top > 踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ アプローチ編
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ アプローチ編 

2009年03月07日 ()
この週末は、長野県の木曽にある木曾御嶽山にふうろさんと行ってきた。
木曾御嶽山とは、日本百名山で、標高 3,067m ある山。
富士山、白山、立山に並ぶ霊山でもある。



長いので隠します。

この週末、どうも天気予報はよくなく、なかなか行く先が決まらなかった。
それに八つや谷川はまれに見る貧雪という話だし。
雪を楽しみたかったので、北で天気予報がいいところを探していた。

たまたま御嶽なら雪がたっぷりあるという情報をGETしたので、
木曜の夜に天気を調べてみたらなかなかいいかんじ。
行先は御嶽に決定した。


御嶽の登山口はたくさんある。
我々はスキー場のゴンドラに乗って一番標高をかせげる王滝口を選択。
(王滝口登山道とその他の登山口に関しては王滝村のサイトのこちらを参照のこと)

王滝口は おんたけ2240 というスキー場から始まる。
ここの駐車場に車を止めて、出発しようとしたら。



自分、わかん忘れてるし…



前夜、ふうろさんに 「わかん忘れないでね!」 というメールを送ったくせに、
自分が忘れるとは。なんというアホアホ。

そんなメールを送ったので、ふうろさんはわかんを忘れているわけないのだが、
自分におつきあいしてくれて、わかんを車にデポしていった。
後で後悔することとなるのだが・・・


おんたけ2240 のゴンドラに乗って降り立つとそこはもう2,240m。
御嶽の山頂まであと827mしかない。ラッキー♪

ちょうどこのゴンドラ駅のすぐ上に三笠山という山があるので、
御嶽に到達できなかった場合、どこでもピークを踏んでおければということで、
ザックを置いて、まったくの空身で三笠山にアタックした。

が…



雪 、ふ か っ !!!



三笠山なんて誰も登らないらしく、トレースのかすかな跡もまったくなく、
ももまでのラッセルを強いられた。

で、なんとか三笠山に到着。
blogっていいね(笑
神社があったけど、雪が相当深いので、鳥居が埋まっていた。


三笠山の鳥居。くぐるのに一苦労。

この山頂でお参りをした後、ゴンドラ駅に戻り、
テン泊装備のザックを抱えて御嶽に向かった。

が、雪が深く、つぼ足だったので、もぐる、もぐる。
ふうろさんは家を出た時点でザックの重量は20kgを越えていたそうだ。
これに水を3~4kg入れたので、さらにすごいことになっていたと思われ。
自分も水を2.5L+1.8L入れたけど、たぶんザックの重量は20kgぐらい?
でも体重の半分ぐらいだけどね。

体重の比率的にはけっこう重いザックを抱えてのつぼ足歩行だったので、
装備さえしっかりしていれば15分ぐらいで歩けるようなところを
なんと1時間半かかって歩いた。

ふうろさんはザックも含めて自分より15kgは重かったので大変だったらしい。
自分はスノーシューで踏み固められた跡に乗っかってひょいひょい進めたが、
ふうろさんはその跡の上に乗っても一歩ごとに埋まったという。
途中で水を全部捨てたけど、それでも埋まってたし…

こういうときだけ体重が軽いのっていいね(笑
体重が軽いと重い荷物は担げないし、風で飛ばされるので、
山ヤとしてサイアクとか思ってたんだけど。


そんな苦労をした後、田の原の適当なところにテントを張って宴会。
ふうろさんはあいかわらず豪華なつまみを持ってきてくれていた。


ローストビーフにフルーツまであった

そういや、ここらへんはスキー場がめっちゃ近いので、
自分のソフトバンクの携帯でもアンテナが3本立つほどだったなぁ。


踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ アタック編」 に続く。


関連エントリ
踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ アタック編
踏み抜き地獄の木曾御嶽山 ~ 食事編

関連サイト
おんたけ2240 … ピンポイント天気予報へのリンクあり。
王滝村ホームページ/木曽御嶽山(王滝口)登山情報

関連商品

エキスパートオブジャパン(EXPERT of JAPAN) スノーシューズエキスパートオブジャパン(EXPERT of JAPAN) スノーシューズ
商品詳細を見る

