top > CATEGORY > 登
← old | top |

 スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑top 


 雨上がりの湯河原幕岩 

2008年08月31日 ()
雨上がりの湯河原幕岩に行ってきた。
前日の雨のせいで、歩道にはジャージャー水が流れ、
クライマーは我々のみ。

なんとかちょびっとだけ乾いている場所を見つけて練習開始。
でも状態が悪く、熟練のお姉さま方が悪戦苦闘していたので、
自分は今回はリードはやめておいた。

登ったのはポニーテール、No.3ルート、ベビーピナクル。
ポニーテールを一番先に登ったが、朝から微妙に曇りで湿度も多い状態だと
見た目は乾いているように見えてもなんとなく湿った状態で、TRでも恐かった。
あとの2つは午後に登ったのだが、こちらは一部濡れ濡れで乾くことはなかった。


ベビーピナクルを登るおいどん。

帰りはゆとろ嵯峨沢の湯へ。
5人以上だと近くだったら迎えに来てくれ、帰りも最寄駅まで送ってくれる。
公式サイトには10%割引券があるし、幕山公園にも割引券が置いてあるので、
行く人はぜひゲットしてから。

湯上りには内部施設のレストランでまぐろのづけ丼(1,260円)を食べ、
金目鯛の煮付けをちょっぴりおいどんからもらった。


金目鯛の煮付けとまぐろのづけ丼。うまうま~。

ヨセミテ集団のお姉さま方、今回もお世話になりました。

スポンサーサイト
trackbacks(0) | comments(2)edit   
↑top 


COMMENT

また登りましょう! by 若葉
てるさん、山へ行かれたとか・・・。
レポートを楽しみにしています。

by てる
若葉さん

どうもお世話になりました。

山には行ったのですが…
天気予報悪かったのと前日の雨でルート状況が悪かったので本命には行かず…
結局縦走だけで終わりました(苦笑

コメントを閉じる▲

 小川山でクラック三昧 2日目  

2008年08月10日 ()
「「小川山でクラック三昧 1日目」 からの続き。


晴れたので再び妹岩へ。

前日の雨で、ここらで一番簡単な愛情物語(5.9)はまだびしょびしょ。
龍の子太郎(5.9)、カサブランカ(5.10a)は、
下部以外は乾いていたのでそこでお姉さま方はアップ。
自分はお姉さま方がアップした後にTRを張っていただいて練習。

アップ後、お姉さま方はそれぞれ本日の目標をクリアーしていた。
モチベーションが高い集団だったなぁ。

自分は、前回と比べたら目覚しい進歩。
ハンドジャムが少しは効くようになり、
前は45分も取り付いていたルートを10分ほどで登れた。
Aさん、アドバイス、どうもありがとうございました。


カサブランカ(5.10a)をTRで登る自分。核心手前まではわりと快適。

我々がどこをどう登ったとか読者の皆さんは興味ないと思うので、
なんか役立つ情報を1つ、、、
えっと、妹岩までのアプローチでも紹介。

妹岩までは、まず、廻り目平キャンプ場入口のゲートをくぐり、ひたすらまっすぐ。しばらく林の中を歩いていくと再びゲートがあるので、そこをくぐる。くぐってすぐ右に曲がるとボルダリングエリアのヴィクターがある。曲がらずまっすぐ行くと、すぐ左に小道があるので、そこに入る。ほんの30秒ほどで川につきあたる。ここで徒渉。一応徒渉しやすいような道があるのだが、増水時はいくつか岩が水をかぶってしまう。

徒渉して川に背を向けて右に行くと、いい道がある。これに沿ってひたすら歩いていくと、妹岩へ到着。いい道と言っても途中から怪しくなるので要注意。白状すると、sumireちゃんと自分は、下山で道を外したこともある。前日クライミングシューズを取りに行くのにつきあってくれた監督は、丹沢のバリエーションルートぐらいとおっしゃってた。そんなかんじなので、なめずに気をつけましょう。

あとは、金峰山荘とか、トポの情報などでも:

