいことたくさんあり過ぎ(笑
今度一緒に奥多摩でビバークしませんか?


v-5ぜぜさん

そう、まだ寒い富士山の山頂でツェルトかぶってお茶したときはホッとしました。
どちらかというと立てるよりも、かぶる方が頻度が高そう。

テント持って行く余力があるんだったら、テントを持って行った方が断然いいのでは。
居住性がいいから、遭難した場合、生存の確立が断然上がると思いますよ。

結露 by アルピニスとし
てるさん、
大変参考になりました。
暑っ!いんですね。
やっぱ、ツェルトは日本でも場所を選ぶようす。僕もアライのツェルトを使うことがあるのですが、夏で2500mm辺りでも、寒暖差から結露の発生があってシュラフがびしょぬれになることがあります。ファイントラック製のは結露が少ないという話ですが、モンベルも新作を出したのかな。

by 監督
>今度一緒に奥多摩でビバークしませんか?

星がきれいに見えそうな夜がいいですね。

by てる
v-5アルピニスとしさん

夜になったら気温が下がると思うので、奥多摩でもむしろ寒いかもしれません。

そうそう、ツェルトは結露がすごいんだそうですね。
私もむかーし、人に張ってもらったフライつきのツェルトで2泊したことがありますが、
ものすごい結露で非常にいやな思いをしました。
しかも、そのツェルトは昔のだったので、今の1-2人用のテントよりも重かった(爆
それからたぶん軽量テントに走ったような気がします。

>ファイントラック製
たしか普通のより結露が12分の1でしたっけ?
今のツェルトがやぶれたら、買おうと思ってます。

>モンベルも新作を出したのかな。
それはチェックしてないな。あとでチェックしてみます。


v-5監督

詩人だな~(笑

by REI
てるさんと同じfc2に引っ越しました。 宜しくお願いします。
で、消滅したdoblogに11月にツェルト山行の記事を載せていました。 秋の日の出山は朝の日の出を含め、快適でした。
私はツェルトのフライをタープの様に適当に張りましたが、結露も無く快適でした。(呼気が凍ってましたが)
ある秋の奥多摩の雨中では、フライ有りの私は快適でしたが、無しの人は中で傘をさしてました。(雨はダメよね)
横にループが無い場合は、内側にハンカチ等をあてて、そこを外からロープで巻いて張ると、同じ役目をします。 とガイドさんに教えてもらいました。
ビビィの記事、特に雪中の張り方、とても興味深く拝読しました。 

by てる
v-5REIさん

fc2にようこそ!v-290
何度かいろんなblogサービスを使ってみてここに落ち着いたので、
わりと使いやすいですよ。

> で、消滅したdoblogに11月にツェルト山行の記事を載せていました。
拝見しました。

> 私はツェルトのフライをタープの様に適当に張りましたが、結露も無く快適でした。(呼気が凍ってましたが)
> ある秋の奥多摩の雨中では、フライ有りの私は快適でしたが、無しの人は中で傘をさしてました。(雨はダメよね)
雨がもっちゃうんでしょうか。
ツェルトにはフライっていうか、タープのようなレジャーシートもあるといいですね。

> 横にループが無い場合は、内側にハンカチ等をあてて、そこを外からロープで巻いて張ると、同じ役目をします。 とガイドさんに教えてもらいました。
なるほど。
雪山でけが人を搬送するとき、ツェルトやテントにけが人をくるんでロープで固定する場合、アンカーとしてカラビナなどを中に入れる方法と一緒ですね。
(こんなかんじ:
http://www.k-rouzan.net/soutaibu/kyujotai/files/sheet_transportation_in_winter.pdf)
ハンカチだと生地を傷めなさそうだからいいですね!

by REI
私のツェルトはシーム処理をされていないので、フライシートが無いと雨漏りします。 風雪にはツェルトは向いていますが、ツェルトの防水フライは、最小のタープで、使い方によっては便利です。

by てる
v-5REIさん

> 私のツェルトはシーム処理をされていないので、フライシートが無いと雨漏りします。 風雪にはツェルトは向いていますが、ツェルトの防水フライは、最小のタープで、使い方によっては便利です。

