top > 谷川連峰 仙ノ倉北尾根~谷川岳縦走 3日目
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 谷川連峰 仙ノ倉北尾根~谷川岳縦走 3日目  

2009年04月07日 ()
谷川連峰 仙ノ倉北尾根~谷川岳縦走 2日目」 からの続き。


再びさむーいさむーい夜を過ごした3日目の朝。あいかわらず寒くて起きられず、明るくなってから起き出し、7時過ぎに出発。ダメダメ山ヤの路線まっしぐら。

夜中、前日よりは寒くはなかったけど、靴が凍っていたところを見ると、気温はこの日の方が低かったようだ。っていうか、高度が高いからかも。足元の水は凍ってなかったけど。

貧しい朝食を食べ、パッキングを済ませ、なんとか靴を溶かして履き、シェルターの外に出てみると、心配していたホワイトアウトもすっかりなくなり、前日に引き続き晴れ。

しかし歩き始めてみると、万太郎山までの稜線は意外に風が強く、体力を消耗した。


こちらが万太郎山。


はい、頂上到着。
blogって途中経過を省略できるから素敵。風があってけっこう苦労したのに(笑
バックは登ってきた仙ノ倉北尾根。たぶん。

大障子ノ頭が見えてくるとちょっと青くなった。えっ、あんなとここれから通過するの? 明らかに悪そう。というかんじだったから。


ちょっとビビった大障子ノ頭。
この画像だといまいち悪そうに見えないけど。

実際近づいてみたらそれほど悪くもなく、無事通過。その後、大障子避難小屋を通る。

大障子避難小屋も、戸の隙間から雪が入り込んでいてあかなくなっていて、中に入れない状態だった。やっぱり昨日、ここまで来なくてよかった… もし、昨日ここに来ていたら、小屋に入れなかったときの落胆はすごかっただろう。それに18:00頃にはホワイトアウトだったし。ひょっとしたら行動中ホワイトアウトになってしまって、いい場所にテン場を見つけられず、吹きっさらしのところにシェルターを張ることになってたかもしれない。



そんなこんなでオジカ沢の頭。直下に避難小屋がある。

オジカ沢避難小屋は入れた。風が少しあるので、中に入って休憩。ここの避難小屋に入れてもなあ… 肩の小屋がいいところだってわかっているから、無理してでも肩の小屋に行くだろう。

小屋で休憩してから谷川岳をめざす。あともうちょっと。微妙にトレースが残っていた。きっと谷川岳からピストンで人が来ているのだろう。


仙ノ倉~谷川岳間は一般ルートなのだが、雪がつくとけっこう悪い。トレースもほとんどないし。エビス、大障子ノ頭、オジカ沢の頭~肩の小屋間のやせ尾根が核心と言ったところか。

核心だけならまだよかったのだが、雪が湿ってたのでたったの一歩で雪がだんごになって滑りそうになったり、天気がよかったので雪がどんどん解けてシュルンドがあちこちにあいて何度かはまったりもした。

こんな感じだったので、慎重過ぎるくらい慎重になって、一歩一歩アイゼンに付いた雪をピッケルで叩き落としたり、これは大丈夫だろってところも後ろ向きで降りたりした。そのせいで多少時間がかかってしまったかもしれない。でも、安全には代えられない。

というようにけっこう苦労して歩いてきたので、トマノ耳に到着したときの嬉しかったこと。


谷川岳トマの耳。仙ノ倉~谷川の縦走がようやく完了。

山頂は、オジカ沢の頭から歩いてくるときは人がいるのが見えたのだが、自分が到着したときは幸い誰もいなかった。そんなわけで山頂を独り占め。

下山は、天神平からロープウェイで下りたいという誘惑を振り切って、もうここまで来たんだからやっぱり最後までってことで、西黒尾根を下りた。斜面は、もうすっかり雪が溶けて、下りにくかったけど。


とまあ、各シーズンごとに自分に課している単独行、なんとか滑り込みセーフで実現することができた。来年も残雪期にどこかに行けるかな。


関連エントリ
谷川連峰 仙ノ倉北尾根~谷川岳縦走 1日目
谷川連峰 仙ノ倉北尾根~谷川岳縦走 2日目
2006年03月18日 風雪の平標山
2006年03月19日 下りてびっくり
2006年4月1日 仙ノ倉北尾根 敗退
アライテントビビィシェルター

関連商品

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
商品詳細を見る

BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) トランスファー7BlackDiamond(ブラックダイヤモンド) トランスファー7
商品詳細を見る

THERMAREST(サーマレスト) リッジレスト(レギュラー) グリーンXグレー(底面) 30031THERMAREST(サーマレスト) リッジレスト(レギュラー) グリーンXグレー(底面) 30031
商品詳細を見る


trackbacks(0) | comments(8)edit 
↑top 


COMMENT

おっ by ヨシ
 「黄金の週」なんだから執筆よりもなによりも山ですよ山!(^.^)b

by てる
v-5ヨシさん

GWなので執筆は放置して、普通の人のように街で遊んできました^^
詳しくはこの次のエントリを…

by 山の幸
マッテマシタ!!!
 
