top > ミズナラの巨樹を求めて
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 ミズナラの巨樹を求めて 

2008年11月30日 ()
週末のボッカトレの翌日は、ミズナラの巨樹を見に行くお気楽ハイキング。
と言っても、ザックをデポしなかったので、
この日も結果的にボッカトレになってしまったんだけど。

ミズナラの巨樹がどこにあるかというと、下の地図の人形山のあたり。
下は昭文社の山と高原地図だが、この地図だと破線ルートですらない。


ミズナラの巨樹は赤い四角で囲まれている人形山付近にある。

足首まで埋まる落ち葉をラッセルしながら、
休憩も含めてゆっくりペースで1h40ほど歩くと、ミズナラの巨樹に到着した。
保護のため、倒木で囲まれていて近づけないようになっている。


ミズナラの巨樹。倒木で囲まれている。


1枚じゃ入りきらなかったので上の部分も。

破線ルートでもないこのルート、誰もいないと思ったら、3パーティほどに出会った。
みんな、どうやってこんなマイナーなところを知ったのだろう。
巨木愛好会とかあるのかな?(笑

で、このミズナラを見ながら、昨夜の残りの酒を…(爆


昨夜に引き続き、またまた宴会。
生ハムのサラダとツナサンドがワインに合って美味かった~。

酒を飲んだので下山は慎重に。
一般ルートでないので道も細く、落ち葉で路肩がわからないのでちょっと危険。
木もまばらなので、落ちたら途中で引っかからず下まで落ちていきそうだし。


落ち葉の絨毯をかきわけて慎重に下山。

久々によく飲んで食べた山行だった。
考えてみたら10月からずっと1人で行動してたからな~。
たまには大勢もいいかも。

しっかし、下山したら体重があり得ない値に。
筋肉で増量したワケではないので、すぐに戻さなければ。

trackbacks(0) | comments(16)edit 
↑top 


COMMENT

by REI
タワ尾根ですね。 
ここは長沢背稜まで、しっかり踏み跡があります。
新緑と紅葉の時期は、特に入る人が多い様です。
私は夏に下山で踏み跡失って、オロオロしてましたけど。
てるさんとは逆に最近1人で歩いてないので、週末にはどこか行きたいところです。 

稲村尾根はてるさんの好みだと思いました。(歩荷訓練向けで)
日帰りのボッカ訓練なら、御岳の鉄五郎新道はいかがですか? 中程はてるさん好みだと思いますが、短過ぎるかもしれません。大岳から鋸尾根を下れば、電車だけです。

by てる
v-5REIさん

タワ尾根行ったことあるんですか?
踏み跡は落ち葉に埋もれて全然わからないところもありましたよ。
赤布もそれほどなかったし。

稲村尾根、私の好み?
っていうか、私、ボッカが好きだと思われている?(笑
鉄五郎新道、地図で探したのですが見つかりません。
一般道ではないのですか?

管理人のみ閲覧できます by -

by てる
v-5秘密のコメントさん

どうもわざわざありがとうございます。
場所、わかりました。

かなり誤解なさっているようですが(笑)、そう思っていただけるとは光栄です。
どうもありがとうございます。

by hiro
ボッカトレ。。。私もやってみたいけど、その後の宴会は気をつけなきゃいけないんですね。
そんなこと、、私にできるのか?って感じですが・・^;

by てる
v-5hiroさん

じゃ、今度はっしーの案内で大倉尾根をボッカしましょう。
ボッカの後は宴会でなくて、ビリーの腹筋プログラムなんてどうでしょうか。

by 監督
大倉バス停前の蕎麦屋さん、かなりなお勧めですよ。ボッカ+ビリーは遠慮するけど、ボッカ+蕎麦屋で宴会ならのります。

by てる
v-5監督

そんなこと言わずにボッカもやりましょうよ。
きっとビールがおいしいですよ~。
って、ボッカ+宴会の企画になってる?!
だめじゃん、そんなことじゃ体型維持できないし~。

by 青空山岳会
タワ尾根、私も新緑の時期に2回行きました。この時期の巨木群は、まさに「癒し系」の代名詞です。お気に入りの場所なので、またいつか行くと思います。もっとも、もう少し上部に行くと熊用の監視装置が設置されていて少々緊張しますが・・・。