関連サイト
金峰山荘
廻り目平キャンプ場…ちょっと情報が古いかも

関連書籍

フリークライミング日本100岩場〈2〉関東フリークライミング日本100岩場〈2〉関東
(2000/09)
北山 真

商品詳細を見る

関連エントリ
突撃!!! 隣の山ごはん!!! (18) 即席すき焼き
突撃!!! 隣の山ごはん!!! (19) インドカレー&ナン


そういや、この日も妹岩を2往復した人がいたなぁ。
前日の自分のクライミングシューズなんかよりももっと重大なものを忘れて。
ハセツネや富士登山マラソンに出られるくらいの猛スピードで登って行ったという話。

このとき誰かさんにつきあって妹岩まで戻ってくれた親切なAさんは、
そういえばハセツネの記録保持者。
そんな人を置いていくほど速く登って行った誰かさんって、すご過ぎ…(笑


最後は自分メモ。
open↓

自分メモ
妹岩
龍の子太郎 (5.9) … Aさんのアドバイス後、急に登れるようになった。
カサブランカ(5.10a) …核心まで。
ムードはイイ線 (5.9) … 下部が核心。そこで敗退。ほんとに5.9???
愛情物語 (5.8) … 2本目は擬似リード。あんまりクラックの練習にはならないルートかも。
(クラックなのですべてTR)

テーピングはかゆいけどすごく有効。こぶしに擦り傷もできず、腫れもしなかった。手が小さいので細いテープで充分。NPは次に手と足を置くところにはセットしないように。NPははっきり言って登るのに超ジャマ。リードする人はえらいなぁ。次回から擬似リードでなくてもNPをぶらさげて登ることにしよう。あ、NPは利き手の右手でセットするようにしなきゃなのだ。

close↑

trackbacks(0) | comments(6)edit   
↑top 


COMMENT

by 監督
「龍の子太郎」とか「カサブランカ」とか、かっこいい名前やねえ。カサブランカって、写真で見てもなかなか大変そうやないですか。「TRで登る」の意味はわかりませんけど。

>我々がどこをどう登ったとか読者の皆さんは興味ないと思うので、
興味あるけど、聞いてもわからん。(笑)

by てる
v-5監督

か、かっこいいですか?(笑
TRとはトップロープのことですよ。

by MINMIN
すっごく成長したクラック修行、よかったね!
私も2年ぐらい前にカサブランカをトップロープで核心までで敗退みたいでした。当時のブログを読むと足がでかければフットジャムで登れるけどとか、足が目茶苦茶痛いとか・・・嘆いてました。あれをクリアするには、ハイステップできないと駄目みたいかなあ。

ところで、テーピングは今までしてなかったのですか?私は、いつもぐるぐる巻きです。足にも巻きたいぐらいです・・・・。(苦笑)

by てる
v-5MINMINさん

どうもありがとうございます。
と言っても、今までまったく登れなかったから、それに比べてってことです。

カサブランカの核心はハイステップで、手をフィストで決めればいいのかな。
でも手が小さくてフィストがいまいち決まらず、足も全然だめで…
ビレイヤーの方に悪いので、敗退しました。

テーピングは今までしてなかったです。
と言っても、クラック自体今回で3回目ぐらいなので。

by とおりすがり
御無沙汰です。
カサブランカ、クラック講習での情けない記憶が・・・。
TRでも登れなかったのに加え、カムを落っことして大騒ぎ(一応誰にも当たらずに済みましたが)・・・。
私はたった2回の講習でクラックを諦めました〈笑)。

by てる
v-5とおりすがりさん

とおりすがりさんもクラック苦手ですか?
2回であきらめるなんて!
私は3回目でようやく離陸でkるようになりましたよ(笑

クラックは力がいるので、男性向きってことですよ。
もう一度トライしてみては?

