top > 八ヶ岳 三つ頭 北東稜
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 八ヶ岳 三つ頭 北東稜 

2007年08月31日 ()
八ヶ岳の権現岳北西部にある三つ頭。
この山には、知る人ぞ知る北東稜というマイナー藪こぎルートがある。
8月も終わろうとするある日、ここに一人で出かけて行った。



JR小淵沢駅で小海線に乗り換え清里で下車、タクシーで美し森駐車場へ。
ここから出合小屋までほぼ平坦な道を歩いていく。
前に無雪期の赤岳天狗尾根に行ったときよりも藪は少なく、
2時間程で小屋に着くことができた。


出合小屋。冬と違って周りは草ぼうぼうでテントを張れそうもない。

三ツ頭北東稜の取り付きはこの出合小屋からすぐ。
北に向かって歩いていくと下のような標識がすぐあるので、
この「本谷」と書いてある方に行くとすぐ稜に乗ることができる。


「本谷」方面へ向かう。

しばらくは膝までのササを漕いで行くが、そのうちそれが背丈ほどになる。
ここらでスズメバチの巣が近いのか、偵察隊が周りをしばらく飛んでいた。
しょうがないので少し下りて南東の方角から登り直す。

スズメバチもいなくなったのでそのまま背丈以上のササヤブを漕いでいく。
踏跡はまったくと言っていいほどない。
しばらくするとヤブがなくなるので、本日のテン場探し。
平らなところはほとんどない。
ソロテントがようやく張れるような場所を見つけて強引にテント設営。


小型のソロテントを張るようなスペースしかない。

翌日は日の出と共に登り始める。
膝ぐらいのササ藪漕ぎから始まり、
どんどんそれが高くなっていって、背丈以上の高さとなる。

人が入ってないのではないかと思わせるようなヤブだが、
下の画像のような人工物があった。
アラスカで亡くなった方達を偲んで立てた記念碑らしい。


こんなヤブの中に記念碑が…

背丈以上のササもなんとかクリアーすると今度はハイマツ漕ぎ。
こちらも初めはかわいいくらいの高さなのだが、
高度を上げるにつれて幹は太くなり、
身長以上の高さになるのだから始末に負えない。

でも、こんな苦労をして一般登山道に出、山頂を踏んだときの喜びと言ったら。


さんざん苦労して三ツ頭山頂に到着。

天気がよければ権現岳をピストンして帰るのもよし、
このまま赤岳まで縦走するのもいいだろう。

でも、まあ、このルート、
すっごいヤブ漕ぎなので、ドMな人にしかおすすめできない。
っていうか、自分はもう二度と行かないから…

注:
このエントリを読まれた方は、
必ず 『「八ヶ岳 三つ頭 北東稜」の真実』 をお読みください。
trackbacks(0) | comments(17)edit 
↑top 


COMMENT

by あや
> 必ず次にアップされるエントリもお読みください。


はい。

by オーロラ
コメントはやっ!
っていうか、なぜそこだけに反応?!

そりゃ・・・ by じーや♪
次にあやさんが行くんでは? あやさんも完全復活されたようですし。
でもヤブ、笹、ハイマツと相当に体力を奪われたようですね。加えて踏み後なんてわからないでしょうし。あっ、そんなもんないですよね…。

すみません。 by あや
思いっきり反射だけでコメント書いてしまいました。なんだか自分に話し掛けられているような気がしたもので^^;
こんな藪ヤブなところ、それも単独で・・・きっと何か大きなお考えがあるのでしょうねぇ・・・じゃなかったら相当のMとしか思えない。

ってことでこの後の展開に期待!!!

うっ・・・ by じーや♪
はや…。やっぱり早いです、あやさん!って、姫様ごめんなさい。姫様のブログで遊んでしまって。
でも、標識があるんですね。こんなところにも。

by オーロラ
じーや♪
ほんとにヤブ漕ぎなんて何年ぶりだったことか…
すっかり技術を忘れててひどい目にあったのじゃよ…

あやさん
いや、あやさんにだけ話掛けてないから(爆
大きな考え…?
うふふ、それは次のエントリをお楽しみに…

じーや♪
あやさんは暇なのではないかと時々心配になってます…

なんたって by あや
ジャンルが、「攀」ですからね!v-392

by じゅん
このルートって夏に歩く人いるんすかね?
冬用でしょ?
あ、こんなところにいましたね(笑)
まあ、近場の八ヶ岳でこんな藪コギが楽しめるとは、藪マニアの僕としてはいい情報もらいました。
で、次のエントリも気になりますね~。

by オーロラ
あやさん
いや、どのカテゴリにするか悩んだんだけど…
一般道じゃないから「攀」にしてみただけ…(爆

じゅんさん
へー、じゅんさん、ヤブマニアなんですか。
でもこのルートはおすすめできないです。
スズメバチいるし。
っていうか、次のエントリを必ず読んでください。

by ひつじ丸
このテントってアライのビビィシェルターだよね?使い心地どう?