なるほど。
たぶん私のツェルトも雨漏りしそう。
でも、緊急用だからいいやってことでv-392

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

おー、随分まじめにトライしましたね。大変参考になりました、ってか、もう自分はツエルト張りをやる気がしなくなりましたね。だって、「無雪期の寒くないときで、雨が降らないような時期で、虫がいない山で、風も吹かない」ときなら、ツエルトなしでシュラフカバーだけでもOKでしょう。超軽量化の時は張るのをあきらめて、ツエルトをかぶるだけで命を救えればよしとしますわ。それか中軽量化として軽いテントを探して、これとシュラフカバーをくみあわせた位を常備して夏の低山でビバーグするのがいいのかなって思い始めました。

と思って探してたら、
mont-bell UL-UNO 31,290 ツェルトと自立式テントのハイブリッドモデル。
本体重量760gと世界最高レベルの軽量コンパクト性を実現。
てのがあって、なかなかそそりますが、目下金欠で思い切れませんな。
[ 2009.05.12(Tue) 17:43] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

ツェルト、わたしも山の中じゃ試したことないなぁ。。
夏とかだと、ツェルトの人よくいますよね。
[ 2009.05.12(Tue) 23:15] URL | まゆ太 #Uc1kfBME | EDIT | ↑ 

v-5監督

「もう」ってことはツェルト張り、そんなに何度も経験あるんですか?
だったらやっぱ天神平でやればよかったなぁ。
いろいろ教えてもらいたかった。
いつかちゃんと教授してくださいな。

>「無雪期の寒くないときで、雨が降らないような時期で、虫がいない山で、風も吹かない」
たぶんそんなとこ日本国内ではないんじゃないでしょうか(笑
それともどこかご存じで?


v-5まゆ太さん

そう、川苔山はアツイんです(笑
ツェルト、くるまってビバークしたことは何度かあるけど、
立てたのは始めてでした。
あ、正確には2回目かな。
楽しいから立てて中で寝てみたいです。
[ 2009.05.13(Wed) 09:41] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

>「もう」ってことはツェルト張り、そんなに何度も経験あるんですか?
輝子さんのレポを拝見したので、「もう」自分ではやらなくても経験したのと同じって意味です。へへへ。
[ 2009.05.13(Wed) 09:52] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5監督

私のようなツェルト張り初心者のレポで
経験した気にならないでくださいな。

あ、こんなのあるみたいですよ。
いかがでしょう。
http://beyondx.exblog.jp/11522675/
私は、狭い自分だけの空間が欲しいからなるべくツェルト立てたい派ですけど、
解放感あっていいんじゃないでしょうか。
っていうか、シュラフカバーだけでもできることですが。
[ 2009.05.13(Wed) 10:06] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

ツェルトって、まぁお守りみたいなものだから、実際使ったことはないのよねぇ。
(って、緊急時に使えるのか?思いました。反省)
私もツェルト張る訓練しないといけないかな?

以前ツェルトの中で傘をさして空間を確保しているのを見た気がします。
どこだったかなぁ?
だからポールはいらないかなぁ?って思いました。

[ 2009.05.13(Wed) 10:43] URL | 木曽駒 #6wH.DH8I | EDIT | ↑ 

>解放感あっていいんじゃないでしょうか。
>っていうか、シュラフカバーだけでもできることですが。

はい、そうですね。これなら手持ちのシュラフカバーを生かしたいです。

[ 2009.05.13(Wed) 12:51] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

ツェルトって、冬の山頂とかで休憩の寒い時に入るとあったかくて幸せだよね~
でも、まだ自分で張ったことはないです。(他力本願)
沢でもしっかりテント持ってく我家だからツェルトは、なかなか出番がなさそうかも。
[ 2009.05.13(Wed) 17:45] URL | ぜいぜい #aRYHo2sk | EDIT | ↑ 

v-5駒子さん

ツェルト立ては楽しいので、自分的にはやってみることをおすすめします。

ああ、傘ね。よく聞きますよね。
私は、緊急用じゃなくてふだん使いにしてみたいので、
傘だけじゃ居住性が足りないかな。
でも、一度傘を使っても寝てみたいですね。


v-5監督

そう、ツェルトカバーだけでも一度寝てみないとなぁ。
やりたいことたくさんあり過ぎ(笑
今度一緒に奥多摩でビバークしませんか?


v-5ぜぜさん

そう、まだ寒い富士山の山頂でツェルトかぶってお茶したときはホッとしました。
どちらかというと立てるよりも、かぶる方が頻度が高そう。

テント持って行く余力があるんだったら、テントを持って行った方が断然いいのでは。
居住性がいいから、遭難した場合、生存の確立が断然上がると思いますよ。
[ 2009.05.13(Wed) 18:53] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