コメントを閉じる▲

 小川山でクラック三昧 1日目 

2008年08月09日 ()
この週末は小川山へ。
ヨセミテに行く、クラック猛特訓中のお姉さま方グループに混ぜていただいた。

クラックは苦手というか30cmも登れないので、別に登らなきゃいいやと思ってたのだが、先日4尾根に行ったときにクラックがあってそこだけフォローでも妙に苦労して登ったので、やっぱ避けられないと反省、クラック訓練中の皆様方に混ぜていただくことにしたのだ。

小川山までの道中はえみさん&監督ご夫妻に同乗していただく。監督とは先週も一緒だったなぁ。 ひょっとして仲良し?(笑) お2人は岩でなく、廻り目平から金峰山登頂を狙っているのだ。ガソリンが高いこの世の中、同乗していただけるのはありがたいことです…

現地到着後、ヨセミテトレなわけなので、クラックのある妹岩へ行くが、皆がだいたい1本登ったあたりで雷がゴロゴロ、ポツリと来たので早々に撤収。林道に戻る頃には土砂降りの雨。小屋近くの東屋までのほんの2~3分の間に靴がぐっしょり濡れてしまった。

雨と雷は11時~15時ぐらいまで続いたのか。
最盛期は雹まで降っていた。


降り積もった雹。直径1cmぐらい。


テントに戻って休憩してたら晴れてきたのでお姉さま方は再び登りに。
自分はクライミングシューズを妹岩に忘れてきたので、
監督とえみさんにおつきあいいただいて取りに行く。

えみさんは酔っ払っていたので足元がおぼつかず、
徒渉に失敗、靴まで水に浸かって敗退(笑
妹岩へは結局監督と2人で。
監督、どうもありがとです。

で、靴はあったのかというと・・・


なぜか乱雑に脱ぎ散らかした状態で発見。
たしかそろえて置いておいたはずなのに…


靴の中に水はたまっているし…


ちなみに土砂降りの雨の後の愛情物語は左のように滝のよう。
右はそのふもとに降り積もった雹。

帰り道、kazoooさんkuchakuchaさんご夫妻のところにちょろっと顔を出し、テントに戻ってからは監督とテント内でサシ飲み。えみさんは寝不足と酒のせいで自分のテントでお休みモードだったので。途中、若葉さんも加わって3人で飲んでいると、薄暗くなってから他のお姉さま方も帰ってきて本格的飲みに突入。

宴会ではえみさん&監督ご夫妻からすいか、若葉さん作のバジルのパスタ、その他sumireちゃんのカレー&ナンや銘酒など、次から次へとご馳走が出て、結局自分の持ってきた夕食は手つかず。皆さん、どうもご馳走さまでした。


えみさん&監督差し入れのすいか。

小川山は最近スコールがすごいらしい(誰かが雨乞いをしているせいか)。ゴロゴロとなったら要注意で、その後土砂降りの雨が降るという。小屋やテントに戻るまでにびしょぬれになるので、面倒でも雨具は上下、ザックカバー、そして林道に出たら傘は必須と思われ。

と、一度なめた装備をして、パンツまで濡れたお姉さま方がおっしゃってました(笑


小川山でクラック三昧 2日目」 に続く。

trackbacks(0) | comments(11)edit   
↑top 


COMMENT

レポ★ハヤッ! by emi
輝子さん♪お世話様でした♪ありがとう☆(^O^)☆
車に乗せてくださったKさんには感謝です☆(^O^)☆

土曜日は、金峰山途中敗退してよかった~
ほんとスゴイ雷と雨とヒョウだったですから、
あのまま登っていたら・・・汗~!

日曜日は天気にも恵まれて登頂成功☆★☆
廻り目平からの金峰山は良かった!ほんといいお山ですね☆

そうそう、登山靴びちゃびちゃ!
新聞紙を靴に入れたけれど、やはしダメで
次の日、靴履いたらすぐに靴下がグッショリ~
そのせいか足の親指、小指に水膨れができました。
反省 グッスン


by てる
v-5emiさん

どうも、いろいろご迷惑をおかけしまして。

金峰山、初登頂おめでとうございました。
3度目の正直?だったっけ?