MSR(マウンテンセイフティリサーチ) ライトニングアッセント25 グリーン 40206 40206MSR(マウンテンセイフティリサーチ) ライトニングアッセント25 グリーン 40206 40206
商品詳細を見る


trackbacks(0) | comments(10)edit 
↑top 


COMMENT

by まきくま
ほお、御嶽だったんだー。
私は夏も行ったことないんだよねー。行きたかったな。
でも、この画像だと、展望はなしだったのかな? 
でもがっつり歩けたんだろうねえ。地獄かー。お二人(?)にはぴったりな山ですたね(笑)。

by てる
v-5まっきー

> ほお、御嶽だったんだー。
そちらは南の島?だったんだね(笑
知らずにメールして失礼いたしました。

曇ってたけど展望はばっちりでした。
槍まできれいに見えてました。
がっつり歩いたというか、、、装備不良のためはまったというか、、、

おつかれ~~~ by 木曽駒
つまみ&ご馳走画像を見た時点で行けばよかった~~(爆

ここはスキー場のゴンドラ駅に近いので、思い装備も何とかなるかな?
って、思ったけどやはりつぼ足は大変でしたね。
今年は例年より雪が少ないといわれていますが、やはり3000mは侮れないね。

GWあけ、道路があいたらまったり雪中テント泊してもいいかなぁ~~。
山頂からの尻セードも楽しいんだよねぇ。

また木曽御嶽山に遊びにきてね。
次回はご一緒できるよう、都合あわせますね。

by hiro
ふっかふかの雪だったのね。
さぞかし、たいへんだったでしょう。わかんなし。
で、頂上まで?
体脂肪も減るね~☆

つまみ。。。おいしそ・・(←まだ、言ってるよ。あたし)

by MINMIN
ここ、山スキーでは4月下旬以降ならば全山ザラメで快適なバーンで滑るの楽しいらしいです。
高速のアプローチが日帰りでははや遠いので、誰か私を乗せてって感じです。
続編、楽しみにしてます。

by てる
v-5木曽駒さん

急に決まったので直前にお知らせしてすみません。
いつか、もっと前から計画していきたいです。
とりあえず夏かな。池めぐりとか楽しそう。
そのときはぜひ。

あのテントだったら3人でなんとか寝れたはず。
ほんと来なくて残念でした(笑

たぶん、ザックも含めた全重量が55kg以内だったらつぼ足でももぐらないと思います。
ザックおろしたら私は全然もぐらなかったし、ザック担いでてもふうろさんほどもぐらなかったから。

山頂からの尻セーど、こわすぎ。
私、尻セーどで止まらなくなって九死に一生を得たことあるので(笑

下山後はおつきあいどうもありがとうございました。
お土産までいただいちゃってどうもすみません。


v-5hiroさん

踏み抜き地獄は下の方だけ。
途中から雪がしまってアイゼンのお世話になりました。

体脂肪減ったのはいいけど、その後の行いが悪く、
すんごい増えた!!!
どうしよう状態…

つまみはまた今度ね。
ふうろさんがローストビーフ、また用意してくれるよ、きっと。


v-5MINMINさん

山スキーの人がほとんどでした。
日帰りでなくて、テン泊はしないんですか?
知り合い、山スキーでないけど、バスを乗り継いで行ってましたよ。

MINMINさんへ by 木曽駒
関東から木曽御嶽山、日帰りはやはり辛いですよね。
是非、木曽駒荘泊まりでおいでください。
都合さえ会えばいつでもOKですよ。

関東からは高速バスが、木曽直通が一日2本。
伊那ICまでだったら、1時間おきに出ているので高速バスでおいでになるのが便利かな?
伊那ICまでお迎えにあがりますよ。
輝ちゃんもまたきてね。

>たぶん、ザックも含めた全重量が55kg以内
今の私の重さとあまりかわらん!!(爆
じゃ、荷物無しでの参加にします!!
って、いうよりやはり私もジョグしなきゃいけないなぁ~~~。

by てる
v-5MINMINさん

>関東から木曽御嶽山、日帰りはやはり辛いですよね。
そうそう、ぜひ泊まりで。
って、私はまわしもんか(笑


v-5木曽駒さん

ジョグするならぜひJogNoteに登録を。
って、こちらも私はまわしもんか(笑

by ぜいぜい
>ザックも含めた全重量が55kg以内だったら

ふむふむ、スノーシューでももぐってしまう自分がやっとわかったよ。

by てる
v-5ぜぜさん

> ふむふむ、スノーシューでももぐってしまう自分がやっとわかったよ。
いや…
スノーシュー履いてたら
たぶんこのときの雪の状態だったら全重量80kgの人でも
OKだったと思われ…

ぜぜさんはなんで埋まっちゃうんでしょうね。
スノーシューが不良品なのでは?(笑
転ぶのは重心が後ろにあるからだと思うけど。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

ほお、御嶽だったんだー。
私は夏も行ったことないんだよねー。行きたかったな。
でも、この画像だと、展望はなしだったのかな? 
でもがっつり歩けたんだろうねえ。地獄かー。お二人(?)にはぴったりな山ですたね(笑)。
[ 2009.03.11(Wed) 20:44] URL | まきくま #E5Upi6Fk | EDIT | ↑ 

v-5まっきー

> ほお、御嶽だったんだー。
そちらは南の島?だったんだね(笑
知らずにメールして失礼いたしました。

曇ってたけど展望はばっちりでした。
槍まできれいに見えてました。
がっつり歩いたというか、、、装備不良のためはまったというか、、、
[ 2009.03.11(Wed) 23:15] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