 冬季谷川岳縦走お疲れ様でした。
 最終日 お天気に恵まれ良かったですね。
 
 西黒尾根を下山とは
      流石 輝子さんです。

by 若葉
レポートを楽しみに、時々覗いていましたよ~。
やっぱり、根性あります。
私は「自分に課していた」のではなく、パートナーがいないから仕方なくひとり歩きしていましたから。

管理人のみ閲覧できます by -

by てる
v-5山の幸さん

コメント返し遅くなってごめんなさい。
2週間ほど国外逃亡していました。

谷川の記録、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
この山行で、自分的にはまたレベルアップしたと思います。

西黒尾根下山は、金がないか、ケチな山ヤがよくやる手です(笑
私はその両方であるため、つい西黒を選んでしまいました。
金があったら優雅にロープウェイを使ってみたいもんです。

by てる
v-5若葉さん

しばらく海外に行ってたのでお返事遅くなってごめんなさい。
向こうからは文字化けしない環境からは若葉さんのコメントは見られたのですが、
日本語が入力できなくて。

> 私は「自分に課していた」のではなく、
> パートナーがいないから仕方なくひとり歩きしていましたから。

えーと、まあ、「課す」なんて言葉を使いましたけど、
実際は行きたいから行くんですよね。
義務10%、あとの90%はやっぱ自分から欲してかな。
義務っていうのは、やっぱ単独で歩くと、すごく勉強になるから。
ステップアップの度合が全然違うんですよね。
それがまたおもしろくて。

by てる
v-5秘密のコメントさん

しばらく留守にしてたのでお返事遅くなってごめんなさい。

HP、拝見させていただきました。
いよいよ復活ですね。
今年の夏はどちらにいかれるのですか?

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

 「黄金の週」なんだから執筆よりもなによりも山ですよ山!(^.^)b
[ 2009.04.29(Wed) 21:55] URL | ヨシ #- | EDIT | ↑ 

v-5ヨシさん

GWなので執筆は放置して、普通の人のように街で遊んできました^^
詳しくはこの次のエントリを…
[ 2009.04.30(Thu) 15:42] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

マッテマシタ!!!
 
 冬季谷川岳縦走お疲れ様でした。
 最終日 お天気に恵まれ良かったですね。
 
 西黒尾根を下山とは
      流石 輝子さんです。
[ 2009.06.25(Thu) 22:36] URL | 山の幸 #- | EDIT | ↑ 

レポートを楽しみに、時々覗いていましたよ~。
やっぱり、根性あります。
私は「自分に課していた」のではなく、パートナーがいないから仕方なくひとり歩きしていましたから。
[ 2009.06.26(Fri) 18:40] URL | 若葉 #- | EDIT | ↑ 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009.07.05(Sun) 23:49] URL | # | EDIT | ↑ 

v-5山の幸さん

コメント返し遅くなってごめんなさい。
2週間ほど国外逃亡していました。

谷川の記録、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
この山行で、自分的にはまたレベルアップしたと思います。

西黒尾根下山は、金がないか、ケチな山ヤがよくやる手です(笑
私はその両方であるため、つい西黒を選んでしまいました。
金があったら優雅にロープウェイを使ってみたいもんです。
[ 2009.07.13(Mon) 18:20] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

v-5若葉さん

しばらく海外に行ってたのでお返事遅くなってごめんなさい。
向こうからは文字化けしない環境からは若葉さんのコメントは見られたのですが、
日本語が入力できなくて。

> 私は「自分に課していた」のではなく、
> パートナーがいないから仕方なくひとり歩きしていましたから。

えーと、まあ、「課す」なんて言葉を使いましたけど、
実際は行きたいから行くんですよね。
義務10%、あとの90%はやっぱ自分から欲してかな。
義務っていうのは、やっぱ単独で歩くと、すごく勉強になるから。
ステップアップの度合が全然違うんですよね。
それがまたおもしろくて。
[ 2009.07.13(Mon) 18:25] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

v-5秘密のコメントさん

しばらく留守にしてたのでお返事遅くなってごめんなさい。

HP、拝見させていただきました。
いよいよ復活ですね。
今年の夏はどちらにいかれるのですか?
[ 2009.07.13(Mon) 18:27] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/742-d5a044af
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。