私もアプローチシューズとクライミングシューズがびちゃびちゃでした(笑
まいった、まいった。


by 監督
輝子さん、

便乗させていただいて、どうもありがとうございました。金峰山はずーっと気になってましたが、公共交通機関派にはアプローチがどうもね。実際に行ってみると、さすがは100名山としての風格がありました。

土曜日の雷と雹は凄かったですね。登り始めにゴローッと一声聞いて即撤退してよかったです。もし、強行してたら、酷い目にあっていたでしょうね。ただ、もし初日に金峰山に登れていれば、あの宴会に終わりまでお付き合いしてたでしょうけど、翌早朝から再チャレンジしたかったので早々に撤退して失礼しました。

それと、岩登りの現場を見るのも面白かったです。あの辺の岩やコースにはそれぞれ、愛情物語とかカサブランカとか、いろいろとロマンチックな名前がついてるんですね。輝子さんチームが実際に登攀しているところを拝見できれば尚よかったですがね。日曜も前日と同じ場所でやっておられると知ってたら、下山後にビール飲んでから見学に行ってましたよ。

ではまた、近々ご一緒できる機会がありますように。


by kuchakucha
本当、初日は散々だったねー。
妹岩まで2往復、お疲れ様でした(;´Д`)

私は初日全く登らなかったです。
次の日あのシューズ履いたの?乾いた??
濡れてたら履くのイヤだよね...

by てる
v-5監督

どうも、同乗していただいてありがとうございました。
大変助かりました。

emiさんはともかく、監督は慎重派なので、
あんな雷雨になっても全然心配してませんでしたよ。
お2人の姿を見たとき、やっぱり正確な判断で下りてきたって思いました。

ビール飲んでから見学なんてとんでもない!
またemiさんが徒渉ではまっちゃいますよ(笑


v-5kuchakuchaさん

今回、雨乞いのパワー、強過ぎ!

シューズは履きました…。
ぬるぬるして気持ち悪かったけど、しょうがなく。
sumireちゃんが貸してくれるって行ったけど、水虫うつるのいやなので(笑

じつは次の日も、妹岩を2往復した人がいるんだよ(笑

by 監督
>emiさんはともかく、監督は慎重派なので・・・、
彼女の名誉のために言っておきますが、このときは、ばっちり二人の意見が会いました。遠くの「ゴローッ」を一回聞いて、「おっ、神さんが戻れと言ってる」「ほんとほんと」ってね。

>ビール飲んでから見学なんてとんでもない!
ワインだとヤバイけど、ビール一杯位なら大丈夫でしょう。

by ぜいぜい
ここのところのお天気は、ほんとどうしちゃったのな感じで
曇りの登りでも、ごろごろくるんじゃないかってなんかびくびくです。

今回も監督さん、emiさんもコラボだったのですね~
すいかおいしそう!

リンクありがとう! by 若葉
賢くて気が利いているてるさん、お世話になりました。こちらでもリンクさせていただきました。
これからも、よろしくです。
監督さん、えみさん、スイカご馳走様でした。

by まきくま
あれれ? やっぱ、仲良しだよ、それ。
奥秩父はヒョウだったんですね。
南ア中部はカミナリとどしゃぶりの雨。
まあ、いづれにしても9日の昼過ぎからどこもかしこも大気はひどく不安定だったということですね。私たちも早々にテント張っていました。晴れ間を見て水場行くのも雨具完全装備で行ったもん。それおこたって、ずぶぬれになってる人いましたよ。山って、最後の詰めが重要だすな。(詰めの甘さはほかのところで発揮したけどね)

by ふうろ
ふうう・・・今日は残念だったなり。
また今度ぜひに・・・。
でもって小川山も行きたかったっす。
でもいつか絶対廻目平でテント張るかんね。
EMIさん夫妻も金峰いけたし良かったね(^^)

もっとクライミング上手になって岩沢山登るようになったら行ってみたいわん。
でも今の筋持久力と下手さじゃいつになっても岩は無理だと自信もって断言できる。
来年か再来年には・・・(遅いか・・・)

コメントを閉じる▲

 ボルデビュー...。小川山2日目。 

2008年07月13日 ()
ボル2日目は、kuchakuchaさんにつきあってもらってヴィクターから。名もない8級と9級、そして10級のマントルを登る。このエリアは日があたるので、夏はあまり人気がないらしい。いるだけで干からびそうだったので、早々に退散。あまりにも暑かったので写真撮るの忘れた…