by オーロラ
ひつじ丸さん

そう、ビビィシェルター。
じつはこれが一回目の使用なのでまだよくわからないんだけど…
でも、まあ気づいた点をいくつか。

これくらいの温度だったら結露はまったくしないです。
(シュラフカバー+ダウン+雨具で寝れるくらいの温度)
新しいせいもあるかな。
念のため、ベンチレーターをすこーしだけ開けて寝たせいもあるかもね。

高さは私達ぐらいの背だったら十分過ぎるくらい。
横幅も十分。

入口にメッシュがついてないのがちょっと悲しいかな。
でも、シェルターだからそこまで言うのはわがままか。
こんだけ軽いんだし。

天井にものを干せるように紐を通すループがあるといいかと思います。
これは改造できそう。

自立式のドームテントに比べてはっきり言ってたてにくいです。
風が強いところではきっと苦労するだろうな。
まあ、はじめてたてたのでコツをつかめば
もっとすばやくうまくたてられるようになるとは思う。

最近、自立式のツェルトが出てきてるみたいだけど
そちらの方も気になってます。
重さもこのシェルターと同じくらいだし。
ちょっと買うのを早まったか・・・というかんじ。

by ひつじ丸
さっそくありがとう!参考になります。
やっぱり広さは大丈夫だったか(笑)

ベンチレータってほぼ上向きだよね?雨のとき開けられそう?

自立式ツェルトってUL UNOのことかな。透湿性はないみたいだから結露するんじゃないかなぁ。

by オーロラ
ひつじ丸さん

うん、広さは身長160cm以下の一人なら余裕。
ただし極端に座高が高くなければ…(爆

ベンチレータは雨のときは無理でしょうね。
軽いビニールシート持って行って、タープのように張ればしのげると思うけど。

UL UNO?
名前はわからないけど私が知ってるかぎり2つぐらい出てるよね。

このビビィシェルターは一応若干の透湿性と撥水性があるらしいよ。
生地もそれなりに丈夫だと思う。

by ひつじ丸
UL-UNO。
http://www.odbox.com/outdoor/goods/pickup/ul-uno/index.html

アライのライズ1も自立式シェルターなんだね。こっちはビビィと同じ生地だからいちおう透湿性はありそう。
でも 980g…。ビビィの方が軽いし(笑)

by オーロラ
そうそう、これ。
これも気になってます。
これだったら最大2人も可かな、なんて思って。
ビビィもまあ2人でも入れないこともないけど…

by hiro
やっぱ、M女でしたか。。

この先も読みます。。。
ちなみに、ふうろさんは私より、身長高いです。。はい。

by オーロラ
hiroさんもふうろさんも私と同じくらいかそれより小さいと思ってるんだけど?!(爆

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

> 必ず次にアップされるエントリもお読みください。


はい。
[ 2007.08.30(Thu) 18:06] URL | あや #cxq3sgh. | EDIT | ↑ 

コメントはやっ!
っていうか、なぜそこだけに反応?!
[ 2007.08.30(Thu) 18:11] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

次にあやさんが行くんでは? あやさんも完全復活されたようですし。
でもヤブ、笹、ハイマツと相当に体力を奪われたようですね。加えて踏み後なんてわからないでしょうし。あっ、そんなもんないですよね…。
[ 2007.08.30(Thu) 19:20] URL | じーや♪ #aYDccP8M | EDIT | ↑ 

思いっきり反射だけでコメント書いてしまいました。なんだか自分に話し掛けられているような気がしたもので^^;
こんな藪ヤブなところ、それも単独で・・・きっと何か大きなお考えがあるのでしょうねぇ・・・じゃなかったら相当のMとしか思えない。

ってことでこの後の展開に期待!!!
[ 2007.08.30(Thu) 19:35] URL | あや #cxq3sgh. | EDIT | ↑ 

はや…。やっぱり早いです、あやさん!って、姫様ごめんなさい。姫様のブログで遊んでしまって。
でも、標識があるんですね。こんなところにも。
[ 2007.08.30(Thu) 19:44] URL | じーや♪ #aYDccP8M | EDIT | ↑ 