てるさん、
大変参考になりました。
暑っ!いんですね。
やっぱ、ツェルトは日本でも場所を選ぶようす。僕もアライのツェルトを使うことがあるのですが、夏で2500mm辺りでも、寒暖差から結露の発生があってシュラフがびしょぬれになることがあります。ファイントラック製のは結露が少ないという話ですが、モンベルも新作を出したのかな。
[ 2009.05.14(Thu) 01:06] URL | アルピニスとし #- | EDIT | ↑ 

>今度一緒に奥多摩でビバークしませんか?

星がきれいに見えそうな夜がいいですね。
[ 2009.05.14(Thu) 07:33] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5アルピニスとしさん

夜になったら気温が下がると思うので、奥多摩でもむしろ寒いかもしれません。

そうそう、ツェルトは結露がすごいんだそうですね。
私もむかーし、人に張ってもらったフライつきのツェルトで2泊したことがありますが、
ものすごい結露で非常にいやな思いをしました。
しかも、そのツェルトは昔のだったので、今の1-2人用のテントよりも重かった(爆
それからたぶん軽量テントに走ったような気がします。

>ファイントラック製
たしか普通のより結露が12分の1でしたっけ?
今のツェルトがやぶれたら、買おうと思ってます。

>モンベルも新作を出したのかな。
それはチェックしてないな。あとでチェックしてみます。


v-5監督

詩人だな~(笑
[ 2009.05.14(Thu) 09:46] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

てるさんと同じfc2に引っ越しました。 宜しくお願いします。
で、消滅したdoblogに11月にツェルト山行の記事を載せていました。 秋の日の出山は朝の日の出を含め、快適でした。
私はツェルトのフライをタープの様に適当に張りましたが、結露も無く快適でした。(呼気が凍ってましたが)
ある秋の奥多摩の雨中では、フライ有りの私は快適でしたが、無しの人は中で傘をさしてました。(雨はダメよね)
横にループが無い場合は、内側にハンカチ等をあてて、そこを外からロープで巻いて張ると、同じ役目をします。 とガイドさんに教えてもらいました。
ビビィの記事、特に雪中の張り方、とても興味深く拝読しました。 
[ 2009.06.01(Mon) 11:55] URL | REI #Q0/G/4Qc | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

fc2にようこそ!v-290
何度かいろんなblogサービスを使ってみてここに落ち着いたので、
わりと使いやすいですよ。

> で、消滅したdoblogに11月にツェルト山行の記事を載せていました。
拝見しました。

> 私はツェルトのフライをタープの様に適当に張りましたが、結露も無く快適でした。(呼気が凍ってましたが)
> ある秋の奥多摩の雨中では、フライ有りの私は快適でしたが、無しの人は中で傘をさしてました。(雨はダメよね)
雨がもっちゃうんでしょうか。
ツェルトにはフライっていうか、タープのようなレジャーシートもあるといいですね。

> 横にループが無い場合は、内側にハンカチ等をあてて、そこを外からロープで巻いて張ると、同じ役目をします。 とガイドさんに教えてもらいました。
なるほど。
雪山でけが人を搬送するとき、ツェルトやテントにけが人をくるんでロープで固定する場合、アンカーとしてカラビナなどを中に入れる方法と一緒ですね。
(こんなかんじ:
http://www.k-rouzan.net/soutaibu/kyujotai/files/sheet_transportation_in_winter.pdf)
ハンカチだと生地を傷めなさそうだからいいですね!
[ 2009.06.01(Mon) 13:03] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

私のツェルトはシーム処理をされていないので、フライシートが無いと雨漏りします。 風雪にはツェルトは向いていますが、ツェルトの防水フライは、最小のタープで、使い方によっては便利です。
[ 2009.06.01(Mon) 15:35] URL | REI #- | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

> 私のツェルトはシーム処理をされていないので、フライシートが無いと雨漏りします。 風雪にはツェルトは向いていますが、ツェルトの防水フライは、最小のタープで、使い方によっては便利です。

なるほど。
たぶん私のツェルトも雨漏りしそう。
でも、緊急用だからいいやってことでv-392
[ 2009.06.01(Mon) 19:26] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/748-5e291d70
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。