そして昨日の続き、『神の瞳 (初段)』がある瞳岩へ。


kazoooさんは体調不良のためレスト、3人で瞳岩へ向かう。

open↓

まずは『神の瞳』の裏側にあるスラブの10級をぶっちーさんがアップのためトライ。瞳岩にある前日登った『谷川岳』と同様、ここもしばらく誰も登ってないらしく、また掃除しながら。ここらへんの10級は人気ないのか。それとも10級なんて誰も登らないのか(笑

ぶっちーさん完登後は自分の番。また下から懇切丁寧な解説が(笑) ここは下はよく、上が悪い。しかも落ちたらヤバイので、絶対に落ちられない。でも、詳しい解説のおかげで、なんとか落ちることもなく登ることができた。前日にスラブの6級を登ったので少し自信がついたのもあるかも。

その後は、ぶっちーさん、kuchakuchaさんで『神の瞳』を再びトライ。ずっと見ていたので、すっかりホールド、スタンス共に覚えてしまった。でも、登れないけど(笑) お遊びで取り付いてみたけど、離陸さえもできなかった…


『神の瞳』トライ中のぶっちーさん。

2人がトライしている間、また1人で登れるところがないか物色。第二河原岩、石楠花岩に行ってみるが、しばらく誰も登ってないらしくコケコケ。しょうがないので前日に登った眠り岩の2本の10級を復習、そしてやはり前日に登った瞳岩の『谷川岳』を1人で再登。

それからは登るところがないのでルート開拓。ある岩の下部に素敵なガバを見つけたので登ってみるが、上はデッキブラシで掃除が必要なスラブ。それにマットは1つでなく、2つは欲しい… そんなわけで完登できなかった。ぐやじー。

10級にも満たないかなと思ったけど、眠り岩の『眠り穴』が10級だったらここもやっぱ10級かな。次回はデッキブラシ持って行って掃除して、完登するぞ。もう名前も考えてあるし。ってか、ほんとに未登なのかな?(笑

皆のところに戻ると、多少復活したkazoooさんも合流。前日同様、またkuchakuchaさん、ぶっちーさんが交互にトライし、たまにkazoooさんの見本演技が入る状態が続いていたが、あるとき…




kuchakucha さんが着地に失敗、負傷した。




事故の状況はご本人のblogを。私はマットの外に足が着地したように見えたんだけど、どうやらマットの端に着地して足を捻挫(?)したようだ。


すぐに川でアイシング。


負傷したkuchakuchaさんを見守るkazoooさん。

ああ、すみません、こんな事態なのに写真ばしばし撮って。でも、さすがにkuchakuchaさんが痛みで固まっているところは撮ってませんよ。ってか、自分も含めて皆固まってたし。


この写真、本人のblogのコメントには「しょんぼり」とか書いてるけど、
じつは顔は笑っているのだ。


こんな事態になったけど、ちゃんと善慶庵というそば屋によってそばを食べて帰った。


左は前菜。右はそば。これだけで800円とはすごくお得な気分。
そばはもっちりしたかんじ。


最後、残念なことが起こってしまったけど、初ボルダリング、自分的には非常に楽しかった。お世話になったkazoooさん、kuchakuchaさん、ぶっちーさん、どうもありがとうございました。kuchakuchaさん、早く治してね。

close↑

trackbacks(0) | comments(4)edit   
↑top 


COMMENT

by kuchakucha
てるちゃん、本当に色々お世話になりました~。
細やかな気配り、居てくれて助かりました!ありがとぅ。
あ、言われてみれば私も足が場外に着いたような
気もします。ええ...

