top > 後立山連峰縦走 4日目 扇沢に下山
← old | top | new →

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 後立山連峰縦走 4日目 扇沢に下山 

2006年08月30日 ()
後立山連峰縦走、4日目、最終日。

種池山荘から扇沢まで下りるだけ。扇沢までの道はきちんと整備されていて、ヘッドライトの明かりでもそれほどスピードを落とすことなく下りれた。整備してくださる地元や山小屋の方々にはほんと感謝だ。

扇沢から始発のバスに乗って、信濃大町まで移動、そこから青春18切符を使って帰京。風呂は省略だったので、着替えたとは言え、帰りの電車の中、自分が臭かった気がする・・・

まあ、なにはともあれ、怪我もなく無事に帰れてよかった。

今回は下の日程・ルートだったわけだが、

1日目: 猿倉~鑓温泉(4h)
2日目: ~天狗山荘~~不帰の嶮~唐松岳~五竜山荘(約11h)
3日目: ~五竜岳~八つ峰キレット~鹿島槍~冷池山荘~種池山荘(12h弱)
4日目: ~扇沢(2h30?)
  ※かっこ内は休憩を含めた実際の行動時間。



たまたま天気に恵まれて夕立にあわなかったからよかったようなもの、夕方雷雨となることが多い夏の季節にはあまりよくないプラン。いっつもテン場に17:00過ぎに到着だったしね。16:00からの天気図もとれないし。

1日の行動時間をもっと短くして均等に割り振った理想的なプランとしては、

1日目: 猿倉~鑓温泉~天狗山荘(8h)
2日目: ~不帰~唐松岳~五竜山荘(7h10)
3日目: ~五竜岳~八つ峰キレット~鹿島槍~冷池山荘(9h20)
4日目: ~種池山荘~扇沢(7h弱)
  ※かっこ内は休憩を含まない昭文社山と高原地図のコースタイム

のようなものがよかったんだろう。でも、アクセスに青春18切符を使ったので、初日と最終日の行動時間を極端に短くしなきゃいけなかったわけで・・・ だって東京まで鈍行だと7hぐらいかかるんだもん。

今度は時間を金で買うような大人の山行がしたいな。

■扇沢■
立山黒部アルペンルートの始発駅。そのため山屋だけでなく、一般市民でもかなり賑わっている。アクセスは信濃大町から季節運行のバスあり。時刻表はこちら。徒歩10分のところに爺ヶ岳・鹿島槍登山口があり、そちらもかなり賑わっている。

後立山連峰縦走関連記事:
単独行 北アルプス後立山連峰縦走
後立山連峰縦走 1日目 鑓温泉までのアプローチ
後立山連峰縦走 2日目 その1 鑓温泉~天狗山荘
後立山連峰縦走 2日目 その2 不帰~唐松岳
後立山連峰縦走 2日目 その3 唐松岳頂上山荘~五竜山荘
後立山連峰縦走 3日目 その1 五竜山荘~キレット小屋
後立山連峰縦走 3日目 その2 八つ峰キレット~鹿島槍~種池山荘

trackbacks(0) | comments(2)edit 
↑top 


COMMENT

by ukky
もう驚かないぞと思いながら「また行ったの?!」
と思わずにいられない。すげぇi-282
このコース去年やりました!
(私は1日目猿倉~大雪渓~白馬でしたが)
天狗山荘のテン場、
「次は絶対泊まろう!」と思うくらい
気に入りました。こじんまりとしてるけど、
素朴でロケーション良かったなぁ。
それに鹿島槍で爽やかイケメン君と遭遇したのが
淡いおもひで。




by オーロラ
ukkyさんの去年の記録さっそくみてきました。
雪渓アイゼンなしだったんですね!
私はアイゼンもっていくのがいやだったので、大雪渓はやめたのです。

天狗山荘ほんとよかったです。
水が豊富なのがなんといったっていいですよね。
鑓温泉の風呂も入りたかったな~

コメントを閉じる▲

← old | top | new →

COMMENT

もう驚かないぞと思いながら「また行ったの?!」
と思わずにいられない。すげぇi-282
このコース去年やりました!
(私は1日目猿倉~大雪渓~白馬でしたが)
天狗山荘のテン場、
「次は絶対泊まろう!」と思うくらい
気に入りました。こじんまりとしてるけど、
素朴でロケーション良かったなぁ。
それに鹿島槍で爽やかイケメン君と遭遇したのが
淡いおもひで。



[ 2006.09.07(Thu) 01:41] URL | ukky #- | EDIT | ↑ 

ukkyさんの去年の記録さっそくみてきました。
雪渓アイゼンなしだったんですね!
私はアイゼンもっていくのがいやだったので、大雪渓はやめたのです。

天狗山荘ほんとよかったです。
水が豊富なのがなんといったっていいですよね。
鑓温泉の風呂も入りたかったな~
[ 2006.09.07(Thu) 08:15] URL | オーロラ #juZz/cEU | EDIT | ↑ 

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://aurora6o6.blog38.fc2.com/tb.php/300-9d252bf3
← old | top | new →

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。