top > やまやな日々~モンブランな日々 久々の再アップ
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 やまやな日々~モンブランな日々 久々の再アップ 

2008年10月01日 ()
リニューアル中の本家サイト 「やまやな日々」の更新のお知らせです。
ってか、本家サイトなんてあったの?って言う人の方が多いと思いますが。

以前公開していた 「モンブランな日々」 と言うコンテンツを、
ちょっと手直して久々に再アップしました。



モンブランな日々


2003年の8月にヨーロッパアルプス最高峰モンブランに登ったときの記録です。
5年も前のレポなので、山・宿・その他の情報は古くて参考にならないと思います。

情報としてはそんなですが、現地の人との対話シーンなどが自分的におすすめです。
自分でも読み返して笑っちゃったことなどありましたので、
よかったらご覧になってください。
だらだらと長い文章ですが。

いやー、でも、今、読んでみると、あまりにも青臭い山ヤで笑っちゃいました。
今でもまだまだ青いんですけどね。
trackbacks(0) | comments(9)edit 
↑top 


COMMENT

やっぱり偉大だ! by アルピニスとし
久しぶりに読んでまた感動しました。
とても読みやすく、かつおもしろいですね。
やっぱりてるさんは先輩だなあ。
でも、グー手小屋って5年間でなんも変わってないんですね。
食事の内容もも、周りにテント張ってるのも…

by てる子
v-5アルピニスとしさん

先ほどアップしたばかりなのに、もうコメント!
はやっ!

以前も読んだことあるんでしたっけ?
どうもありがとうございます。

グーテは今年あたり持ち主?管理人?が変わったようで、
前よりもひどくなったようですよ。
ガイドの江本さんのblogに書いてました。

あの、小屋、いつ崩れ落ちるのではないかと私はすごく心配です…

by ふうろ
一気に読んだよ。
観光の様子も山に行く様子も、とっても楽しく読ませてもらいました。
山初めてそんなにたってないのにこんな経験するなんて・・・。でも何の違和感もなかった。さすがだ。しかも、フランス語と英語を話している輝子さんを容易に想像できてかっこよかった(まるで映像で見ているような錯覚に陥ったよ。)
行ってみたいなって思った。いける気がしないけど・・。そんなレポでした。

by てる子
v-5ふうろさん

モンブラン、行ってみたい?
やめといた方がいいよ、グーテ小屋のトイレ超汚いから(笑

by MINMIN
あれ?アップやめていたんですか・・・。
どこを手直しされたのかなあ?
私はモンブランは視界0だったけど、グーテ小屋のトイレの超汚さだけは今でもはっきり覚えている。

青臭い山屋は大いに結構。いつまでもそうでありたいと自分は思うのですが、実際は自分はどうなのかなあ?お気楽山屋に変身中かも。

by てる子
v-5MINMINさん

> あれ?アップやめていたんですか・・・。
ああ、やっぱり本家なんてそんな扱いでしょう…(苦笑

グーテ小屋のトイレのことは忘れたくても忘れられません。
でも、お互い忘れるように努力しましょう(笑

私は昔も今もお気楽山ヤですよ。

by REI
ワイン登頂記、否、モンブラン登頂記、拝読致しました。
電車の親子の会話、おもろいです。
私は大昔、電車の中で乗ってきた親子に、席が空いてるか聞かれて、空いてると言ったら、
「あら、女の人なの。良かった。 男の人なら止め様と思ったの」と言われました。
西洋人には東洋人の男女の見分けがつかんのか!
というか、その時は、日本人の観光客にも見間違えられましたが・・・。 
今は、こんな関係の無い事を平気で書き込む、立派におばちゃんになりました。

by hiro
見ましたよ。
観光レポもついて、盛りだくさんでよかった!こういうレポは一緒に旅してるような気になるな。
向こうの山は雄大だね~、私も一生に一度でいいから、そっち方面の山を見てみたいな~、観光もしてみたいな~、、でも、やっぱ、語学力が必要なのね。。とほほ。。日本語で押し通すくらい、強くならなきゃかしら~ん。

by てる子
v-5REIさん

思えば、このとき日本酒派からワイン派に変わったのかもしれません。
今でもワインの栓を抜くのはうまいです。

私も海外ではよく間違われ、「ムッシュー」とか「サー」とか言われましたv-293
国内では、去年、女湯に入ったら「男湯はあちらです」と言われました。
「どこに目つけてるんだ、このババア!」v-412
と怒ろうと思ったけど、やめましたよ。


v-5hiroさん

海外の山に行くなら、フランス人よりもスイス人の方が、
日本人が聞き取りやすい英語を話すと思うのでスイスがおすすめです。
それにスイスは観光の国なので、フランスより英語話す率が高いのでは。
観光なら、中学校で習った英語で全然足りるし。

個人旅行が心配なら、ツアーという手もあります。
ちょっと高いけど。

でも、やっぱ日本語で押し通すべき??(笑

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

久しぶりに読んでまた感動しました。
とても読みやすく、かつおもしろいですね。
やっぱりてるさんは先輩だなあ。
でも、グー手小屋って5年間でなんも変わってないんですね。
食事の内容もも、周りにテント張ってるのも…
[ 2008.10.01(Wed) 16:41] URL | アルピニスとし #- | EDIT | ↑ 

v-5アルピニスとしさん

先ほどアップしたばかりなのに、もうコメント!
はやっ!