by てる
v-5kuchakcuhaさん

その後、怪我はいかがですか?
三連休、まさか行ったのかな?(笑
ボル復帰のとき、10~6級でリハビリするならおつきあいいたしますよんv-392

こちらこそありがとうございました。
おかげでデビュー戦、満喫できました。
いろいろ気を使わせて悪かったかな。

by kazooo
その節はどーも、色々気配りしてくれ助かりました。
一人で色々登ってたのね。
一人のときマットあったのかなぁ。
次はデッキブラシ持って開拓して下さいw。

by てる
v-5kazoooさん

どうも、いろいろお世話になりました。
お2人がチャンスを与えてくれなかったら、ボルデビューできなかったと思います。

次回、100円ショップでデッキブラシ買って行きますw

コメントを閉じる▲

 ボルデビュー...。小川山1日目。 

2008年07月12日 ()
またどっかでみたようなタイトルのつけ方…

この週末は kazooo さん & kuchakucha さん
そしてぶっちーさんと一緒に小川山へ。
ボルダリングデビューとなった。


ボルダリングマットを担いでいっちょまえのボルダラー気分のてる。
photo by kuchakucha。

open↓

人生初の外のボルダリングなので、家で支度をしているときからウキウキしている自分がいた。いつもなら、「山の支度、超めんどくさっ」と思ってギリギリになってからやるのだが、今回は早々に準備を始め、まるで遠足前の子供のようだった。こんな感情がまだ自分に残されていたとは、ちょっとオバチャンびっくり。

あ、オバチャンの心の内なんてどーでもよかったか。スンマセン。

そうそう小川山でボルダリングね。まずどこのエリアに行ったかというと、石楠花遊歩道エリア。木陰の中なので夏でも涼しくて気持ちがいいところ。忘却岩に荷物を置き、初段以上を登る皆さんなんだけど、私のためにまず忘却岩のすぐ側にあるもぐり岩の10級 『ひみず』へ。皆さんにはアップにさえもならないかと…(笑


ボルダリングデビュー、はじめの一歩。
もぐり岩の 『ひみず (10級)』。photo by kazooo。

オンサイトじゃないけどなんとかクリアー。でも、超怖かった。ジムと違ってマットが薄いし小さいので、マットが薄くて落ちても衝撃を吸収してくれなかったらどうしようとか、マットの上に落ちなかったらどうしようとか、マットの上に落ちてもバウンドして側の木に頭をぶつけたらどうしようとか余計なことを考えてしまい、足がぶるぶる。あ、オバチャンの心の内なんかどーでもよかったんだっけか。

その隣の 6級の 『もぐら』 も試してみるが、こちらはダメ。つい、隣の10級のスタンスを使ってしまった。kuchakuchaさんなんかとってもきれいに直登するのに。うーん、さすがだね。でも、この 6級はけっこうムズイらしい。言い訳じゃないけど。

そのほか、河原岩の 『凹角 (10級)』、一筆岩の 『筆スラブ (5級)』 におつきあいいただく。もちろん 5級はだめだったけど。つか、スラブ苦手。

皆さんアップもできたようなので忘却岩に戻ると、大勢の人。皆、 『忘却の果て (初段)』 を打っている。kazoooさん達の知り合いのようだ。kazoooさんはすでに『忘却の果て』はクリアーしているので、kuchakuchaさんとぶっちーさんがその中に混ざる。


忘却の果て(初段)。

皆さんが打っている間、少々疲れたので、お湯を沸かしてコーヒータイム。ボルダラーのこういうまったり時間に憧れていたんだよね。ああ、幸せ。


まったりタイムでお休みの kazoooさん。
ボルダラーはこんなまったりした時間があっていいなぁ。


しかもkazoooさん達のお知り合いの方からこんな差し入れをいただいた!
小屋のものなんて高いのに。初対面の私にまで。
どうもありがとうございました!

休憩後、1人で登れそうなところはないか偵察に行く。先ほど行った河原岩に7級、8級があるので見てみるが、7級の『木を大切に』はマット1枚・スポッターなしでは超怖そうなのでボツ、8 級の『マントル』も水の上でマットを敷けないのでボツ。

流れ岩の『清流マントル(6級)』ものぞいてみるが、こちらはあまり登られていないのかコケが…。ってか、どう見ても 「マントル」 は一瞬だけ、メインは「スラブ」 なんだけど?! しかもまったく手のない… ということでこれもボツ。

最後に行ったのは眠り岩。ここには 『眠り穴』、『熟睡』 という 10級が 2本ある。しかも超低い。これなら1人でやってても危険はなさそうと思ってマットを持ってきてトライ。『眠り穴』 はその名のとおりホールドが穴。オンサイト。こんなに簡単でいいのか?と思うほどだった。

