top > 天狗~硫黄~赤岳~権現縦走 2日目 その1 硫黄~赤岳
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 天狗~硫黄~赤岳~権現縦走 2日目 その1 硫黄~赤岳 

2007年04月06日 ()
1日目: 渋の湯~黒百合平~夏沢峠
2日目: ~硫黄岳~横岳~赤岳~ツルネ~旭岳~権現岳
3日目: ~三ツ頭~天女山~甲斐大泉駅へ下山



夜は風はなかったが、朝起きると硫黄岳の方で風の音がしていた。

案の定、硫黄の登りは少しだけ風があった。
右側から風が吹いてくるので、顔の右側が冷たくなった。

硫黄岳の山頂は予想どおり誰もいなかった。
さすが平日。
週末だと硫黄はもちろん赤岳山頂も人でごったがえし、
バリエーションルートも待ち行列でいっぱいなのに。


硫黄岳山頂と自分の影。

硫黄岳からこれから歩く赤岳までの稜線を眺めて。

硫黄岳は自分にとって思い出深い山である。

はじめての単独の山が積雪期のこの硫黄岳だった。
赤岳鉱泉からのピストンだったが、下山では道に迷い、
単独の恐さを身を持って知った。

また、バテバテになりながら小同心クラックを登って、稜線に出るとものすごい風。
硫黄岳の登りでは風に何度も何度もなぎ倒されて、
下山したら膝が真っ青になっていたなんてこともあった。

このとき、山は肉体的にも強くなければいけないけれど、
結局最後は精神力なんだろうな、ということを学んだ。

もし、自分が「もう駄目」と思って歩かなくなったら、
風雪をさえぎるものがない稜線でビバークし、疲労凍死していたことだろう。
後をぴったりくっついて励ましながら登ってくれた先輩は、
自分がいつ弱音をはくのではないかと内心ドキドキものだったのではないだろうか。


横岳から硫黄岳の登り。昔ここではひどい目にあった。


というように、硫黄岳の風では痛い目にあっているのだが、
この日は硫黄にしてはそよ風だった。
横岳の悪場までは景色を楽しんで楽に歩けた。

悪いと言われている横岳の通過も、
バリエーションルートに足繁く通っているので、たいしたことはなかった。
一箇所、トレースが消えているトラバースが嫌で、ステップが崩れそうになった。
初心者と行ったら、ここらへんはロープを出すだろうな、と思った。


一番嫌だった横岳のトラバース。横はすっぱり切れ落ちている。

横岳山頂を通過してからは以外にルートファインディングに気を使った。
平日なのでトレースはすっかり消えていたのだ。
でも、他人のトレースをたどるより自分で道を探すのが好きなので、
時間はかかったけど横岳~赤岳間も楽しんで歩けた。
(たぶん赤岳から硫黄を目指した方がルートファインディングは簡単)

最後の赤岳の登りは以外に辛く、また生あくびがたくさん出た。

赤岳山頂では、記念撮影。
何度も登ったことある山だが、
一人で来たのは初めてなので、なかなか感慨深かった。


赤岳山頂にて。遠近法でザックが巨大に見えるけど…

trackbacks(0) | comments(2)edit 
↑top 


COMMENT

by まきくま
硫黄の風はたしかにすごい。飛ばされそうになって、寒くって、あまりいい印象のないピークです。去年の秋はめずらしく無風の硫黄でのんびり火口見物などしました。輝子さんは、何度もなぎ倒されて想い出の山になったのね。やっぱ、Mやん。

by オーロラ
いや、だれもなぎ倒されて気持ちよかったとは書いとらんよ。
だからMじゃないし。

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

硫黄の風はたしかにすごい。飛ばされそうになって、寒くって、あまりいい印象のないピークです。去年の秋はめずらしく無風の硫黄でのんびり火口見物などしました。輝子さんは、何度もなぎ倒されて想い出の山になったのね。やっぱ、Mやん。
[ 2007.04.14(Sat) 00:07] URL | まきくま #E5Upi6Fk | EDIT | ↑ 

いや、だれもなぎ倒されて気持ちよかったとは書いとらんよ。
だからMじゃないし。
[ 2007.04.14(Sat) 01:05] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/446-df604b3c
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。