つまみ&ご馳走画像を見た時点で行けばよかった~~(爆

ここはスキー場のゴンドラ駅に近いので、思い装備も何とかなるかな?
って、思ったけどやはりつぼ足は大変でしたね。
今年は例年より雪が少ないといわれていますが、やはり3000mは侮れないね。

GWあけ、道路があいたらまったり雪中テント泊してもいいかなぁ~~。
山頂からの尻セードも楽しいんだよねぇ。

また木曽御嶽山に遊びにきてね。
次回はご一緒できるよう、都合あわせますね。
[ 2009.03.12(Thu) 11:04] URL | 木曽駒 #6wH.DH8I | EDIT | ↑ 

ふっかふかの雪だったのね。
さぞかし、たいへんだったでしょう。わかんなし。
で、頂上まで?
体脂肪も減るね~☆

つまみ。。。おいしそ・・(←まだ、言ってるよ。あたし)
[ 2009.03.12(Thu) 13:25] URL | hiro #SFo5/nok | EDIT | ↑ 

ここ、山スキーでは4月下旬以降ならば全山ザラメで快適なバーンで滑るの楽しいらしいです。
高速のアプローチが日帰りでははや遠いので、誰か私を乗せてって感じです。
続編、楽しみにしてます。
[ 2009.03.12(Thu) 19:38] URL | MINMIN #195Lvy4Y | EDIT | ↑ 

v-5木曽駒さん

急に決まったので直前にお知らせしてすみません。
いつか、もっと前から計画していきたいです。
とりあえず夏かな。池めぐりとか楽しそう。
そのときはぜひ。

あのテントだったら3人でなんとか寝れたはず。
ほんと来なくて残念でした(笑

たぶん、ザックも含めた全重量が55kg以内だったらつぼ足でももぐらないと思います。
ザックおろしたら私は全然もぐらなかったし、ザック担いでてもふうろさんほどもぐらなかったから。

山頂からの尻セーど、こわすぎ。
私、尻セーどで止まらなくなって九死に一生を得たことあるので(笑

下山後はおつきあいどうもありがとうございました。
お土産までいただいちゃってどうもすみません。


v-5hiroさん

踏み抜き地獄は下の方だけ。
途中から雪がしまってアイゼンのお世話になりました。

体脂肪減ったのはいいけど、その後の行いが悪く、
すんごい増えた!!!
どうしよう状態…

つまみはまた今度ね。
ふうろさんがローストビーフ、また用意してくれるよ、きっと。


v-5MINMINさん

山スキーの人がほとんどでした。
日帰りでなくて、テン泊はしないんですか?
知り合い、山スキーでないけど、バスを乗り継いで行ってましたよ。
[ 2009.03.12(Thu) 22:37] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

関東から木曽御嶽山、日帰りはやはり辛いですよね。
是非、木曽駒荘泊まりでおいでください。
都合さえ会えばいつでもOKですよ。

関東からは高速バスが、木曽直通が一日2本。
伊那ICまでだったら、1時間おきに出ているので高速バスでおいでになるのが便利かな?
伊那ICまでお迎えにあがりますよ。
輝ちゃんもまたきてね。

>たぶん、ザックも含めた全重量が55kg以内
今の私の重さとあまりかわらん!!(爆
じゃ、荷物無しでの参加にします!!
って、いうよりやはり私もジョグしなきゃいけないなぁ~~~。
[ 2009.03.13(Fri) 10:22] URL | 木曽駒 #6wH.DH8I | EDIT | ↑ 

v-5MINMINさん

>関東から木曽御嶽山、日帰りはやはり辛いですよね。
そうそう、ぜひ泊まりで。
って、私はまわしもんか(笑


v-5木曽駒さん

ジョグするならぜひJogNoteに登録を。
って、こちらも私はまわしもんか(笑
[ 2009.03.13(Fri) 13:07] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

>ザックも含めた全重量が55kg以内だったら

ふむふむ、スノーシューでももぐってしまう自分がやっとわかったよ。
[ 2009.03.16(Mon) 19:36] URL | ぜいぜい #aRYHo2sk | EDIT | ↑ 

v-5ぜぜさん

> ふむふむ、スノーシューでももぐってしまう自分がやっとわかったよ。
いや…
スノーシュー履いてたら
たぶんこのときの雪の状態だったら全重量80kgの人でも
OKだったと思われ…

ぜぜさんはなんで埋まっちゃうんでしょうね。
スノーシューが不良品なのでは?(笑
転ぶのは重心が後ろにあるからだと思うけど。
[ 2009.03.17(Tue) 09:46] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/732-a09d56dd
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。