以前も読んだことあるんでしたっけ?
どうもありがとうございます。

グーテは今年あたり持ち主?管理人?が変わったようで、
前よりもひどくなったようですよ。
ガイドの江本さんのblogに書いてました。

あの、小屋、いつ崩れ落ちるのではないかと私はすごく心配です…
[ 2008.10.01(Wed) 16:49] URL | てる子 #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

一気に読んだよ。
観光の様子も山に行く様子も、とっても楽しく読ませてもらいました。
山初めてそんなにたってないのにこんな経験するなんて・・・。でも何の違和感もなかった。さすがだ。しかも、フランス語と英語を話している輝子さんを容易に想像できてかっこよかった(まるで映像で見ているような錯覚に陥ったよ。)
行ってみたいなって思った。いける気がしないけど・・。そんなレポでした。
[ 2008.10.01(Wed) 19:17] URL | ふうろ #- | EDIT | ↑ 

v-5ふうろさん

モンブラン、行ってみたい?
やめといた方がいいよ、グーテ小屋のトイレ超汚いから(笑
[ 2008.10.01(Wed) 20:31] URL | てる子 #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

あれ?アップやめていたんですか・・・。
どこを手直しされたのかなあ?
私はモンブランは視界0だったけど、グーテ小屋のトイレの超汚さだけは今でもはっきり覚えている。

青臭い山屋は大いに結構。いつまでもそうでありたいと自分は思うのですが、実際は自分はどうなのかなあ?お気楽山屋に変身中かも。
[ 2008.10.01(Wed) 21:08] URL | MINMIN #195Lvy4Y | EDIT | ↑ 

v-5MINMINさん

> あれ?アップやめていたんですか・・・。
ああ、やっぱり本家なんてそんな扱いでしょう…(苦笑

グーテ小屋のトイレのことは忘れたくても忘れられません。
でも、お互い忘れるように努力しましょう(笑

私は昔も今もお気楽山ヤですよ。
[ 2008.10.01(Wed) 23:22] URL | てる子 #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

ワイン登頂記、否、モンブラン登頂記、拝読致しました。
電車の親子の会話、おもろいです。
私は大昔、電車の中で乗ってきた親子に、席が空いてるか聞かれて、空いてると言ったら、
「あら、女の人なの。良かった。 男の人なら止め様と思ったの」と言われました。
西洋人には東洋人の男女の見分けがつかんのか!
というか、その時は、日本人の観光客にも見間違えられましたが・・・。 
今は、こんな関係の無い事を平気で書き込む、立派におばちゃんになりました。
[ 2008.10.02(Thu) 20:20] URL | REI #- | EDIT | ↑ 

見ましたよ。
観光レポもついて、盛りだくさんでよかった!こういうレポは一緒に旅してるような気になるな。
向こうの山は雄大だね~、私も一生に一度でいいから、そっち方面の山を見てみたいな~、観光もしてみたいな~、、でも、やっぱ、語学力が必要なのね。。とほほ。。日本語で押し通すくらい、強くならなきゃかしら~ん。
[ 2008.10.03(Fri) 13:14] URL | hiro #SFo5/nok | EDIT | ↑ 

v-5REIさん

思えば、このとき日本酒派からワイン派に変わったのかもしれません。
今でもワインの栓を抜くのはうまいです。

私も海外ではよく間違われ、「ムッシュー」とか「サー」とか言われましたv-293
国内では、去年、女湯に入ったら「男湯はあちらです」と言われました。
「どこに目つけてるんだ、このババア!」v-412
と怒ろうと思ったけど、やめましたよ。


v-5hiroさん

海外の山に行くなら、フランス人よりもスイス人の方が、
日本人が聞き取りやすい英語を話すと思うのでスイスがおすすめです。
それにスイスは観光の国なので、フランスより英語話す率が高いのでは。
観光なら、中学校で習った英語で全然足りるし。

個人旅行が心配なら、ツアーという手もあります。
ちょっと高いけど。

でも、やっぱ日本語で押し通すべき??(笑
[ 2008.10.05(Sun) 19:09] URL | てる子 #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/678-8ec9e3e4
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。