『熟睡』 も見るからにガバが多いので、これもオンサイトか?と思ったら全然だめ。ガバでも中途半端な位置にあるし、スタンスはないし(てる基準)、最後はホールドないし。でも、上から目線を下からに変えるとスタンス発見。ここに足を置いて、目の前のガバはほぼ使わず、最後の一手はパームでクリアー。解決するのにすんごい時間がかかった。人から教えてもらうとすぐにできるようになるが、こうやって自分で考えて時間をかけてクリアーするのって好きだなぁ。達成感も格別だし。

眠り岩でたっぷり楽しんでから忘却岩に戻り、さっきできなかったもぐり岩の6級を再び1人でトライ。何回やったかわからないけど、最後には隣の10級のスタンスを使わず直登できるようになった。やったぜ、6級ゲット!

それから皆で瞳岩へ移動。kuchakuchaさん、ぶっちーさんはここの 『神の瞳 (初段)』 をやりたいらしい。自分はこの同じ岩にある 10級の 『谷川岳』 にチャレンジ。落ちたら切り株にあたりそうだし、しばらく誰も登っていないのか泥が付着。そんな状況なので怖くて下りてきて、ぶっちーさんと交代。ぶっちーさんは掃除しながら登ってた。

その後、kuchakucha さんもトライ。すらっと登ってしまったので、なんか自分もやりたくなってもう一度取り付いてみる。ぶっちーさんが掃除してくれたので登りやすくなってたし、身長がほぼ同じのkuchakuchaさんの登りを見てたのでスタンスもわかったし、おまけにぶっちーさんが 「そこは手を使わないで立ち上がる!もうちょい右!頭の真上にガバがある!」 とか懇切丁寧に下から指導してくれたのでなんとか完登。いやー、ありがとうございました。


『谷川岳』、完登!10級にしてはちょっとムズイらしい。
ぶっちーさん、ありがとう!

私につきあってくれた後、2人は 『神の瞳』 へ。2人共はじめは1手目で落ちていたが、トライのたびにどんどん高度が上がって行った。たまにこれを既にクリアーしているkazoooさんの見本演技が入る。

そうこうしているうちに時間が。2人ともまだ登りたそうだったが、風呂と「ふじもと」とNana'sが閉まってしまうので、後ろ髪引かれながらも引き上げる。


『神の瞳』トライ中のkuchakuchaさん。

風呂には閉店2分前に入り、20分で体を洗い風呂につかり、「ふじもと」へも閉店2分前に入店。「ふじもと」とは、定食とかそばとかいろんなメニューがある町の食べ物屋さんのこと。焼肉定食が美味いということと、看板ネコがいるということでずっと入りたいと思ってたのだ。

入った直後はそのお目当てネコはいなかったが、しばらくしてから登場!


てる 「ロンちゃん、会いたかった!ぎうううううう」
ロン 「そんなにハグしたら苦しいニャン… ってか、アンタ誰?」


てる 「もう離さないから!」
ロン 「そ、それは困るニャン… で、アンタ、誰なの?」


てる 「今日は一緒にテントの中で寝ようね」
ロン 「人の話、聞こうよ。あ、でも、そこ気持ちいいニャン…」

困ると言いつつもロンちゃんは料理が来るまで、
ずっとてるの膝の上にいてくれたのだった。
ううう、優しいニャン… てる、感激だニャン…


焼肉定食(1,300円)もおいしかったし♪
でも、もうちょっと一切れが小さい方がいいね。噛み切れないから。

ロンちゃんと泣く泣く別れを告げ、Nana'sで酒を買って、
テントに戻ってしばし宴会。

こうして大満足のボルダリングデビュー1日目は暮れていったのだった。


そして、衝撃の2日目…。

close↑

trackbacks(0) | comments(8)edit   
↑top 


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

by てる

いや、違います(笑
メールします。

by ふうろ
うわ~ボルデビューおめでと~!!
とっても楽しそうだ~(レポ見てる分にはだが・・)
けっこうはまっちゃうんじゃないの?

