top > 表妙義縦走
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 表妙義縦走 

2007年11月25日 ()
前日の御堂山ハイキングの後、妙義方面へ移動、とある駐車場で仮眠するが、
寒さとうるさい車の音で眠れぬ夜を過ごしたためなかなかエンジンがかからず、
行動を起こしたのは8時過ぎてから(爆

なワケで、妙義神社~中之嶽神社のフルコースを歩くという計画はパーに。
下のショートルートに変更した。

石門口→第四石門→金銅山→相馬岳→本読みの僧→第四石門→石門口
(地図はこちら: 下仁田町登山マップ富岡市妙義山登山マップ)

一応一般登山道の破線コースなのだが、
どう見ても一般登山者には来て欲しくないルートだった。
破線ルートにし、鎖などを設置したせいで、一般登山者が入り込み、
事故が多いのではないかと個人的には思う。

ルート状況:
・ 前日晴れだったのに樹林帯の中の岩はしめっていた。
・ 多くの人が通るので、岩は磨耗して滑りやすくなっている。(とくに核心部)
・ 鎖も一部ふっといのが設置されていて、手の小さい人にはあまり意味がない。
・ けっこう力に頼って登り下りしなければいけないところが多いので、
 非力な人は荷を軽くしていくことをおすすめする。


第四石門。

下山後は妙義ふれあいプラザもみじの湯で一風呂浴びる。
ここの食堂は前日の荒船の湯と違って、たいしたメニューはなかった。
しょうがないので、富岡市街に移動して食事処を探すが、これが幸と出たのであった。
(「焼肉: 朝鮮飯店 富岡店」に続く)

関連サイト
下仁田町 妙義山
下仁田町
富岡市 妙義山
富岡市 妙義ふれあいプラザ
trackbacks(0) | comments(8)edit 
↑top 


COMMENT

by とおりすがり
表妙義のフルコースが歩けなくて残念でしたね・・・。
私は4年前のGWに逆コース?(妙義神社→相馬岳→金洞山→第四石門)を歩いたことがありますが、途中で滑落事故現場に遭遇してしまいました。当時まだ私はフリークライミングを始めたばかりでラッペルの能力もないのについ協力を申し出てしまい、遺品1つを回収しましたが結局滑落者本人は見つからず、危ないので即座に戻った・・・という情けない経験をしました。結局滑落された方はかなり下部まで落ちてしまい、即死だったことを後日新聞記事で知りました。
クライミング経験者にとってはそれほど困難なルートではなく、事故現場はその中でもかなりなんでもない箇所だったのですが、素人さんにとってはかなり危険な箇所の連続で、気が緩んだのかもしれませんね。
確かにあのエリアは素人が入り込まないように規制したほうがいいように私も思います。
さて、裏妙義もまたワイルドな箇所ありで面白いですよー。ぜひまた行ってみてくださいねー!!

by てる
なんと事故現場に遭遇しましたか!
知り合いもやはり妙義で上からオバサンが降ってきたそうです。
私はまだ幸いなことにどこでもそういう体験はない…

たしかに事故は核心部よりなんでもないところで起こるって言いますよね。
気が緩んだときにほんと起こるんだと思います。

裏妙義は一部、行ったことがあるんですよ。
ヒルに食われて大変だった…
次回はヒルのいない季節に。
って、今か(笑

by じーや♪
じーや♪も10年前に妙義山神社から相馬岳、国民宿舎ルートを歩きました。その時は石が降ってきました。鎖場降下後に後続者が気前よく落とすので、うちのリーダーが大声で注意をしてました。
どんなおりかたしてたんでしょうね。

by てる
じーや♪
岩場ならどこでも石、ギア、あるいは人間が落っこちてきますからね…
でも、この妙義山はシロウトさんがたくさん入っててほんと危ないです。

妙義で妙技とかw by 臆崖道
続きまだぁ?チンチン

by てる
臆崖道さん
はい、続き書きました。

by Mのふりな臆崖道
そ、そういうコトだったのか。
オラ、るーとふぁいんでぃんぐがなっとらん!と呼び捨てにしてくださいまし。

by てる
Mのふりな臆崖道さん
すいません、まぎらわしい書き方をしてしまいました。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

表妙義のフルコースが歩けなくて残念でしたね・・・。
私は4年前のGWに逆コース?(妙義神社→相馬岳→金洞山→第四石門)を歩いたことがありますが、途中で滑落事故現場に遭遇してしまいました。当時まだ私はフリークライミングを始めたばかりでラッペルの能力もないのについ協力を申し出てしまい、遺品1つを回収しましたが結局滑落者本人は見つからず、危ないので即座に戻った・・・という情けない経験をしました。結局滑落された方はかなり下部まで落ちてしまい、即死だったことを後日新聞記事で知りました。
クライミング経験者にとってはそれほど困難なルートではなく、事故現場はその中でもかなりなんでもない箇所だったのですが、素人さんにとってはかなり危険な箇所の連続で、気が緩んだのかもしれませんね。
確かにあのエリアは素人が入り込まないように規制したほうがいいように私も思います。
さて、裏妙義もまたワイルドな箇所ありで面白いですよー。ぜひまた行ってみてくださいねー!!
[ 2007.11.26(Mon) 22:46] URL | とおりすがり #mY8H.ZZ. | EDIT | ↑ 

なんと事故現場に遭遇しましたか!
知り合いもやはり妙義で上からオバサンが降ってきたそうです。
私はまだ幸いなことにどこでもそういう体験はない…

たしかに事故は核心部よりなんでもないところで起こるって言いますよね。
気が緩んだときにほんと起こるんだと思います。

裏妙義は一部、行ったことがあるんですよ。
ヒルに食われて大変だった…
次回はヒルのいない季節に。
って、今か(笑
[ 2007.11.26(Mon) 23:49] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

じーや♪も10年前に妙義山神社から相馬岳、国民宿舎ルートを歩きました。その時は石が降ってきました。鎖場降下後に後続者が気前よく落とすので、うちのリーダーが大声で注意をしてました。
どんなおりかたしてたんでしょうね。
[ 2007.11.27(Tue) 08:06] URL | じーや♪ #aYDccP8M | EDIT | ↑ 

じーや♪
岩場ならどこでも石、ギア、あるいは人間が落っこちてきますからね…
でも、この妙義山はシロウトさんがたくさん入っててほんと危ないです。
[ 2007.11.27(Tue) 10:40] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

続きまだぁ?チンチン
[ 2007.12.10(Mon) 23:07] URL | 臆崖道 #T8ghllLc | EDIT | ↑ 

臆崖道さん
はい、続き書きました。
[ 2007.12.11(Tue) 00:21] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

そ、そういうコトだったのか。
オラ、るーとふぁいんでぃんぐがなっとらん!と呼び捨てにしてくださいまし。
[ 2007.12.11(Tue) 22:16] URL | Mのふりな臆崖道 #T8ghllLc | EDIT | ↑ 

Mのふりな臆崖道さん
すいません、まぎらわしい書き方をしてしまいました。
[ 2007.12.12(Wed) 00:21] URL | てる #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/568-5c4b0214
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。