「ウトウノ頭」山頂の手作りプレートも一見の価値ありで、日原からウトウノ頭経由で雲取山や三ツドッケを経て日原に日帰りで周回できます。

私は先週末、雲取山で「ボッカトレ」ならぬ「高所靴トレ」をやりました(笑)よ~。同行者には大変不評でしたが・・・。

by てる
v-5青空山岳会さん

タワ尾根、以外にメジャーなんですね。
たしかに癒されますね、あそこらへんは。

高所靴トレ!
そうそう、年末またどこか行くんですってね。
気をつけて行ってきてくださいね。

by REI
青空山岳会様、
横レス失礼いたします。
「ウトウノ頭山頂の手作りプレート」残念ながら、この秋に行方不明になった様です。
外されたのか、落ちたのか。
見つかっていれば良いのですが・・。

by てる
v-5REIさん

プレートには賛否両論があるから、外されたのかもしれませんね。
それともクマが持って行って冬眠する穴に飾っているとか?(笑


by 青空山岳会
行方不明ですか・・・とても残念なことですね。
確かにプレートには賛否両論がありますが、標高も記されたウトウ(鳥)の木彫りのプレートは、地味な山頂の雰囲気に溶け込み、私の知る限りでは日本一センスの良い、誰からも愛されるものだと感じました。ただ、作者が定期的に取り替えているという話しも聞いたことがありますので、再訪する楽しみが出来ました。

by てる
v-5青空山岳会さん

> 地味な山頂の雰囲気に溶け込み、私の知る限りでは日本一センスの良い、誰からも愛されるもの

それはなくなって残念ですね。
早くクマさんが飽きて元に戻してくれるといいのですが(笑




by 通りすがり
色々なブログで紹介されて、ついに今年は山と高原地図に載ってしまったので
だいぶ痛んでいるようです。そのため倒木で柵を作ってあります。

by てる
v-5通りすがりさん

> 色々なブログで紹介されて、ついに今年は山と高原地図に載ってしまったので
そうですか。
2008年度の山と高原地図にですか?

> だいぶ痛んでいるようです。そのため倒木で柵を作ってあります。
なるほど。
囲ってないと木に悪さをする人がいるんですね。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

タワ尾根ですね。 
ここは長沢背稜まで、しっかり踏み跡があります。
新緑と紅葉の時期は、特に入る人が多い様です。
私は夏に下山で踏み跡失って、オロオロしてましたけど。
てるさんとは逆に最近1人で歩いてないので、週末にはどこか行きたいところです。 

稲村尾根はてるさんの好みだと思いました。(歩荷訓練向けで)
日帰りのボッカ訓練なら、御岳の鉄五郎新道はいかがですか? 中程はてるさん好みだと思いますが、短過ぎるかもしれません。大岳から鋸尾根を下れば、電車だけです。
[ 2008.12.03(Wed) 16:16] URL | REI #Q0/G/4Qc | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

タワ尾根行ったことあるんですか?
踏み跡は落ち葉に埋もれて全然わからないところもありましたよ。
赤布もそれほどなかったし。

稲村尾根、私の好み?
っていうか、私、ボッカが好きだと思われている?(笑
鉄五郎新道、地図で探したのですが見つかりません。
一般道ではないのですか?
[ 2008.12.04(Thu) 10:42] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008.12.04(Thu) 11:29] URL | # | EDIT | ↑ 

v-5秘密のコメントさん

どうもわざわざありがとうございます。
場所、わかりました。

かなり誤解なさっているようですが(笑)、そう思っていただけるとは光栄です。
どうもありがとうございます。
[ 2008.12.04(Thu) 12:34] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