じーや♪
ほんとにヤブ漕ぎなんて何年ぶりだったことか…
すっかり技術を忘れててひどい目にあったのじゃよ…

あやさん
いや、あやさんにだけ話掛けてないから(爆
大きな考え…?
うふふ、それは次のエントリをお楽しみに…

じーや♪
あやさんは暇なのではないかと時々心配になってます…
[ 2007.08.30(Thu) 19:49] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

ジャンルが、「攀」ですからね!v-392
[ 2007.08.30(Thu) 22:57] URL | あや #cxq3sgh. | EDIT | ↑ 

このルートって夏に歩く人いるんすかね?
冬用でしょ?
あ、こんなところにいましたね(笑)
まあ、近場の八ヶ岳でこんな藪コギが楽しめるとは、藪マニアの僕としてはいい情報もらいました。
で、次のエントリも気になりますね~。
[ 2007.08.30(Thu) 23:04] URL | じゅん #- | EDIT | ↑ 

あやさん
いや、どのカテゴリにするか悩んだんだけど…
一般道じゃないから「攀」にしてみただけ…(爆

じゅんさん
へー、じゅんさん、ヤブマニアなんですか。
でもこのルートはおすすめできないです。
スズメバチいるし。
っていうか、次のエントリを必ず読んでください。
[ 2007.08.31(Fri) 00:15] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

このテントってアライのビビィシェルターだよね?使い心地どう?
[ 2007.08.31(Fri) 16:59] URL | ひつじ丸 #- | EDIT | ↑ 

ひつじ丸さん

そう、ビビィシェルター。
じつはこれが一回目の使用なのでまだよくわからないんだけど…
でも、まあ気づいた点をいくつか。

これくらいの温度だったら結露はまったくしないです。
(シュラフカバー+ダウン+雨具で寝れるくらいの温度)
新しいせいもあるかな。
念のため、ベンチレーターをすこーしだけ開けて寝たせいもあるかもね。

高さは私達ぐらいの背だったら十分過ぎるくらい。
横幅も十分。

入口にメッシュがついてないのがちょっと悲しいかな。
でも、シェルターだからそこまで言うのはわがままか。
こんだけ軽いんだし。

天井にものを干せるように紐を通すループがあるといいかと思います。
これは改造できそう。

自立式のドームテントに比べてはっきり言ってたてにくいです。
風が強いところではきっと苦労するだろうな。
まあ、はじめてたてたのでコツをつかめば
もっとすばやくうまくたてられるようになるとは思う。

最近、自立式のツェルトが出てきてるみたいだけど
そちらの方も気になってます。
重さもこのシェルターと同じくらいだし。
ちょっと買うのを早まったか・・・というかんじ。
[ 2007.08.31(Fri) 17:41] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

さっそくありがとう!参考になります。
やっぱり広さは大丈夫だったか(笑)

ベンチレータってほぼ上向きだよね?雨のとき開けられそう?

自立式ツェルトってUL UNOのことかな。透湿性はないみたいだから結露するんじゃないかなぁ。
[ 2007.08.31(Fri) 18:05] URL | ひつじ丸 #- | EDIT | ↑ 

ひつじ丸さん

うん、広さは身長160cm以下の一人なら余裕。
ただし極端に座高が高くなければ…(爆

ベンチレータは雨のときは無理でしょうね。
軽いビニールシート持って行って、タープのように張ればしのげると思うけど。

UL UNO?
名前はわからないけど私が知ってるかぎり2つぐらい出てるよね。

このビビィシェルターは一応若干の透湿性と撥水性があるらしいよ。
生地もそれなりに丈夫だと思う。
[ 2007.08.31(Fri) 18:16] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

UL-UNO。
http://www.odbox.com/outdoor/goods/pickup/ul-uno/index.html

アライのライズ1も自立式シェルターなんだね。こっちはビビィと同じ生地だからいちおう透湿性はありそう。
でも 980g…。ビビィの方が軽いし(笑)
[ 2007.08.31(Fri) 22:07] URL | ひつじ丸 #- | EDIT | ↑ 

そうそう、これ。
これも気になってます。
これだったら最大2人も可かな、なんて思って。
ビビィもまあ2人でも入れないこともないけど…
[ 2007.09.03(Mon) 08:25] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

やっぱ、M女でしたか。。

この先も読みます。。。
ちなみに、ふうろさんは私より、身長高いです。。はい。
[ 2007.09.03(Mon) 23:55] URL | hiro #SFo5/nok | EDIT | ↑ 

hiroさんもふうろさんも私と同じくらいかそれより小さいと思ってるんだけど?!(爆
[ 2007.09.04(Tue) 00:21] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/535-36eba20a
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。