ふじもとはRight&Fast(知り合いの方の会)の方々も寄るところみたいですよ。レポに載ってたし。
でもってナナーズは甲武信小屋の買出しのスーパーだって。

もっともっとうまくなってちょっとは岩登れるようになったらチャレンジしてみたいなあ。って思ったよ(思っただけ・・)

にゃんこかわいいにゃ~。
衝撃の二日目も楽しみですにゃ。

by kuchakucha
ほったらかしだったので、てるちゃんが楽しめたのか気がかりでした。
でも地道に開拓しているところが山屋っぽいw

衝撃の二日目...v-404

by あや
すごいなー。
とうとうぬりかべさん達の仲間入りですね。
いつも何か挑戦していてすごいですよね。


2日目何が起こるのかな。。。


by てる
v-5ふうろさん

ども、ありがとうございます。
とっても楽しかったです。

ジム通いして、私ぐらいのレベルになったら一緒に行けるかと。
ルートもそうだけど、ボルダーも同じくらいのレベルの人と行くのがいいかと思いました。
ふうろさんなら一ヶ月ぐらいみっちりやれば、私ぐらいのレベルになると思います。
ジムに通って早く追いついてください。
そして一緒に行きましょう。


v-5kuchakuchaさん

ども、いろいろお世話になりました。
1日目でもう思い残すことはないほど満喫させていただきました。
とくにロンさま~v-10

衝撃の2日目、そちらも早くアップしてください(笑
詳細、その後とかそちらにふりたいので。


v-5あやさん

ぬりかべ???

私のようにいろんなものに手を出す人ってどれもものにならないんですよ。
何か一個を集中してやらないとだめ。

by kazooo
スイマセン。体調不良でお手伝いできなくて。
まぁ焼肉、猫メインだからイイかw。
集中してやるともっと楽しめるかもですね。
常に限界グレードにチャレンジだからいつでも楽しいか。

by てる
v-5kazoooさん

ども、その節は大変お世話になりました。

考えてみたら、ボルダーだけでなく、山っていつも自分の限界グレードに挑戦ってかんじなんだよね。
だから飽きないのかも。

コメントを閉じる▲

← old | top |

BOOKS & GOODS

amazon全品無料配送 完全サービス化!!

Blog内で紹介した書籍・DVD類は、
カテゴリの [書] から見ることができます。


田部井淳子のはじめる!山ガール

Blog内関連記事


実践主義道具学2

Blog内関連記事


実践主義道具学

Blog内関連記事


山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か

Blog内関連記事

トレイルランニング (OUTDOOR PERFECT MANUAL)
トレイルランニング
(OUTDOOR PERFECT MANUAL)

Blog内関連記事

ARAI TENT(アライテント) ビビィーシェルター 370930
アライテント ビビィシェルター

Blog内関連記事 (1) (2) (3)


美しいボディラインをつくる
女性の筋力トレーニング解剖学

Blog内関連記事


『アルピニスト・ジェントルマン』宣言
ヨーロッパ:正統な山の登り方

Blog内関連記事


ドキュメント 山の突然死

Blog内関連記事

山小屋ごはん
山小屋ごはん

Blog内関連記事

イラスト・クライミング
イラスト・クライミング

Blog内関連記事

雪崩の掟
雪崩の掟

Blog内関連記事


感謝されない医者

Blog内関連記事


間違いだらけの山登り

Blog内関連記事


登山不適格者

Blog内関連記事


実戦!オールラウンドクライミング
/ 廣川 健太郎

blog内関連記事


我々はいかに「石」にかじりついてきたか
/ 菊地 敏之

blog内関連記事

チャレンジ!アルパインクライミング 北ア編
チャレンジ! アルパインクライミング 北ア編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事 (1) (2)


チャレンジ!アルパインクライミング
南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編
/ 廣川 健太郎

Blog内関連記事


生と死の分岐点
―山の遭難に学ぶ安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事


続 生と死の分岐点
―岩と雪の世界における安全と危険
/ ピット シューベルト

Blog内関連記事

RECOMMENDED

つぶやいtel

CALENDAR  

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

SEARCH

PROFILE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。