ボッカトレ。。。私もやってみたいけど、その後の宴会は気をつけなきゃいけないんですね。
そんなこと、、私にできるのか?って感じですが・・^;
[ 2008.12.05(Fri) 11:34] URL | hiro #SFo5/nok | EDIT | ↑ 

v-5hiroさん

じゃ、今度はっしーの案内で大倉尾根をボッカしましょう。
ボッカの後は宴会でなくて、ビリーの腹筋プログラムなんてどうでしょうか。
[ 2008.12.05(Fri) 13:24] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

大倉バス停前の蕎麦屋さん、かなりなお勧めですよ。ボッカ+ビリーは遠慮するけど、ボッカ+蕎麦屋で宴会ならのります。
[ 2008.12.05(Fri) 14:00] URL | 監督 #yZfxqMi2 | EDIT | ↑ 

v-5監督

そんなこと言わずにボッカもやりましょうよ。
きっとビールがおいしいですよ~。
って、ボッカ+宴会の企画になってる?!
だめじゃん、そんなことじゃ体型維持できないし~。
[ 2008.12.06(Sat) 06:03] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

タワ尾根、私も新緑の時期に2回行きました。この時期の巨木群は、まさに「癒し系」の代名詞です。お気に入りの場所なので、またいつか行くと思います。もっとも、もう少し上部に行くと熊用の監視装置が設置されていて少々緊張しますが・・・。

「ウトウノ頭」山頂の手作りプレートも一見の価値ありで、日原からウトウノ頭経由で雲取山や三ツドッケを経て日原に日帰りで周回できます。

私は先週末、雲取山で「ボッカトレ」ならぬ「高所靴トレ」をやりました(笑)よ~。同行者には大変不評でしたが・・・。
[ 2008.12.09(Tue) 23:58] URL | 青空山岳会 #- | EDIT | ↑ 

v-5青空山岳会さん

タワ尾根、以外にメジャーなんですね。
たしかに癒されますね、あそこらへんは。

高所靴トレ!
そうそう、年末またどこか行くんですってね。
気をつけて行ってきてくださいね。
[ 2008.12.10(Wed) 22:52] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

青空山岳会様、
横レス失礼いたします。
「ウトウノ頭山頂の手作りプレート」残念ながら、この秋に行方不明になった様です。
外されたのか、落ちたのか。
見つかっていれば良いのですが・・。
[ 2008.12.11(Thu) 11:33] URL | REI #- | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

プレートには賛否両論があるから、外されたのかもしれませんね。
それともクマが持って行って冬眠する穴に飾っているとか?(笑

[ 2008.12.12(Fri) 09:20] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

行方不明ですか・・・とても残念なことですね。
確かにプレートには賛否両論がありますが、標高も記されたウトウ(鳥)の木彫りのプレートは、地味な山頂の雰囲気に溶け込み、私の知る限りでは日本一センスの良い、誰からも愛されるものだと感じました。ただ、作者が定期的に取り替えているという話しも聞いたことがありますので、再訪する楽しみが出来ました。
[ 2008.12.13(Sat) 00:31] URL | 青空山岳会 #- | EDIT | ↑ 

v-5青空山岳会さん

> 地味な山頂の雰囲気に溶け込み、私の知る限りでは日本一センスの良い、誰からも愛されるもの

それはなくなって残念ですね。
早くクマさんが飽きて元に戻してくれるといいのですが(笑



[ 2008.12.15(Mon) 09:58] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

色々なブログで紹介されて、ついに今年は山と高原地図に載ってしまったので
だいぶ痛んでいるようです。そのため倒木で柵を作ってあります。
[ 2008.12.17(Wed) 18:14] URL | 通りすがり #mQop/nM. | EDIT | ↑ 

v-5通りすがりさん

> 色々なブログで紹介されて、ついに今年は山と高原地図に載ってしまったので
そうですか。
2008年度の山と高原地図にですか?

> だいぶ痛んでいるようです。そのため倒木で柵を作ってあります。
なるほど。
囲ってないと木に悪さをする人がいるんですね。
[ 2008.12.17(Wed) 19:51] URL | てる #- | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/699-ea1e5af2
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。